News

2019年06月14日15時00分

 
【ライター講座】シャムキャッツの菅原慎一がアジアのインディー音楽を語る!
 

「アジア・インディー・ロック大研究」をテーマに開講中の〈岡村詩野音楽ライター講座5月期〉。シャムキャッツのギタリスト菅原慎一がスペシャル・ゲストとして登壇する、第3回講座(2019年6月15日開催)の詳細が発表された。

近年盛り上がりを見せるアジアのインディー・シーンの熱心なリスナーであり、アジアで積極的に活動を行う菅原慎一。当日は講師の岡村詩野を聞き手に、アジア・インディー・シーンの現状やアジアの音楽に魅せられたきっかけを語る。

このほか、シャムキャッツのアジア・ツアー時の貴重な映像を観ながら菅原自らツアーの解説、菅原が選ぶ「アジアのインディー音楽ベスト10」の発表、そして菅原のカセットテープ・コレクションの公開も予定している。

アジアのインディ音楽が少しでも気になる方は決して見逃せない講座。講座への参加には限りがあるため、お申し込みはお早めに。(り)

■イベント詳細
【開催日時】
第3回 : 2019年6月15日(土)13:00〜16:00
第4回 : 2019年6月29日(土)13:00〜16:00
第5回 : 2019年7月13日(土)13:00〜16:00

【受講料】
事前申し込み
- 単回 4,200円(税込)
当日申し込み
- 単回 4,700円(税込)

【詳細 / お申し込みはこちらから】
https://ototoy.jp/school/event/info/256

■講師プロフィール
【岡村詩野】
東京生まれ京都育ちの音楽評論家。
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。FM京都(α-STATION)『Imaginary Line』(日曜21時)パーソナリティ。『ミュージック・マガジン』『朝日新聞』『VOGUE NIPPON』『The Sign Magazine』『CDジャーナル』など多数のメディアで執筆中。2017年、ウェブ・メディア『TURN』( turntokyo.com )をスタートさせた。Helga Press名義でイベント企画をしている他、2016年には京都の若手音楽家を集めたコンピレーションCDもリリース。
音楽ライター講座を東京(オトトイの学校)で定期的に、京都でも不定期に開催している。

【菅原慎一】
千葉県出身。4ピース・バンド「シャムキャッツ」のギターヴォーカル。ソロでの音楽制作やカセットDJ、「菅原慎一BAND」名義でも活動中。


関連ニュース