News

2019年05月17日18時00分

 
アジア・インディー大研究の岡村詩野音楽ライター講座にアジア音楽カルチャーの中心人物、寺尾ブッタが登壇決定
 

音楽評論家の岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。5月18日より開講し、シャムキャッツのギタリスト、菅原慎一のゲスト出演もしている今期だが、新たにゲスト講師として、寺尾ブッタの登壇が決定した。

いま最もおもしろいシーンのひとつであるアジアのインディー・ポップ、ロックなどを大特集する今回の講座。2019年7月13日(土)に開催する講座の最終回に寺尾ブッタがゲスト講師として出演する。

寺尾ブッタは、東京と台北にあるライヴハウス『月見ル君想フ』のオーナーであり、台湾をはじめとしたアジアのアーティストのイベントを数多くオーガナイズしている、まさにアジア音楽カルチャー・シーンの中心人物。当日は講師の岡村詩野を聞き手に、日本と台湾を行き来している彼が実際に感じている現在の台湾の音楽シーンについて、台湾アーティストの魅力や傾向などをたっぷり語ってもらう。

落日飛車Elephant Gymをはじめ、多くのアーティストが日本のイベントにも参加しているいま、台湾をはじめアジアの音楽シーンを学ぶチャンスとなっている。ぜひこれを機に、アジアのインディー・ロックの魅力を伝える原稿の執筆を学んでみてはいかがだろうか。

■イベント詳細
【開催日時】
第1回 : 2019年5月18日(土)13:00〜16:00
第2回 : 2019年6月01日(土)13:00〜16:00
第3回 : 2019年6月15日(土)13:00〜16:00(菅原慎一登壇回)
第4回 : 2019年6月29日(土)13:00〜16:00
第5回 : 2019年7月13日(土)13:00〜16:00(寺尾ブッタ登壇回)

【受講料】
事前申し込み
- 全日程通し 20,000円(税込)
- 単回 4,200円(税込)

当日申し込み
- 全日程通し 22,500円(税込)
- 単回 4,700円(税込)

【詳細はこちらから】
https://ototoy.jp/school/event/info/256

■講師プロフィール
【岡村詩野】
東京生まれ京都育ちの音楽評論家。
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。FM京都(α-STATION)『Imaginary Line』(日曜21時)パーソナリティ。『ミュージック・マガジン』『朝日新聞』『VOGUE NIPPON』『The Sign Magazine』『CDジャーナル』など多数のメディアで執筆中。2017年、ウェブ・メディア『TURN』( turntokyo.com )をスタートさせた。Helga Press名義でイベント企画をしている他、2016年には京都の若手音楽家を集めたコンピレーションCDもリリース。
音楽ライター講座を東京(オトトイの学校)で定期的に、京都でも不定期に開催している。

【寺尾ブッタ】
青山と台北にある文化娯楽ライヴハウス月見ル君想フのオーナーとして今までに日本と台湾で様々なイベントをオーガナイズしている。16年に音楽レーベル「BIG ROMANTIC RECORDS」を立ち上げたほか、音楽情報を日本語と中国語で発信するウェブマガジンも同時に設立。


関連ニュース