News

2012年04月25日00時38分

 
ジャンクフジヤマ、『ロンバケ』オマージュ・ジャケでメジャー・デビュー
 

山下達郎フォロワーとしてじわじわ名前を広げ、作品をリリースするごとにオリジナリティを確立してきたアーティスト、ジャンクフジヤマ。彼が6月20日にシングル「あの空の向こうがわへ」でメジャー・デビューすることが発表された。

ジャンク フジヤマ「あの空の向こうがわへ」30秒CM

ジャンクフジヤマは、2009年にミニ・アルバム『A color』でデビューを果たしたアーティスト。同作リリース後は、彼のカヴァー・レパートリーである山下達郎「LOVE SPACE」などでドラムを叩いている村上“ポンタ”秀一のサポートを受けて2枚のスタジオ・アルバムと1枚のライヴ・アルバムをリリースしてきた。そんな彼のビクターエンタテインメントからのデビューを前に、全国区のタイアップが2本決まっている。メジャー・デビュー曲「あの空の向こうがわへ」は、東京スカイツリーで起用された東芝製エレベーターのCMとしてオンエア中。次作に収録予定という「EGAO(エガオ)」は、ABC朝日放送の新番組「大同生命presents ヒットの泉~ニッポンの夢ヂカラ!~」のエンディングテーマとしてオンエア中だ。

シングル「あの空の向こうがわへ」のアートワークは、大滝詠一『A LONG VACATION』のジャケット画を手掛けた永井博の描き下ろし作となっている。YouTubeでは、「あの空の向こうがわへ」のPVを一部公開中。また、東芝のサイトでもこの楽曲が使用されたCMの60秒ヴァージョン、30秒ヴァージョンがそれぞれ公開されている。

・ジャンクフジヤマ オフィシャルサイト
http://junkfujiyama.com/

・東芝 エレベーター「東京スカイツリー開業」篇 (TVCM)
http://www.toshiba-adscope.jp/ ?p=5035