News

2012年08月01日00時00分

 
阿久悠5回目の命日に、石野真子がDOMMUNEでライヴ! やくしまるによるカヴァー配信も開始
 

昭和を代表する作詞家、阿久悠の5回目の命日となる2012年8月1日(水)に、DOMMUNEで追悼企画がおこなわれることが発表された。

この日DOMMUNEで放送されるのは〈人間万葉歌/阿久悠トリビュート・ナイト〉というトーク&ライヴ・ショー。こちらには、女装歌謡ユニット〈星屑スキャット〉のギャランティーク和恵がトークで出演するほか、阿久悠作詞の「狼なんか怖くない」でデビューした石野真子と、「花のように鳥のように」をカヴァーしている前野健太がライヴで出演する。石野真子は、アコースティック・ギターを使ったスペシャル・ライヴを行う予定だという。

また、この日はやくしまるえつこによる阿久悠のトリビュート曲が配信リリースされることも発表された。リリースされる楽曲「きりきり舞い」は、阿久悠作詞・都倉俊一作曲で、山本リンダが1973年にリリースしたシングル曲のカヴァーとなる。近田春夫&ハルヲフォンが1982年にカヴァーしたことでも知られており、やくしまるによるカヴァーは2010年リリースの阿久悠トリビュート『新・人間万葉歌~阿久悠作詞集』に収録されている。また、配信でのリリースにあたり、やくしまるえつこ描き下ろしのイラストがジャケットとして採用されている。配信は、iTunes、みらいストアにて行われる。

やくしまるは、DOMMUNEに直筆のイラスト付き歌詞カードを提供することも予定されている。そちらも併せてチェックしておこう。

DOMMUNE「人間万葉歌/阿久悠トリビュート・ナイト―5年目の命日に怪物作詞家を偲ぶ」
2012年8月1日(水)
19:00~21:00
司会:北沢夏音、他
トークゲスト:ギャランティーク和恵(星屑スキャット)
ライヴゲスト:石野真子、前野健太
※やくしまるえつこ「きりきり舞い」を直筆イラスト付き歌詞カードとあわせてオンエア予定

・DOMMUNE
http://www.dommune.com

関連ニュース