News

注目のニュース一覧はこちら

2013年02月25日00時19分

 
Especia、東京初ワンマンでメンバー卒業と加入を発表——OTOTOY最速レポ
 

(ライヴ写真は後日アップいたします)

2012年6月にデビューを果たした、大阪・堀江発のアイドル・グループ、Especiaが、東京では初となるワンマン・ライヴを高円寺・CLUB LINERで行った。

前売りチケットは完売。東京でも注目度が高いことが、ライヴ前から如実に見て取れる。そんな超満員の中行われたライヴは、彼女たちの勢いを見せつけてくれると同時に、今後の課題も見える貴重なものだった。

1曲目の「Twinkle Emotion」から、メンバーがお客さんとハイタッチを交わし、テンションはマックスへ。アルト・サックスとギターをゲストに迎えて歌った、「トワイライト・パームビーチ」「ナイトライダー」「パーラメント」は、モータウン、ソウル、ディスコなどを織り交ぜた楽曲に、生のサックス、ギター・カッティングが入ることで、ゴージャスでアーバンな雰囲気を醸し出していた。Especiaの本質が、そのサウンドや音楽性にあることがはっきり見える演出であった。

その後のMCで、重大発表があることを告白。絵莉加が、このライヴを持って卒業することを発表。とまどいを隠せない会場。驚いて声が出ないといった感じで、何とも言えない雰囲気に。しかし、「新しいメンバーが加入します。それは、森絵莉加です!!」と、これまで一人だけ名字なしで活動してきた絵莉加が、今後は名字をつけて活動していくことを発表すると、会場は一安心といったムードに。(※実質、誰も卒業しません)

その後、同じ事務所の先輩、BiSの「My lxxx」をリミックス調にカバーすると、新曲を含めて一気に披露。ファンク、80'sディスコの要素が強い楽曲が続いていく。そして、何を告知するのか忘れてしまうというハプニングの中での告知を挟み、「きらめきシーサイド」を披露。本編は終了した。

もちろんお客さんからはアンコールが起こる。すると、OTOTOYで無料配信中の「Good Times」(http://ototoy.jp/_/default/ p/31798 )のイントロが流れ、Tシャツに着替えサングラスをしたメンバーが登場。ナンブヒトシのラップ音声とコラボレーション。さきほどまでのアーバンな雰囲気をいい具合に撹拌し、まるでいまライヴが始まったかのような熱気が会場を包んだ。

そして3月にアルバムが発売されることを発表すると、会場は期待の声援に包まれる。そのまま本日2回目となる「パーラメント」と「Twinkle Emotion」を歌い、東京初ワンマンは無事に幕を閉じた。

じっくり時間をかけつつ行った本日のライヴ。生演奏を入れたり、「Good Times」のようなアッパーな楽曲を緩急として使うなど、サウンド面でかなり自由に遊べることを見せてくれた。楽曲で幅を見せることができるというのは、Especiaにとって大きな武器になるだろう。逆にMCでは少しだれてしまう部分が見受けられたため、そこをビシっと締められるようになれば、より完成度を増していくに違いない。

5月26日(日)には、大阪・梅田CLUB QUATTROでのワンマン・ライヴを控えているEspecia。よい部分を強化し、こちらが驚くくらいの進化を見せてくれることを期待している。今後の伸びしろを感じさせてくれる東京初ワンマンであった。(西澤裕郎)

〈Vamos a Especia〉
2013年2月24日(日) CLUB LINER
時間 / 開場 : 17:00 / 18:00

セットリスト
1. Twinkle Emotion
2. FunkyRock

3. トワイライト・パームビーチ

4. ナイトライダー

5. パーラメント

6. My lxxx

7. Midas Touch

8. センシュアルゲーム

9. 不機嫌ランデブー

10. きらめきシーサイド
アンコール
11. Good Times

12. パーラメント

13. Twinkle Emotion


・Especia 公式サイト
http://www.especia.me/

・OTOTOY Especia インタビュー
http://ototoy.jp/feature/index.php/20121227

関連ニュース

編集