News

2018年11月15日11時38分

 
チャーチズがベルリンの伝説的なスタジオ、ハンザ・スタジオでレコーディングしたEPを11月16日リリース
 

チャーチズが、ベルリンの伝説的スタジオ、ハンザ・スタジオでレコーディングを行った『ハンザ・セッションEP』をデジタルで今週金曜日11月16日、限定の10インチを12月14日(金)にリリースする。

ハンザ・スタジオはポツダム広場のそばにあり、かつてはベルリンの壁がすぐそばにあった名門スタジオ。デヴィッド・ボウイ『ロウ』や『ヒーローズ』、イギー・ポップ『ラスト・フォー・ライフ』、U2『アクトン・ベイビー』など数多くの名作がレコーディングされている。

バンドは今回、新作『ラヴ・イズ・デッド』に収録されている5曲をアコースティック/ストリングス・ヴァージョンでレコーディング。EPのティーザー映像が公開されているのでチェックしてみよう。 

また、今年のフジロックフェスティバルでホワイトステージのトリを見事に務めあげたバンドは、来年2-3月に東京と大阪でジャパンツアーを開催する。先日シングルでコラボを果たした水曜日のカンパネラ/コムアイも参加するツアーは必見だ。 (内)

『Hansa Session EP』ティーザー


https://youtu.be/it-Uvo7KTvY

ガラパゴス

水曜日のカンパネラ, Moodoid

¥ 3,438

YAKUSHIMA TREASURE

水曜日のカンパネラ, オオルタイチ

¥ 1,834

生きろ。

yahyel, 水曜日のカンパネラ

¥ 535

生きろ。

yahyel, 水曜日のカンパネラ

¥ 255

ガラパゴス

水曜日のカンパネラ, Moodoid

¥ 1,731

YAKUSHIMA TREASURE

水曜日のカンパネラ, オオルタイチ

¥ 1,222

マトリョーシカ

水曜日のカンパネラ, Moodoid

¥ 255

関連ニュース