News

2018年11月30日20時25分

 
【開催間近】必見のエレクトロニック・ミュージック・アーティスト、ローレル・ヘイロー・ライヴ公演
 

ブルックリン出身で現在はベルリンをベースに活動するアーティスト、ローレル・ヘイロー

彼女の単独来日公演が、東京で12月6日(木)、12月7日(金)には京都で開催される。

つい先ごろの、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの来日ライヴにも参加し、そのドラミングでそのバンド・サウンドの要となっていたドラマーでパーカッショニストのイーライ・ケスラーを帯同してのライヴとなる。

ローレル・ヘイローといえば、〈ハイパーダブ〉からのアルバム『Quarantine』で大きく注目を集め、テクノへと接近した続く『Chance Of Rain』、そして〈オネスト・ジョンズ〉からのさらにディープにテクノを探求した『In Situ』など、重要レーベルから軒並み高品位のアルバムをリリース。そして2017年には数多くの年間ベストに選出されたアルバム『DUST』(こちらのアルバムにイーライ・ケスラーも参加。OTOTOYでもハイレゾ配信中)、Pichforkのレビューでも8.0点という高得点を獲得した、フランスの〈Latency〉からリリースした『RAW SILK UNCUT WOOD』(こちらにもイーライ・ケスラーは参加している)、さらにはベース・ミュージックの名門〈リヴィティ・サウンド〉からはホッジとのコラボ・シングルをリリースするなど、まさにエレクトロニック・ミュージックにおいて、テクノ〜ベース・ミュージック〜アンビエント〜アヴァン・エレクトロニクスに至るまでそれぞれ高品位の作品をリリースする、いま最も注目度の高いアーティストと言えるだろう。そんな彼女の単独公演はまさに見逃し厳禁!

また東京公演にはプロジェクト、GEISTにてEliを招聘し共演も果たしているYPYこと日野浩志郎率いるgoatの東京では1年2ヶ月振りとなるライブ、京都公演には電子音楽~現代美術まで幅広いフィールドで活動するmadeggこと小松千倫がゲストとして出演する。

まさに見逃せない一夜となるだろう。

詳しいチケットなどの詳細は各ヴェニューのホームページで。
(河)

・ローレル・ヘイロー『DUST』リリース時のOTOTOYでのインタヴュー・ページ
https://ototoy.jp/feature/20170717

・12月6日(木)東京公演詳細ページ
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2018/12/06/181206_laurel_halo.php

Laurel Halo live with Eli Keszler Japan Tour 2018
2018年12月6日(木)
@UNIT
guest: goat
OPEN 18:30 START 19:30
ADV. 4,300yen (ドリンク代別途)

・12月7日(金)京都公演詳細ページ
https://www.metro.ne.jp/single-post/181207a

Laurel Halo live with Eli Keszler Japan Tour 2018
2018年12月7日 (金)
京都METRO
guest: Kazumichi Komatsu (Madegg)
OPEN 18:30 START 19:00
ADV.4,000yen (ドリンク代別途)

<

<

あわせて読みたい