News

注目のニュース一覧はこちら

2012年10月13日08時00分

 
セブン-イレブンがCMで清志郎の歌う「デイ・ドリーム・ビリーバー」を使い続ける理由が判明——たまらんニュース
 

セブン-イレブンのおでんやお惣菜のCMといえば、すぐに思い出すのが忌野清志郎の覆面バンド、THE TIMERSの「デイ・ドリーム・ビリーバー」のメロディ。

いつの頃からかこの曲がCMに使われだして今やすっかり定着した感があるが、いったい何故この曲が、いや清志郎の歌が使われ続けているのか、疑問に感じたことはないだろうか? 思えばもう随分長い間使われている…。というわけで、セブン-イレブンに実際に聞いてみた。

問い合わせメールを送ってわずか1日。早速「お客様相談室」から回答メールが。このレスポンスの早さ。さすが天下のセブン&アイ・ホールディングス。

さて、気になる回答だが、「デイ・ドリーム・ビリーバーを継続している理由」として

1.時代の流行に左右されない曲であることと共に多くのお客様からの評価が高いこと。

2.また、社内での評価が高い事。

を理由としているとのこと。う~ん、なるほど。

確かにこの曲がモンキーズの日本語カバーとして発売された1989年から23年もの月日が経とうというのに、この曲が流れる度に胸を鷲掴みにされる感覚は今も変わっていない。きっとそれは、一度聴いたら忘れられない清志郎の声がいつも新鮮さを保っているということもあるのだろう。

そしてもうひとつ「社内での評価が高いこと」というのは、なんと嬉しい回答だろう。この世を去って早3年。「ずっと夢を見て 今も見てる」清志郎ファンがセブン-イレブンの社内にも沢山いるということがわかっただけで、今日もセブン-イレブンで買い物して帰ろう、と思った僕です。

セブン-イレブンさん、感謝 for you (岡本)

★おすすめ記事
【突如リリース決定に震撼】君はTHE TIMERSを知っているか
https://ototoy.jp/news/84256
E-girls、YMO「RYDEEN」をカバーして空手バカボンと比較される
https://ototoy.jp/news/75048
デイヴィッド・リー・ロス日本在住説を追う
https://ototoy.jp/news/73237
「アンジェラ・アキ、ついにメガネを外す」の報にメガネフェチから困惑の声
https://ototoy.jp/news/75006
言いたいことも言えないこんな世の中に、外国人が反町隆史の「POISON」をカバー
http://ototoy.jp/news/73134
バニビ、攻めの新SgでRCサクセションをカヴァー
http://ototoy.jp/news/71630

編集