News

2019年05月26日22時30分

 
GANG PARADE、野音ライヴ放送決定 10人新体制ビジュアルも公開
 

GANG PARADE(通称:ギャンパレ)が本日5月26日(日)にグループ最大規模となる東阪・野音ワンマン・ツアー〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉のファイナル公演を、東京・日比谷野外音楽堂にて開催した。

以下、オフィシャル・ライヴレポート。

先週の大阪城野外音楽堂で9人体制最後のライブを行ったギャンパレは、本日の日比谷野外音楽堂ワンマンより同事務所のWAggから昇格した新メンバーのナルハワールドを迎えて10人体制でのスタートを切ることが発表されていた。10人体制お披露目のステージを見届けようと、約3000人を超える遊び人(※GANG PARADEファンの総称)が各地から駆けつけた。

定刻の18時になり、お馴染みのSEに乗ってステージに登場した9人は「私たちエンジョイプレイ、みんなの遊び場、GANG PARADEです」という挨拶をし、ヤママチミキのタイトルコールとともにメジャーデビューシングル「ブランニューパレード」でライブをスタート。POP時代から歌い継がれるポップでキャッチーな楽曲「pretty pretty good」、インディーズ時代ラストアルバム『LAST GANG PARADE』収録の「Jealousy Marionnette」と、新旧問わず幅広く楽曲を披露していった。

メンバー1人1人が自己紹介をすると、ハルナ・バッ・チーンが「宣誓! 我々、GANG PARADE一同は、この青空の下で今日を迎えられたこと、今日ここ日比谷野音に集まってくださったみなさんに感謝し、この10人で最高の遊び場を作ることをここに誓います。遊び人のみなさん、準備はいいですか? いいですか? いいですかーーー?」と客席を盛り上げ、ギャンパレの前身グループPOP時代のシングル曲「Happy Lucky Kirakira Lucky 」へ。ココ・パーティン・ココが「今日はギャンパレがみんなを世界で1番幸せにするぞー!」と叫び「QUEEN OF POP」へ、そして「3rd FLOOR BOYFRIEND」では〈子猫ちゃん〉という歌詞に続けて遊び人が「にゃー」と叫ぶなど会場は一体感を見せた。チアリーディング風な掛け声も印象的な「Are you kidding?」、カミヤサキがBiSへレンタルトレードしていた時期にリリースされた「Beyond the Mountain」をパフォーマンスすると、ギャンパレ名物ともいえるコントへ。

月ノウサギの感動的な内容であろうMCをさえぎり、ユイ・ガ・ドクソンが「人気ほしいなー」と割り込むと、同期のココとテラシマユウカも加勢。それに対し、キャン・GP・マイカが月ノの人気があるのはパンストを被ったからだと力説。そのやりとりに見かねた新メンバーのナルハがパンストを奪い投げ捨てようとすると、マネージャーの辻山が登場し「ナルハさんは、真のGANG PARADEになりたいですか? こちらをおかぶりください」とパンストをかぶる流れへ。そして「WE ARE the IDOL」をパンストを被りながら歌いきったナルハは、パンストを脱ぎ捨て「ギャンパレになったぞー」と叫び、シングル楽曲「BREAKING THE ROAD」へ。「Dreamer」を披露すると、「日比谷野音のみなさーん、これがGANG PARADEだーー!」とカミヤが叫び「GANG PARADE」を、そして「FOUL」では「BODY & 10 SOUL」と遊び人とともに大きなコールが起こった。

すっかり日が落ちて暗くなった野音の会場。カミヤサキがMCで「GANG PARADEは今年で結成5年を迎えるんですけど、私たちを応援してくれている人より、バカにしている人が多い時代がありました。それでも、続けた先には何かがあるんだ、高く飛ぶための今なんだと、誰になんと言われようとも自分の信じた道をここまで進んできました。一緒に支えてくれるメンバーだったり、昔も今もずっと支え続けてくれているスタッフさんだったり、同じWACKの所属の子たちだったり、かつての仲間だったり、そして遊び人のみなさんにたくさん支えられて、やっと今日を迎えることができました。諦めかけたし、逃げかけた。ギャンパレを辞めようとも思った。だけど、そうせずにいられたのは今日こうして私の目の前にいてくれる大切なみんながいてくれるこの瞬間が大好きで、愛しくてたまらないからです。今日は来てくれて本当にありがとうございます」と語ると、大きな拍手が会場を包んだ。鳴り止まない拍手に、「一生の宝物のような拍手をありがとうございます」とカミヤが感謝を述べ「LAST」へ。インディーズ時代苦楽を共にしたT-Palette Recordsへの感謝を込めた「PALET」、プラニメ時代にリリースした「UNIT」で遊び人も肩を組みながら合唱をすると、最後はプラニメ時代からPOP、そしてGANG PARADEへと何度も歌い継がれてきた代表曲「Plastic 2 Mercy」を披露。盛り上がり続ける中で本編は幕を閉じた。

遊び人たちの「まだ足りない」アンコールに応えて、再びステージに登場した9人のメンバーたち。新メンバーのナルハワールドがMCを行なった。

「正直、これまでの練習はWAggとGANG PARADEを両立しなきゃいけなくて、忙しくて、辛くて、練習も大変だったけど、私は9人のGANG PARADEがすごい憧れで、大好きで。それを超えることができるのか、それが1番怖くて、私には無理なんじゃないかって半分諦めかけたときもありました。でも、それは多分自分勝手な思い込みなだけで、がんばれとか、応援しているよとか、すごいたくさんの言葉に励ましてもらって、勇気をもらいました。今日からこの場所が私の大切な、大切な居場所です。この新しい9人の仲間と一緒に、始まったばかりの令和という時代をGANG PARADEの時代にしていきたいです。遊び人のみなさん、これからも応援よろしくおねがいします」と、涙を流しつつも笑顔で力強く語った。その言葉に会場は暖かい拍手と歓声に包まれた。

そして「GANG 2」を披露し、ユメノユアが「お知らせをもってきました!!」と、7月6日に日比谷野音のライブの模様が放送されること、今年の秋からグループ史上最大規模の全国10箇所12公演のツアー「PARADE GOES ON TOUR」を行うことを発表。ファイナルは、中野サンプラザで開催される。会場が大きな歓声に包まれるなか、「いつもたくさんの愛とパワーをありがとうございます。いままでのGANG PARADEはもらってばかりでしたが、これからは私たちがあなたのことを幸せにします。こらから先の未来でワクワクしながら、想像もつかない、そんな未来を一緒に作っていきましょう!!」とユメノが語り、最後は「CAN'T STOP」を披露。ステージの10人も、客席の遊び人たちも両手を繋ぎ合い、空に向けて手をあげながら「BODY & 10 SOUL」と叫び、日比谷野音のワンマンはエンディングを迎えた。

ナルハワールドを迎え10人体制でのスタートを切ったGANG PARADE。紆余曲折、様々な困難を乗り越えて立った日比谷野音のステージ。これから、どのような景色を見せてくれるのか、ますますの注目が集まる。(text by Nishizawa Hiroo(SW))

〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉ファイナル公演
5月26日(日)東京・日比谷野外音楽堂
〈セットリスト〉
1. ブランニューパレード
2. pretty pretty good
3. Jealousy Marionnette
4. Happy Lucky Kirakira Lucky
5. QUEEN OF POP
6. 3rd FLOOR BOYFRIEND
7. Are you kidding?
8. Beyond the Mountain
9. WE ARE the IDOL
10. BREAKING THE ROAD
11. Dreamer
12. GANG PARADE
13. FOUL
14. LAST
15. PALET
16. UNIT
17. Plastic 2 Mercy
アンコール
EN1. CAN'T STOP
EN2. GANG 2

オンエア情報
GANG PARADE 『CHALLENGE the LIMIT TOUR 日比谷野外大音楽堂』
フジテレビTWO/TWOsmart
7/6(土) 22:00~23:30放送
https://otn.fujitv.co.jp/gangparadeyaon/

ライヴ情報
『CHALLENGE the LIMIT TOUR ~AFTER PARTY~』
■2019年6月3日(月)東京 渋谷CLUB QUATTRO
Open/Start 18:30/19:00 [問]KM MUSIC 045-201-9999
<チケット>発売中
[料金]スタンディング 前売2,000円
[プレイガイド]チケットぴあ
(WEB) http://w.pia.jp/t/gangparade/
(電話) 0570-02-9999

『PARADE GOES ON TOUR』
■2019年9月7日(土)神奈川 横浜Bay Hall
Open/Start 17:00/18:00 [問]KM MUSIC 045-201-9999
■2019年9月8日(日)神奈川 横浜Bay Hall
Open/Start 14:00/15:00 [問]KM MUSIC 045-201-9999
■2019年9月14日(土)愛知 DIAMOND HALL
Open/Start 17:00/18:00 [問]ジェイルハウス 052-936-6041
■2019年9月15日(土)静岡 浜松窓枠
Open/Start 16:00/17:00 [問]ジェイルハウス 052-936-6041
■2019年9月21日(土)福岡 DRUM LOGOS
Open/Start 17:00/18:00 [問]BEA 092-712-4221
■2019年9月22日(日)広島 CLUB QUATTRO
Open/Start 16:00/17:00 [問]夢番地広島 082-249-3571
■2019年9月29日(日)大阪 なんばHatch
Open/Start 17:00/18:00 [問]サウンドクリエーター 06-6357-4400
■2019年10月5日(土)北海道 PENNY LANE24
Open/Start 16:00/17:00 [問]WESS 011-614-9999
■2019年10月6日(日)北海道 PENNY LANE24
Open/Start 15:00/16:00 [問]WESS 011-614-9999
■2019年10月12日(土)宮城 仙台Rensa
Open/Start 16:00/17:00 [問]G/I/P 022-222-9999
■2019年10月20日(日)新潟 NEXS NIIGATA
Open/Start 16:00/17:00 [問]キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
■2019年11月4日(月祝)東京 中野サンプラザ
Open/Start 17:00/18:00 [問]SOGO TOKYO 03-3405-9999

■チケット料金/(税込)
【通常チケット※ライブハウス】 
スタンディング¥4,000(税込) ※入場時にドリンク代別途必要
2階指定席¥5,000(税込) ※なんばHatchのみ
【通常チケット※中野サンプラザ】
全席指定¥5,000(税込)
年齢制限/スタンディングチケットの未就学児童入場不可
◆WACK FAMiLY CLUB抽選先行
【通常チケット】 スタンディング ¥4,000(税込・ドリンク別)/指定席 ¥5,000(税込・ドリンク別)
【受付日程】 5/29(水)18:00 ~ 6/4(火)23:00
◆HP抽選先行
【通常チケット】 スタンディング ¥4,000(税込・ドリンク別)/指定席 ¥5,000(税込・ドリンク別)
【受付日程】 6/5(水)18:00 ~ 6/11(火)23:00
◆統一PG先行
【通常チケット】 スタンディング ¥4,000(税込・ドリンク別)/指定席 ¥5,000(税込・ドリンク別)
【受付日程】 6/12(水)18:00 ~ 6/18(火)23:00
◆各地エリア先行
6/19(水)以降
◆チケット一般発売日
2019年7月13日(土)AM10:00~

中高生限定ライブ『Girls & Kids "Kids"』
■2019年6月30日(日) 東京 TSUTAYA O-WEST
Open/Start  15:00/15:30 [問] KM MUSIC 045-201-9999
チケット料金/(税込)
【スタンディング】 ¥1,500(税込)
※入場時にドリンク代別途必要
※現役中高生である年齢の方(2001年4月2日以降に産まれた方)のみ入場可とさせて頂き、運営側で入場の可否の判断をさせていただきます。
※入場時に身分証(学生証/パスポート/保険証)が必要となります。
年齢制限/ 小学生以下入場不可
◆チケット発売中

女性限定ライブ『Girls & Kids "Girls"』
■2019年6月30日(日) 東京 TSUTAYA O-WEST
Open/Start  18:00/18:30 [問] KM MUSIC 045-201-9999
◆チケット料金/(税込)
【スタンディング】 ¥3,000(税込)
※入場時にドリンク代別途必要
※女性限定ライブとなります。
※普段から女性として生活している方が入場できます。
年齢制限/ 未就学児童入場不可
◆チケット発売中

撮影:外林健太


関連ニュース