News

2019年06月06日12時20分

 
OUTATBERO、New SG『Laid End to End』をリリース
 

4月末にシングル『Heartsdelay』をリリースしたばかりの「OUTATBERO」。

本日6月6日に、ニュー・シングル『Laid End to End』を配信限定でリリースした。

OUTATBEROは、B FROM OUTATBEROとして電子音響〜ダウン・テンポ〜テクノ・シーンで活動し最新曲はイギリスの重鎮・The Orb等と並んでコンピに収録された鬼塚基(Vo./Gt.)、WOZNIAKやDALLJUB STEP CLUBとして最前線で活躍する星優太(Ds.)、uri gagarnの新ベーシストとして抜擢され、5kaiなどもサポートする氏家拓人(Ba.)、京都の前衛芸術発信基地「DNA PARADISE」や「ほんとレコード」など、良質なショップでのソロ・ギター・パフォーマンスも展開する加藤義章(Gt.)、関西インディ・ロックを牽引したNOKIES!のメンバーでありチェロ奏者としてHomecomingsの作品などにも参加する松本昂大郎(Key.)の5人からなるグループ。

バンドらしい直感的な展開を繰り広げながら、クラウト・ロック的なミニマリズムと実験的なアンサンブルが渾然一体となったカッティング・エッジな "OUTATBERO節”全開の今作。

そのジャケット・デザインは、フライング・ロータスとアンダーソン・パークのコラボでおおきな話題となった楽曲「More」のMVにおいてビジュアル・ディレクション/コンポジットを担当し、clammbonの<Lush Life!>のMV、Dragon Ashの横浜アリーナ公演演出映像や劇場版<進撃の巨人>等多くの作品のアニメーション/モーショングラフィック、<ブレードランナー2022>では画面設計で携わる等いま最も多忙な映像クリエイティブ・ユニット「sankaku」が手掛けた。 (内)

https://sankaku-works.org/

OTOTOYで『Laid End to End』をチェック
https://ototoy.jp/_/default/p/394259

【ライヴ情報】
seQuence.
2019年7月18日 Thu.
OPEN 21:30
DOOR ¥2000 incl 1D
at 京都METRO
詳細情報はMETRO HPへ
https://www.metro.ne.jp/single-post/190718