> News

2012年10月07日00時04分

 
Aureole、初ワンマンでダブル・アンコール。3rdアルバムのリリースとメンバー復帰を祝う
 

6人組の男女混成バンド・Aureoleが、バンド史上初となるワンマン・ライヴを渋谷O-NESTで行い、満員の観客を魅了した。

これは、今年9月にリリースされた彼らの3枚目となるアルバム『Reincarnation』のリリース・パーティで、くも膜下出血で一時バンドを離れていたベースの岡崎竜太の復帰を祝うワンマン・ライヴでもあった。

最初に、術ノ穴所属のラッパー・DOTAMAがシークレット・ゲストとして登場し、即興ラップで会場を温め、Aureoleが登場。『Reincarnation』に収録されている「Spirit Wander Field」で幕をあけた。今回のライヴは、6人のメンバーに加え、トロンボーン、ホルン、トランペットのサポート・メンバーも参加。サウンドに厚みを加えたスペシャル編成でのライヴとなった。

前半は1stアルバム『Nostaldom』、2ndアルバム『Imaginary Truth』の楽曲を織り交ぜながら、しっとり目の楽曲を中心に展開。後半は新作『Reincarnation』を中心に疾走感ある楽曲で客席を湧かせた。アンコールでは、「Satanic Lie」「Windfall」を披露し、観客の身体をこの日一番揺らした。

アンコールが終わっても鳴り止まない拍手に応え、ダブル・アンコールに登場した6人は、1stアルバム収録の「Permanent State」を演奏。最後に森大地と岡崎竜太が抱き合い、岡崎竜太の復帰を会場のお客さんとともにお祝いした。

「僕はkilk recordsというレーベルもやっていて経営のこともあるけれど、これからもいい音楽を作り続けていきます」とMCで森が宣言し、初めてのワンマンを無事成功させた。メンバーが復帰し、初ワンマンを成功させたAureoleのこれからの動きが今から楽しみである。(西澤裕郎)

〈Aureole 『Reincarnation』Release Party〉
2012年10月6日(土)渋谷o-nest
act: Aureole ( with Brass section )
Open / 19:00:Start / 19:30

Aureole HP
http://aureolemusic.net

Aureole『Reincarnation』 インタビュー〈前編〉
http://ototoy.jp/feature/index.php/2012083001

Aureole『Reincarnation』 インタビュー〈後編〉
http://ototoy.jp/feature/index.php/2012091300

関連ニュース

編集