News

2013年05月20日22時20分

 
住所不定無職、新メンバーを迎えて3回目のライヴ。2ndシーズンは大人っぽい感じで。 ――OTOTOY最速レポ
 

PHOTO : 大甲邦喜

5月19日(日)、小雨が降りしきるなか、住所不定無職が4A面シングル『One Happy, Two Sad & Three Pretty Things』リリース後初となるライヴを、下北沢THREEにて行った。

ゴージャスなSEが流れるなか、ヨーコ、℃-want you! (シ・ウォンチュ)、ザ・ゾンビーズ子がステージに登場。最後にユリナが登場すると、「こんばんは、今日は楽しんで踊って帰ってください」と挨拶し、ライヴはスタートした。まずは、最新シングルから「宇宙のYeah!!!」、そして「123!」を立て続けに演奏。この2曲には、新メンバー℃-want you! のヴォーカル・ソロ・パートもあり、初々しくも芯の通った歌声をしっかりと聴かせた。

ここで、ユリナが℃-want you! を客席に紹介し、「住所不定無職の2ndシーズンは大人っぽい感じです(笑)。そういう新しい一面も楽しんでください」と話す。続いて演奏された「MAGIC IN A POP!!!」「キスキス」では、℃-want you! のキーボードが曲を華やかに彩った。このあたりで℃-want you! も徐々に緊張が解けてきたのか、演奏中に笑顔を見せる回数が増えていく。

ライヴが後半に入ると演奏は激しさを増し、「恋のエンドロール」では、ゾンビーズ子がステージから飛び降りてアグレッシヴなギター・プレイを披露。客席は大いに沸いた。ここでゾンビーズ子と、これまでドラムを叩いていたユリナがパート・チェンジ。間髪入れずに演奏された「マージービート聴かないで!」では、ゾンビーズ子の爆発力溢れるリズムに、場内はますますヒート・アップ!

ラストの「ドゥーワッパ!」でバンドのグルーヴが最高潮に達すると、演奏終了と同時にゾンビーズ子がドラム・スティックを豪快に投げ捨てる。ユリナが「ありがとう」と挨拶し、℃-want you! も満足そうにお辞儀をすると、約40分間のライヴは終了した。

住所不定無職に℃-want you! のキーボードが加わったことで、ライヴで演奏される楽曲がよりポップでキラキラした印象となった。彼女が加入してからまだ3度目のライヴではあるが、特にパート・チェンジしてからの後半のグルーヴは圧倒的。今後のバンドとしての進化がより楽しみになる内容のライヴだった。(text by 前田将博)


2013年5月19日(日)@下北沢THREE

<セットリスト>

1. 宇宙のYeah!!!
2. 123!
3. MAGIC IN A POP!!!
4. キスキス
5. ジュリアジュリア
6. 恋のエンドロール
7. マージービート聴かないで!
8. 渚のセプテンバーラブ
9. ドゥーワッパ!

『One Happy, Two Sad & Three Pretty Things』インタビュー・ページ
http://ototoy.jp/feature/index.php/2013051700

関連ニュース