News

注目のニュース一覧はこちら

2018年08月27日12時00分

 
清 竜人×吉澤嘉代子が「清 竜人歌謡祭」でツーマンライヴをした理由とは…?―OTOTOYライヴレポ
 

2018年8月26日、東京キネマ倶楽部で「清 竜人 歌謡祭」が開催された。出演は清 竜人、そして吉澤嘉代子だ。

「歌謡曲」を新たなコンセプトとしてソロ活動を再開した清 竜人に対し、吉澤嘉代子は必ずしも歌謡曲をベースにして活動しているわけではない。そのため、どのようなライヴになるのかと考えていたが、予想外の結末を迎えることになった。

ステージはまず吉澤嘉代子のライヴからスタート。踊るかのように登場した彼女は、ギターの弓木英梨乃とともに、オケも流しながら「月曜日戦争」を歌いはじめた。かと思うと、間奏ではバズーカをかまえて銀テープを発射する一幕も。「おとぎ話のように」から続けて歌った「らりるれりん」では、吉澤嘉代子自身もアコースティック・ギターを弾いた。

MCでは、清 竜人のファンと吉澤嘉代子のファンは共通点があると発言。「どこまでもついてきてくれる」と表現して笑いを誘った。また、弓木英梨乃に気になることがあると言われ、吉澤嘉代子がそれを言うように執拗に迫ったところ、「嘉代子ちゃんの脇に毛が生えてるの!」と言われたことから、体毛をテーマにした「ケケケ」を歌うという流れに。その「ケケケ」は、この日吉澤嘉代子が歌った楽曲の中で最も歌謡曲色が濃かった。

グルーヴィーな「えらばれし子供たちの密話」「麻婆」と続き、「人魚」の伴奏はギターのみに。吉澤嘉代子は、初めてダウンロード購入した楽曲が清 竜人の「痛いよ」だったと明かし、「残ってる」を歌って締めくくった。

清 竜人は、井上鑑編曲の「Love Letter」を歌いながら、一段高いサブ・ステージから登場。階段を降りてステージに立つと、そこにはいつものようにソファと、水が置かれた小さなテーブルが。天井からはシャンデリアが吊るされていた。

「TIME OVER」は、7月の「清 竜人ツアー 2018夏」で初披露された楽曲。ダイナミックなAOR歌謡といった感触のサウンドだ。

原田真二編曲の「抱きしめたって、近過ぎて」を歌い終えると、清 竜人は「デパートメントHに来たことがある」など、東京キネマ倶楽部との思い出について語った。

「All My Life」は2013年のアルバム「WORK」の収録曲。清 竜人が高音を駆使して歌う美しい楽曲だ。

続いて歌われたのは、2010年のシングル「痛いよ」。吉澤嘉代子が初めてダウンロード購入したと語っていた楽曲だ。ライトに照らされながら、清 竜人はソロでの代表曲のひとつである「痛いよ」を歌いあげた。

清 竜人は吉澤嘉代子について、歌声に若い頃の薬師丸ひろ子のニュアンスを感じるとコメント。「特に最後の曲(『残ってる』)がいいですね」とも述べた。

さらに、5月31日に開催された「清 竜人 新曲発表会」で披露されたもののまだ音源化されていない楽曲群へ。「馬鹿真面目」「私は私と浮気をするのよ」「涙雨サヨ・ナラ」が歌われた。「涙雨サヨ・ナラ」では、清 竜人はソファに座りながら歌う。「涙雨サヨ・ナラ」は、「All My Life」を連想するような美しいメロディー・ラインだ。

そして清 竜人は、11月17日にTSUTAYA O-EASTで「清 竜人 ワンマンライブ 2018秋」を開催することを告知。生バンドでライヴを行うとも述べ、「握手会もやろうかな?」と語ると会場から歓声が起きた。

2011年のアルバム「PEOPLE」の収録曲「きみはディスティニーズガール」、2013年のアルバム「WORK」の収録曲「LOVE&PEACE」も歌い、そこから7月25日に発売された最新シングル「平成の男」へとつなげた。「平成の男」の編曲はミッキー吉野だ。

清 竜人は「アンコールはありません、早く帰らせてください」とファンを笑わせた後、11月14日に発売されるニュー・シングルを最後に歌うと発言。そのシングルがデュエット曲であることを明かし、吉澤嘉代子をステージに招き入れると、フロアからは驚きの声が上がった。

つまり「清 竜人 歌謡祭」は、ニュー・シングルでデュエットするふたりによるツーマン・ライヴだったわけだ。

吉澤嘉代子を客演に迎えたニュー・シングル「目が醒めるまで」では、まだ会うのが2回目だというのが信じられないほど息の合ったデュエットを聴かせた。1960年代の歌謡曲をも連想させる柔らかなミディアム・ナンバーだ。

平成元年生まれの“平成の男”こと清 竜人は、平成最後の夏を終えて、平成最後の秋へと向かう。「目が醒めるまで」のリリース、そして「清 竜人 ワンマンライブ 2018秋」の開催を楽しみにしたい。ニュー・シングルに吉澤嘉代子を招いたように、清 竜人はきっと意外性のある「何か」を届けてくれるはずだ。(text by 宗像明将)

最新シングル『平成の男』はOTOTOYで配信中
https://ototoy.jp/_/default/p/114469

■『清 竜人 歌謡祭』セットリスト
2018年8月26日(日)東京キネマ倶楽部
セットリスト
01 Love Letter
02 TIME OVER
03 抱きしめたって、近過ぎて
MC
04 All My Life
05 痛いよ
MC
06 馬鹿真面目
07 私は私と浮気をするのよ
08 涙雨サヨ・ナラ
MC
09 きみはディスティニーズガール
10 LOVE&PEACE
11 平成の男
MC
12 目が醒めるまで

■清 竜人「目が醒めるまで」商品概要

<初回限定盤>
【発売日】2018.11.14 (水)
【品番】KICM-91898
【価格】3,700円+税
【形態】MAXI+DVD

-CD 収録内容-
1.目が醒めるまで
2.c/w曲①
3.c/w曲②
4.目が醒めるまで(カラオケ)
5.c/w曲①(カラオケ)
6.c/w曲②(カラオケ)

-DVD収録内容-
・目が醒めるまで MUSIC VIDEO
・c/w曲① MUSIC VIDEO
・2018.8.26「清 竜人 歌謡祭」@東京キネマ倶楽部8曲抜粋

フォトブック付き

<通常盤>
【発売日】2018.11.14(水)
【品番】KICM-1899
【定価】926円+税
【形態】MAXI
-CD 収録内容-
1.目が醒めるまで
2.c/w曲①
3.目が醒めるまで(カラオケ)
4.c/w曲①(カラオケ)

■「清 竜人 ワンマンライブ2018秋」
出演者:清 竜人
会場:TSUTAYA O-EAST
公演日:2018年11月17日(土)
時間:開場17:00/開18:00
チケット料金:前売¥6,000(税込み)/当日未定
オーダー:別(各Drink代別)
席種:スタンディング
チケット取り扱い:チケットぴあ / ローソン / イープラス
チケットコード:チケットぴあ Pコード:128-280
主催:株式会社 ソニー・ミュージックレーベルズ
問合せ:シブヤテレビジョン TEL 03-5428-8793 (平日12時〜18時)
先行販売:2018年8月26日 (日) 21:00〜 2018年9月17日(月・祝) 23:59
(チケットぴあ) 先行URL:http://w.pia.jp/t/kiyoshiryujin-of/
備考
※6歳以上チケット必要
※整理番号順のご入場となります

【清 竜人 HP】http://kiyoshiryujin.com


関連ニュース

編集