News

2019年01月31日16時07分

 
絵恋ちゃん、約2カ月ぶりにライヴ復帰「久しぶりにみんなの顔を見たら気持ち悪い」 〈PERFECT SUMMIT〉レポート
 

パーフェクトミュージック主催イベント〈PERFECT SUMMIT〉が1月20日、新木場STUDIO COASTで開催された。

イベントには神聖かまってちゃん、バンドじゃないもん! MAXX NAKAYOSHI、アカシック、ぱいぱいでか美といったお馴染みのアーティストのほか、ギターウルフらも出演。さらにライヴ活動を休止していた絵恋ちゃんがこの日、華麗に復活を遂げた。そのオフィシャルレポートをお届けする。

-----
1月20日、新木場STUDIO COASTで、パーフェクトミュージックが主催するライブイベント「PERFECT SUMMIT」が開催された。イベントにはパーフェクトミュージックに所属、および同社と縁の深いアーティストが大挙出演。バンド、アイドル、DJなど、形態も音楽性も異なるパフォーマンスが、3つのステージで約7時間にわたって繰り広げられた。

メインステージのトップを飾ったのは、ラーメンYouTuberのSUSURU TV.によるバンドセット。昨年末にパーフェクトミュージック内の配信レーベル「Air the rooM」からリリースした1stシングル「FANTASTIC RAMEN」をはじめ、いずれもラーメンをテーマとした4曲を披露した。

もともと同じサークルでバンドをやっていたメンバーによる骨太でストレートなロックサウンド、ドラム&ボーカルを務めるSUSURUの真っ直ぐでパワフルな歌声は、キャッチーな歌詞とメロディーと相まって、シンガロングなステージを展開。1曲1曲が終わるたびに拍手と歓声は増していき、SUSURUも手応えを掴んだようで、MCでは何度も「楽しい!」と口にしていた。

WILL-O’は榎本りょうのポリープ手術による活動休止から、約1カ月ぶりのライブ。この日からお披露目された新衣装をまとい、序盤から激しいロックサウンドに合わせて力強い歌声とダンスで魅了。ブランクをまったく感じさせないパフォーマンスで、久しぶりとなったファンをヒートアップさせる。

後半は1月から始まった4カ月連続リリースの楽曲「Innovator」「Last Dance」などで盛り上げ、ラストの「Roller Coaster」ではファン同士が肩を組んだり、サークルピットを作ったり、会場内の熱気も爆発。ライブ後に発表された3〜4月開催の都内6会場でのツアーに向けて、大きな弾みをつけることに成功した。

もうひとつ復帰ライブとなったのが、サブステージに出演した絵恋ちゃん。体調不良による活動休止から約2カ月ぶりのカムバックを果たし、赤いバットを持って登場。まずは昨年クリスマスに向けてリリースした新曲のメタルナンバー「金属バット」で、1曲目からファンと「俺がぶち壊す!」の大合唱を行なう。間奏ではトスバッティングでカラーボールを客席に打ち込もうと試みるも、ことごとく空振り。天性のかわいさを発揮する。

中盤のMCでは2カ月ぶりのライブであることに言及し、「久しぶりにみんなの顔を見たら……気持ち悪い」と正直な気持ちを告白。これに対してファンはおおいに沸き立ち、そのまま「キモチワルイ」を披露する。そして最後には、ファンと一緒にレジ袋を一心不乱にカサカサさせる「レジ打ちでスカ」で、異様な光景を作り上げた。

サブステージでは、パーフェクトミュージックの新アイドルユニットのお披露目も行なわれた。昨夏より活動していたやるっきゃガールズの8人が2組に分かれ、メリーメリー♡ファンファーレ(エド・マエ、達磨ゆき、花咲りか、雪乃メルティー)とSKOOL GIRL BYE BYE(藍井ミスク、清野宮あんな、 すみれ せぷてんばー、奈胡みみ)として登場。

先にパフォーマンスを行なったメリーメリー♡ファンファーレは、カラフルな衣装に身を包み、ちゃんもも◎プロデュースによる王道アイドル感あふれるポップチューン3曲を披露。事前に音源が公開されていた「いつだってIt’s all right!」では、フロアからコールも沸き起こった。

続いてSKOOL GIRL BYE BYEは、ポストロック風なSEとともに登場。こちらも先行公開されていた「ザ・ワールドイズマイン」をはじめ、バンドサウンドとエモーショナルな歌が特徴の3曲を披露。やるっきゃガールズ時代から歌われている「ブレックファストクラブ」では、イントロでMIXを打つファンも現れるほどの盛り上がりを見せた。

イベント中盤に登場したアカシックは、MCナシのノンストップで6曲を演奏。多様な客層が集まるなかでも、男女問わずに大きな歓声を受け、普遍性の高い魅力をアピールした。バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIは、ドラマ「ワカコ酒 Season4」の主題歌「さけっぱらだい酒☆」をライブ初披露。「ハッピーバースデーソング」では「アカシックの(奥脇)達也さんがくださった大切な新曲」と紹介するなど、事務所主催イベントならではのMCを聞くこともできた。

イベントでは多数のコラボレーションも行なわれ、サブステージに登場した絶対忘れるなのステージでは、「アイスクリームポップアップトゥギャザー」で恋汐りんごがゲスト出演。貫地谷翠れん、セルラ伊藤の2人とともに、アイドル感いっぱいのパフォーマンスを繰り広げた。また、ラウンジステージでは、3月にパーフェクトミュージックからアルバムをリリースする現役男子高校生トラックメイカー/DJのYackleが、ちゃんもも◎、カルロスまーちゃん、GOMESS、Utaeを迎えたステージを展開。ちゃんもも◎(DJ chanmomo◎)のDJにも望月みゆが飛び入り参加し、「人生初」というEDMで踊る貴重な姿を見ることができた。

終盤に登場した神聖かまってちゃんは、様々なグループのファンが入り混じり、普段よりおとなしい観客に対して、の子が序盤から「殴りに来いよ!」などと挑発。しかしながら、そんな挑発の必要もなく、「フロントメモリー」では自然と大きなコール&レスポンスが沸き起こり、最後にはの子がフロアにダイブ。終わってみれば熱狂を巻き起こす貫禄のステージとなった。

サブステージでトリを務めたのは、ぱいぱいでか美。メインステージの神聖かまってちゃんとギターウルフの間に挟まれるという難易度の高い出演順を自らネタにして笑いを取り、2月22日に発売される自伝『桃色の半生!~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~』の宣伝をしてから「桃色の人生」を歌うなど、数々のバラエティ出演で鍛えられたトーク力を遺憾なく発揮。その後もインスタグラム用に観客を背景にした自撮りを行ない、最後は「ぱいぱーい」と華麗にステージを去っていった。

イベントの大トリを務めたのは、ゲストアクトとして登場したギターウルフ。照明のレーザーがド派手に飛び交うなか、1曲目の「野獣バイブレーター」から猛烈なテンションで圧倒し、4つ打ちの「UFOロマンティクス」、2月にリリース予定のアルバム『LOVE&JETT』からGOTZがボーカルを務める「SEXジャガー」、代表曲である「ジェットジェネレーション」などで爆音を響かせる。

終盤にはセイジが舞台袖に消えると、恋汐りんごを伴ってステージに再登場。恋汐(剣道三段)に自らのギターを託し、セイジ(剣道五段)はマイクスタンドを持って剣道対決を行なうなど、その一挙手一投足から目が離せない状況になる。その後、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIの鈴姫みさこ、大桃子サンライズ、甘夏ゆずもステージに上がると、セイジに後押しされ次々とフロアへダイブ。この日一番のカオスな空間に観客は拍手喝采となり、「PERFECT SUMMIT」の名に恥じない興奮とともにイベントは幕を閉じた。

このほかにもイベントにはヤなことそっとミュート、校庭カメラガールドライ、ゆるめるモ!といったアイドル勢や、DJ汐りんご、DJギズモ(篠崎こころ)が登場したほか、ゲストアクトとしてDJ後藤まりこも出演した。
-----

なお、メリーメリー♡ファンファーレとSKOOL GIRL BYE BYEの8人が所属していたやるっきゃガールズは、パーフェクトミュージックの研修プロジェクトとして生まれ変わり、現在新メンバーを募集中。応募資格はプロダクションやレコード会社との契約がない16~24歳の女性で、応募の締切は2019年1月31日となる。詳しくはパーフェクトミュージックのオフィシャルサイトを確認しよう。(前田)

【オーディション】次期ガールズプロジェクトオーディション始動! - Perfect Music
http://perfectmusic.jp/news/544/

・【ライヴ・レポート】絵恋ちゃん、活動休止前最後のキネマ倶楽部ワンマン!間違えて食べたネギは「ネギマ」と告白
https://ototoy.jp/news/89822
・アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──ぱいぱいでか美 × 里咲りさ × 絵恋ちゃん鼎談!
http://ototoy.jp/feature/20170502002


関連ニュース