News

2015年10月15日18時00分

 
ベース・ミュージック〜モダン・ハウス最注目アーティストが揃い踏み! ゾンビー、スペシャル・リクエストの来日が決定!
 

UKのダンス・カルチャーから生まれ、現在ではヴァンパイア・ウィークエンドアデルなどポップ・ミュージック全体に影響を与えるアーティストをリリースする〈XL Recordings〉。

原点とも言えるダンス系アーティストを迎えて行うクラブ・イヴェント〈XL Recordings Chapter VI〉が、今年は本拠地イギリスのロンドン、マンチェスター、そしてここ日本でも11月27日(金)に代官山UNITにて開催。

このイベントの出演者がこのたび発表! グライム〜ベース・ミュージック〜ハウスの重要アーティストが3人揃い踏みとなった。

まずは待望の初来日を果たす顔、素性、生まれなどその存在全てが謎のベールで包まれ、他のアーティストからも高い人気を誇るポスト・ダブステップ〜グライム系のアーティスト、ゾンビー。まさにレイヴ回帰の象徴とも言えるタイトルをつけた2008年の「Where Were U In '92?」をはじめ、これまでリリースした作品は確実にポスト・ダブステップのある種の空気を作り出してきたアーティストである。ここ最近はグライムの帝王ワイリー。とのコラボ・シングルをリリースするなど注目を集めている。これまで〈4AD〉のリリースでしたが、どうやら2枚続きのシングル「Let's Jam」を〈XL〉からリリース。移籍ってことでしょうね。

UKテック・ハウスのベテラン、2006年、ど変態ブリーピー・アシッド・ハウス「Erotic Discourse」の特大ヒットをかましたポール・ウールフォードによる別名義、ジャングル〜ベース・ミュージック専科なスペシャル・リクエストが登場。『Soul Music』は、2013年のベース・ミュージックを語る上で欠かせないアルバムですが、こちらもこれまでアルバムはUKの有名クラブ〈Fabric〉傘下の〈Houndstooth〉からのリリースでしたが、最近〈XL〉からこれまた2枚、LPサイズのシングルをリリースしたばかり。やはり移籍ですかね。

そして最後はUKのアンダーグラウンド・ディープ・ハウス・シーンからヒューゴ・マシエンが来日。こちらはまだまだシングル・リリース・レベルでデジタル・リリースなどを行っておりますが、これがまた最近のいい感じのディープ・テックといった感じなんですが、ここに呼ばれたということは〈XL〉がディールを?

なんだか、ここ最近ロックの雰囲気が強かった〈XL〉ですがダンスもの強化でしょうか? これはちょっと注目ですよ!

また、前売りチケットは10月17日(土)より各プレイガイドにて販売スタート! その他レコード店などでもチケットは順次販売開始されますのでチケット販売情報は随時チェックを。
(河村)

・公演・チケット詳細情報はこちらから
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20151127.html

XL Recordings Chapter VI
2015年11月27日(金)
代官山UNIT / Saloon
OPEN/START: 24:00
出演:Zomby、Special Request、Hugo Massien
チケット: 10月17日(土)よりプレイガイド( E+ / ローソンチケット)にて発売!
その他店舗でも順次販売開始!
価格:前売り 3,500円(税込/1ドリンク別途) / 当日 4,000円(税込/1ドリンク別途)
※20歳未満の方はご入場いただけません。
※写真付きIDチェック有り。身分証明書をご持参ください。
※アーティストの変更・キャンセルによる払い戻しは致しません。
主催・招聘:Ynos

あわせて読みたい