News

2016年02月14日16時00分

 
昭和ピンク歌謡世界ー「リバーシブル吉岡」放送コードギリギリのバレンタイン・フリー配信
 

尼崎が生んだ昭和ピンク歌謡界の貴公子・リバーシブル吉岡が、来る4月6日、3作目となるアルバム『ノーリターン』をリリースすることを発表した。そして、バレンタインデーの本日、チョコレートに代わって、新アルバムから先行曲「CKB-乳首の呪縛-」のフリー・ダウンロードが開始された。

スーツ姿に仮面という怪しいルックスで展開する独自のピンク歌謡の世界が魅力のリバーシブル吉岡。彼ほど堂々と爽やかに歌えば下ネタも下ネタに聞こえないどころか、ドラマチックなメロディに乗せられた歌詞の切実さと、誰もが惹き込まれるイケメン・ヴォイスに心打たれる人が続出してしまう事態に。2003年のソロ・デビューからやや経った2010年ごろから関西のインディー・シーンを中心に話題を集め、東京襲来を重ねて、確実にファンを増やしている。

地元神戸のチャリティー・イベントに5年連続で出場するなどその人気は確かで、さらにアルカラもリバーシブル吉岡の登場に衝撃を受けたと公言しているなど、音楽業界でのファンも急増している昨今。そんな隠れファンの1人、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)によるリミックス「CKB-ニコタマミッドナイトRemix-」も新アルバムに収録予定であることが今回明らかに。新アルバムリリースに際して、ケンモチヒデフミとミズタマリ(ex.いずこねこ)から応援コメントも届いている。

今回の先行曲を聴いて、リバーシブル吉岡による魅惑のピンク歌謡界を覗いてみてはどうだろうか?(いなかっちゃん)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016年、ピンク歌謡界が激震! ハンカチとティッシュなしには聞けない、今最も涙腺と腰にくる日本の歌。全てをさらけだした裏表のないリバーシブル吉岡が己の肉体の限界と放送コードに挑戦し続けた集大成。独創的なストーリーの構成力、共感を呼ぶコールアンドレスポンス、そして無駄に高い歌唱力。そうこれは遊びじゃない、彼のプレイはいつだって本番だ! 愛と青春と孤独と妄想をこじらせた男が 今、真正面からエロスと向き合った超大作! これを聞かずして何を聞く!?」by ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)

「ふるさと」とはこんなにも素晴らしいところだったのですね。
ふるさとからあんなに出たい出たいと旅立ったのに、我々は今、帰りたい帰りたいと思っている。by 稲村太佑(アルカラ)

「初めてリバーシブル吉岡さんのライヴを見たのは高校1年生の冬でした。当時、歌詞の意味も深く考えず、ただ頭に残ったフレーズを学校で口ずさんでいたのが今となってはとても恥ずかしいです。」 by ミズタマリ(ex.いずこねこ)

このCDはホンマに凄い…! ノーコメント! by キュウソネコカミ 一同

これまでのリバ様の音楽「性」とは少し異なった作品になっている印象を受けた。だが、圧倒的にこいつのがヤバい。今まで少しオブラートに包んだエロスを巧みな話術と歌唱力で表現し、「ピンク歌謡の帝王」と言われてきたリバーシブル吉岡。だが、今回の音源では極めてエモーショナルで直情的、かつストレートにエロを表現している。ジャンルとして、これはもはや「ピンク歌謡」ではなく「ピンクパンク」とでも言った方がよいかもしれない。セックスピストルズからピストルズを抜いたようなパンク的精神性。今、パンクのアティテュードを最も体現しているのはリバーシブル吉岡だと言える。ベッド・インよりも激しく、クリトリック・リスよりもエモーショナル! 僕がもしレーベルオーナーなら、こんな危険な作品は出せません! 色々とヤバすぎる…。発禁処分で買えなくなる前にマストで買っておくべき作品です。イエーーーース!!! by はいから(キュウソネコカミMg.)

※ 誠に勝手ながら、キュウソネコカミからはノーコメントですが、Mg.であるはいからより、コメントを書かせて頂きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・「CKB-乳首の呪縛-」のフリー・ダウンロードはこちらから
http://ototoy.jp/_/default/p/60026

・商品情報
リバーシブル吉岡 / ノーリターン
発売日 : 2016年4月6日(水)
品番 : RYMC-0003
価格 : 2,000円+税
収録曲 :
1. 先っちょだけでAから
2. CKB -乳首の呪縛-
3. 誘ってる
4. 慈悲心
5. ふるさと
6. ラヴ・インスパイア
7. AM2:00
8. KEJIME
9. CKB -ニコタマミッドナイトRemix-(Remix by ケンモチヒデフミ)

・リバーシブル吉岡オフィシャルサイト
http://www.ryanmenclub.com/

あわせて読みたい