News

注目のニュース一覧はこちら

2019年01月16日15時35分

 
“音楽×アート×社会を再接続する”都市型フェス第二弾〈THE M/ALL 2019〉完全無料開催を目指すプロジェクト開始
 

2018 年 5 月にクラウドファンディングによる完全無料開催を成功させた都市型フェス〈THE M/ALL〉。

コムアイ(水曜日のカンパネラ)、田我流、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が率いる Gotch BAND を中心に、各世代を代表する豪華アーティストが出演したこのイベントは、音楽を中心とした表現活動やカルチャーの発信源であるライヴ・スペース「渋谷 WWW」で、会場の最高動員記録を塗り替え、“音楽フェス”という概念に新たな価値を提示した。

来たる 2019 年秋、第 2 回となる〈THE M/ALL 2019〉の無料開催を目指し、1 月15日より『100 VOTE T-Shirts PROJECT』がスタートした。〈THE M/ALL〉のコンセプトは“音楽×アート×社会を接続する”こと。この理念に賛同するデザイナー、アーティスト、フォ トグラファーらとコラボレーションし、総計100種類のメッセージ T シャツを製作し、STORES.jpにて販売する。

当サイトで販売する全 T シャツの売り上げは、制作実費を除いた収益の半分をデザイン費として制作者に還元し、残り半分を〈THE M/ALL 2019〉の無料開催実現のための運営費として使用される。 (内)

※各 T シャツは全て完全受注生産を予定。今後も毎月さまざまなメッセージ T シャツを追加していきます。
※オーダー方法・期間などの詳細については販売サイトをご覧ください。

【プロジェクト情報】
『THE M/ALL 2019 100 VOTE T-Shirts PROJECT』
・サイトオープン : 2019 年 1 月 15 日(火)10 : 00
・販売サイト URL : https://the-mall.stores.jp

・T シャツの売り上げについて : 当サイトで販売する全 T シャツの売り上げは、制作実費を除いた収益の半分をデザイン費として制作者に 還元し、残り半分を『THE M/ALL 2019』の無料開催実現のための運営費として使用します。
※各 T シャツは全て完全受注生産を予定。今後も毎月さまざまなメッセージ T シャツを追加していきます。
※オーダー方法・期間などの詳細については販売サイトをご覧ください。

■〈THE M/ALL〉の理念に賛同する“100 VOTE T-Shirts Designer”第一弾ラインナップ
T シャツデザインのモチーフになるのは、社会問題や政治的イシュー、カルチャーにまつわるメッセージから、日々の生活の中にある身近な 事柄をテーマにしたものまで多種多様に展開。多くのメッセージTシャツの中から、「わたしはこれ」と思えるものを自らの手で選び、一人 一 人が日常の中でそのメッセージを身に付けること。それもひとつの「投票(VOTE)」であると私たちは考えます。

1 月 15 日のサイト・オープンと共に販売が開始される第一弾のデザイナーラインナップは以下の通り。

●12XU
代々木上原にあるセレクトショップ。2011 年にオープン。Très Bien や HOPE のような北欧を中心としたインポートブランドから kudos や ROTOL といった新世代のドメスティックブランドを取り揃えています。またロンドンの HYPEPEACE のように社会的なアプローチを試みる新しいタイプのブランドも積極的にセレクトしています。

●平野太呂 写真家(Taro Hirano / Photographer)
1973 年、東京都生まれ。武蔵野美術大学映像学科卒。2000 年よりフリーランスとして活動を開始。スケートボードカルチ
ャーを基盤にしながらも、カルチャー誌やファッション誌、広告などで活動中。主な著書に『POOL』(リトルモア)『ばらばら』
(星野源と共著/リトルモア)『東京の仕事場』(マガジンハウス)、フォトエッセイ『ボクと先輩』(晶文社)、『Los Angeles Car Club』(私家版)、『The Kings』(ELVIS PRESS)がある。渋谷区上原にて 2004 年から NO.12 GALLERY を主宰。

●CUP AND CONE(依田 亮)
1985 年、東京都生まれ。
「CUP AND CONE」デザイナー/オーナー。 自転車とハードコアパンクが好き。最近はハウスも好き。 インディペンデントで DIY な物事に惹かれる。

●MIN-NANO(GORO)
東京都出身
2009 年池ノ上に MIN-NANO をオープン。 2015 年 TOXGO を共同で原宿にオープン。

●COLD VVAR(COLD)
2019 年、東京を拠点とする新興ファッションレーベル COLD VVAR をスタート。
「現代社会はイデオロギーや文化圏を異にする集団同士の冷戦状態に ある」というコンセプトのもと、挑発的なグラフィックを提示する。

●super-KIKI
「路上と日常と文化を切り離さない」をテーマに、2011 年よりデモや抗議活動に参加しながら自分の身の周りに起きている問題から感じたメッセージを、主にシルクスクリーンやステンシル等 DIY ツールを使って作品に落とし込む。アパレルを中心にドールのリメイクや ZINE、プラカードなど媒体は多様。

【〈THE M/ALL〉とは】
2018 年よりスタートした「音楽 x アート x 社会をひとつにつなぐ、カルチャーのショッピングモール」をテーマにした都市型フェスティバル。 昨年は日本を代表する文化の発信地・渋谷を舞台に、WWW、WWWX、WWWβ、GALLERY X BY PARCO の 4 会場を横断して 開催。「若い世代を中心に全ての人がカルチャーに触れ、学ぶことのできる機会をつくる」という理念のもと、クラウドファンディングを実施。目 標額を大きく超える支援を達成し、完全無料開催という快挙を実現させた。参加アーティストはコムアイ、Gotch( ASIAN KUNG-FU GENERATION)、田我流など。メジャーからアンダーグラウンドまで幅広いラインナップで、会場となった WWW の最高動員記録を塗り替えるなど、大きな盛り上がりを見せた。

ガラパゴス

水曜日のカンパネラ, Moodoid

¥ 3,375

生きろ。

yahyel, 水曜日のカンパネラ

¥ 525

生きろ。

yahyel, 水曜日のカンパネラ

¥ 250

ガラパゴス

水曜日のカンパネラ, Moodoid

¥ 1,700

マトリョーシカ

水曜日のカンパネラ, Moodoid

¥ 250

関連ニュース

編集