> News

2018年11月08日22時36分

 
パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー 第3回「BLACK FLAG」の巻(3)
 

パンク・ハードコア系の音楽マニアながら、現在は企業戦士として、ときには海外へ出張するなど日々忙しく働くパンクス会社員★フーヨン。

自らの体験を綴るハードコア・旅日記(?)「パンクス会社員★フーヨンのハードコアジャーニー」第3回。2013年6月7日にアイオワ州の州都デモインで行われたBLACK FLAGのライヴを目撃したものの、なんだか失望した様子のフーヨン。しかし、2013年11月に翌月のアルバム・リリースを控え、オーストラリアで行ったライヴの様子が気になるようで…

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

アルバム発売を控え、2013年11月のオーストラリアで行われたBLACK FLAGのライヴ。私は観戦はしていませんが、複数のニュースサイトによれば、ライヴ後半にマネージャーのMikeがステージに登場し、Ronのマイクを奪うと「もう終わりだ、帰れ」といい、残りの曲のヴォーカルをMikeがとり、Ronはそのままクビに……。その時の様子をRon Reyesが自身のFacebookに記述していますが、これが涙なしには読めないのです。

その内容をざっと書くと、「色々あったけど首にされちゃった、皆悪かったね、でもGregもMikeも恨んでないよ」という感じ。そんなわけで、Ronが男気を見せつけ、第1期復活BLACK FLAGの活動は終了。ゴタゴタのあと、12月にリリースされたニューアルバム『What the...』はRonのアートワーク含めあちこちで酷評されたのでした。

ところがどっこい、このままで終わらないのがBLACK FLAGというかGregです。それまでのSNSの内容をいつぞやの剛力彩芽さんばりに(?)全削除したかと思うと、ドラムとベースも入れ替えていきなり第2期復活BLACK FLAGが登場!もちろん一切なんの説明も、なし。ニューアルバム自体なかったことのように2014年もツアーの実施をアナウンスしたのでした。

2013年で少しこりたものの、またまた近所(と言っても車で片道2時間半)でライヴがあったので、性懲りも無くハンドルを握ってしまう私。今度はカラオケじゃないのか!?

~第4回につづく~

文&写真:パンクス会社員★フーヨン


編集