News

2018年12月12日11時57分

 
ANCHORSONG、3rdアルバム『Cohesion』のリリパにゲスト・アクトとして東京塩麹 with ermhoi 等出演決定
 

インド音楽の要素を独自に解釈し〈リズムとメロディーの境界線が曖昧な音楽〉というコンセプトに完成された3rdアルバム『Cohesion』を10月26日にリリースしたANCHORSONG

早くも1月にはそのアルバムを引き下げ東京、浜松、大阪を含むジャパン・ツアーが予定されている。そしてその東京公演のゲスト・アクトとして東京塩麹 with ermhoi、DJにaoub, Shohei Magaino等の出演が発表された。

ANCHORSONGはロンドンを拠点に世界を股にかけ活躍を続ける日本人プロデューサー。ボノボやクァンティックを輩出するUKの名門レーベル〈Tru Thoughts〉と契約を交わし、2011年に1stアルバム『Chapters』をリリースすると、ジャイルス・ピーターソンやローレン・ラヴァーン、ヒュー・スティーヴンスらUKを代表するトレンドセッターが賞賛。そして2016年の2ndアルバム『Ceremonial』は、BBC
6Musicのアルバム・オブ・ザ・イヤーで5位を獲得。

2018年10月26日、前作から約3年振りとなる3rdアルバム『Cohesion』はタブラやドーラクといったインドの伝統的な打楽器の数々、そして70年代〜80年代のボリウッド映画のサウンド・トラックにインスパイアされたカラフルでサイケデリックなダンス・ミュージックに仕上がっている。同作からの1stシングル『Testimony』は、公開直後から4週間連続でBBC Radio 6Musicのプレイリストに選出され、アルバムは同局の"Album of The Day"に選出された。

1月のツアーでは最新アルバムの楽曲を中心としたライヴが予定されおり、東京公演のみ弦楽四重奏を迎えた5人編成での特別なライヴ・セットが予定されている。

ゲスト・アクトとして出演が明らかになった東京塩麹はFUJI ROCK FESTIVAL’18にも出演を果たし、NYの作曲家スティーヴ・ライヒから「素晴らしい生バンド」と絶賛される新世代のミニマルを発信する8人組バンドとして活動している。彼らのゲスト・ボーカルとして日本とアイルランド双方にルーツを持ち、複数の言語と独自のセンスで世界観を表現する、トラック・メーカー、シンガー、BINDIVIDUALに所属するblack boboiのメンバーとしても活動するermhoiの参加も決定している。

またDJとしてSoil Living Recordingsの設立者であり個性的なラインナップを提供し続けているライヴ配信チャンネル『House of Plum』を主催し、佐藤栄太郎(indigo la End/MISTAKES)、GOTO(DALLJUB STEP CLUB/あらかじめ決められた恋人たちへ)、高石晃太郎(peelingwards)等とコラボも重ね自身の作品のリリースも行っているaoubの出演が決定。
そしてディープハウスを軸にクラブ、ライヴ・ハウス、野外フェス、カフェ等幅広いフィールドで活躍し、ANCHORSONG、Folamour、Percentius等様々な来日アーティストとの共演も果たしているShohei Magainoも出演することが分かった。

チケットは現在イープラスにて絶賛発売中となっている。洗礼されたグルーヴが鳴り響く一夜をお見逃しなく。 (内)

【公演詳細】
2019年1月17日(木)
新宿MARZ
〈ANCHORSONG COHESION RELEASE PARTY〉
[LIVE] ANCHORSONG [GUEST ACT] 東京塩麹 with ermhoi [DJ] aoub / Shohei
Magaino
open / start 18 : 30
ADV ¥3,500 / DOOR ¥4,000 (+1D¥600)
新宿MARZ : http://www.marz.jp/
e+購入URL :
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002277647P0050001P006001P0030001

ANCHORSONG : http://anchorsong.com/
東京塩麹 : http://shiokouji.tokyo/
ermhoi : http://wearebindividual.com/
aoub : http://aoub.tokyo/
Shohei Magaino : https://soundcloud.com/magaino-shohei

関連ニュース