News

注目のニュース一覧はこちら

2013年05月29日18時00分

 
大野由美子、zAk、飴屋法水による即興セッション『scribe』がDSD 5.6MHzで配信開始
 

本日より、大野由美子、zAk、飴屋法水による完全即興セッション『scribe』がDSD 5.6MHzバージョンで配信開始された。

DSD音源の魅力を、刺激的なライヴ・レコーディングによって追求する、Sound & Recording誌主宰の「Premium StudioLive」。その概要は至ってシンプルで、レコーディング・スタジオでのDSDによるライヴの一発録りをDSD配信するというもの。刺激的な音を、良い音で録り、良い音で出す。DSDの魅力をピュアに、そしてストレートにお届けするシリーズだ。これまで本シリーズは2.8MHzのDSDにて展開されてきたが、実はレコーディングはほとんど5.6MHzで行われていた。そのマスター音源のクオリティをそのまま生かすべく本日より5.6MHzのDSDでの配信を開始。Sound & Recordingレーベルの作品から、5ヶ月に渡って5.6MHzDSDヴァージョンがリリースされることとなった。この機会に、ぜひSound & Recordingレーベルの名作を体験してみてはいかがだろうか。

今回は、2.8MHzのDSDでのリリース時にも好評を博した、大野由美子、zAk、飴屋法水による完全即興セッション『scribe』を配信。録音現場の空気感を、そのまま音源に集約した高音質音源で、時限を越えた臨場感を味わうことができるに違いない。ぜひとも、未知の音体験を堪能してほしい。(岡本貴之)

5月29日(水))配信開始
大野由美子+zAk+飴屋法水『scribe』
1. scribe_ⅰ / 2. scribe_ⅱ / 3. scribe_ⅲ / 4. scribe _ⅵ
値段 : まとめ購入のみ 1,000円
配信形態 : DSD 5.6MHz+mp3

・OTOTOY 大野由美子、zAk、飴屋法水『scribe』DSD 5.6MHz特集ページ
http://ototoy.jp/feature/index.php/20130529

編集