News

2019年03月25日18時00分

 
【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第9回
 

みなさんこんにちは、AKIRAです !

今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 3月も最終週、花粉症の方には辛い季節ですよね。アレルギーの集合体みたいな私はいつ発症するのかとヒヤヒヤでしたが、なんとか今年も発症せずぬくぬくと過ごしています(笑)。それでは早速今週のテーマにレッツゴー!

★今週のテーマ「ギター」

今週のテーマ・ギター!
バンド、ライブには必要不可欠、私がいつもお世話になっているギターたちを紹介します。
まずはライブでの使用率ナンバーワン、テレキャスター シンライン!

こちらは年齢不詳のマホガニーボディに、お世話になりまくっている「G seven guitars」オリジナルネックのコンポーネント。”良いギターの要因はネックの良し悪しが80パーセント”と言いますが、これはほんっとーーに弾きやすい、最高!しかもボディもめちゃくちゃ軽くて女子にはありがたい。バーガンディミストというピンク系のカラーを剥がして、ホワイトに塗装してます。やっぱり音がスポーーン、って抜ける感じが、あぁテレキャス、っていう感じ。伝わるかな?笑 ちなみにエフェクトは何もかけず、アンプから直です。チューナーもかませたら音が変わってしまったりして、それすらも取っ払いました(笑)。

お次はコチラ、Rickenbacker 330 ファイアグロウ - 1967年。

ファーストアルバムを出したとき、衣装のモッズスーツに合うギターをという事でこちらを使用してました。

リッケンバッカーといえばやっぱりビートルズのイメージだけど、どちらかと言えばThe Jamのポールウェラー意識かな。女性アーティストでリッケンといえばバングルスのスザンナホフスのイメージですよね。(彼女のは325と、シグネイチャーの350。写真で見ると大きく見えるのは彼女の身体がとってもちっちゃいからなのだ、、去年ライブ見たときもやっぱり健在だったよ!)あと日本でイメージが強いのはGLIM SPANKYの松尾レミさん。同じく330のファイアグロウを使用されています。個人的に大好きなバンドなので、ライブではいつもギターや機材をガン見してしまう。 最近ライブでは全然使ってないけど、持つと気合いが入る一本です。

続いてGretsch “Corvette” Twist - 1965年。

こちらはLAにて購入!現在のアー写でも持ってるやつです。初めてこのギターの写真を見て、ピッグガードが可愛すぎてどうしても欲しい!と思って。クリスマスとかによくある、キャンディーケーンって白と赤のシマシマの杖みたいなアメ、分かるかな?それに見えるからみんなキャンディーケーンって呼んでるみたいだけど、私は「パサデナのおばあちゃん」と名付けていて。大学の頃住んでたのがカリフォルニアの北東にあるパサデナだったのと、とある曲名から。

とっても可愛いルックスとは裏腹に、シブーい音してる。思ったように弾きこなせないなぁ、、と当初は苦戦してました。クリスマスシーズンなんかはほとんどおばあちゃん使用です!

そして最後にGibson hummingbird - 1980年。

ギブソン カラマズー工場出身!初めて弾いたアコギで、中2から一緒に過ごしてます。渡米してから、向こうのバーで弾き語りしてたときも、帰ってくるのもずっと一緒だった。最近メンテナンスから帰ってきたので嬉しい!ラヴェンダーズのライブではアコギタイムないからあまり陽の目を浴びてないんだけど、前は弾き語りのライブでかなり使ってましたね。またハミングバードちゃんと歌いたいので、各方面の皆さん、よろしくお願いしますよー!笑

今のところはこんな感じ。ライブでも是非注目してみて!

★今週の一曲! JAN & DEAN「The Little Old Lady (From Pasadena)」

先ほど出てきた「パサデナのおばあちゃん」の由来はこの邦題から!JAN & DEANはサーフィン、ホットロッド系サウンドでビーチボーイズと人気を二分していたデュオ。

パサデナは凄く良い所で、治安も比較的良くてグーグル先生によると”高級住宅街”ですって。そしてロサンゼルスの中で8番目の最大都市って、これまた微妙な、、(笑) ローズボウルという競技場があって、フットボールの試合やコンサート、月一のフリーマーケットなど有名な場所。

“The little old lady from Pasadena has a pretty little flower bed of white gardenias but parked in her rickety old garage is a brand new shiny red Super Stock Dodge”
ちっちゃなパサデナのおばあちゃん、ステキな花壇を育ててる、でもガレージに停まった車は最新式の真っ赤なスーパーストックダッヂ”

このジャケ写に写ってるちっちゃいおばあちゃん、真っ赤なダッヂ乗ってたのかな。それって超カッコよくない?たまにいるんだよね、アメリカで運転しててパッと横見ると可愛いおばあちゃんがワイルドに運転してるの。ホントに車社会だからいつまでも運転してるんですよ。しかも日本みたいに高齢者の事故ってそんなにないからね。それも凄いなぁ。

“Everybody's saying that there's nobody meaner than the little old lady from Pasadena, she drives real fast and she drives real hard she's a terror of Colorado Boulevard” -
“みんな言うのさ、あんな人は滅多にいない ビュンビュン飛ばしてガンガン走る彼女はコロラド通りの恐怖”

パサデナのメインストリート、コロラド通り。オールドタウンって可愛いちっちゃな街からずっと繋がってるんだけど、私が通ってた大学もコロラド通り沿いにありました。確かに広くて運転しやすい道だし、元旦にはローズパレードって有名なパレードがあって。そこをバチバチに運転するおばあちゃん、なんてステキなの(笑) “コロラド通りの恐怖”、直訳するとだいぶ怖くなっちゃった。

カリフォルニアが恋しくなったら、サーフィンサウンドを聴く。あぁ海!太陽!ヤシの木!みたいな気分にさせてくれるからね。これから夏もやってくるし、みんなも一緒にどう?

てなわけで今週はここまで。質問、ご指摘、こんな話してほしい!などなど、いつでもお待ちしてまーす!次回は4/10(水)掲載予定です。よろしくねー!

そしていよいよ、明日3月26日(火)は吉祥寺NEPOでBARBARSとの2マンライヴ! よろしくお願いします!!

文・写真:ラヴェンダーズ AKIRA

★2019年3月26日(火) @吉祥寺NEPO
“NEPO⇄OPEN #6”
17:00/19:00
¥2500+1D/¥3000+1D
出演: BARBARS / Luv-Enders
チケット受付: 各アーティスト予約

★ラヴェンダーズ最新情報はこちら
・ラヴェンダーズAKIRA Twitter
https://twitter.com/akira_luvenders
・ラヴェンダーズ facebook
https://www.facebook.com/luvenders/
★【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME アーカイブ
http://u0u1.net/QdD6

あわせて読みたい