News

注目のニュース一覧はこちら

2012年06月08日02時44分

 
スクーターズ30年ぶりの新譜に橋本淳&筒美京平、志磨遼平、小西康陽ら参加
 

スクーターズが30年ぶりのオリジナル・アルバム『女は何度も勝負する』を7月11日(水)にリリースする。

カリスマ・アートディレクターの信藤三雄がギタリスト兼リーダーを務めていたことで知られるスクーターズは、ロネッツやシュープリームスといったガールズ・グループをひな形に、モータウン・テイストも注ぎ込んだ伝説のバンド。1980年代初頭に1枚のアルバムと1枚の7インチシングルのみを残し、わずか2年の活動で解散している。小西康陽がリスペクトを表明し、1992年には小泉今日子が「東京ディスコナイト」をカヴァーしたことなどで後の世代にも知られるようになった。2003年には初CD化された音源を含むアルバム『スクーターズ/コンプリート・コレクション』が発売され、驚異のロング・セールスを記録している。

スクーターズ「Tokyo Disco Night(single version)」

1982年にリリースされた『娘ごころはスクーターズ』以来のオリジナル・アルバムとなる今作は、橋本淳・筒美京平コンビをはじめ、志磨遼平(ドレスコーズ、ex.毛皮のマリーズ)、小西康陽、宇崎竜童、伊集院幸希らが楽曲を提供している。さらに、2010年に亡くなったキーボードの中西保子が作詞・作曲を手掛け、未レコーディングだった80年代の楽曲「神様お願い」など全10曲が収録される予定だ。

スクーターズ『女は何度も勝負する』収録予定曲
1. Hey girl!
2. かなしいうわさ
3. 神様お願い
4. REMEMBER~あの頃 夢に生きて~
5. スクーターズのテーマ
6. Loveless
7. LOVE+LOVE
8. He Doesn't Love Me(ブレイクアウェイズのカヴァー)
9. Ghost(バナナラマのカヴァー)
10. Love(ナット・キング・コールの日本語カヴァー)

OTOTOY Recommends!
編集