News

2023/07/10 12:38

 

松崎しげる、ウマ娘新CMで童謡「おんまはみんな」替え歌を熱唱

 

松崎しげるが童謡「おんまはみんな」の替え歌を熱唱したウマ娘 プリティーダービーの新CM「むすめはみんな」篇がスタートした。

新たなCMの舞台は真夏のビーチ。「むすめは みんな ぱっぱか はしる」の歌詞に合わせて、画面の右から左へ、ランニングをしながらウマ娘たちが次々登場している。

本CMでは真夏のビーチのイメージに合わせて、力強い歌声と日焼け肌で知られる松崎に歌唱をオファーしたところ快諾。夏にぴったりな熱唱っぷりで、CMを盛り上げている。

ウマ娘 プリティーダービーは、初となるアリーナツアーが7月15日(土)ぴあアリーナMMからスタート。ゲームも8月24日に2.5周年を迎えるほか、TVアニメ第3期の放送も決定している。

CM

URL:https://youtu.be/ZICNlZOYUGE

松崎しげる、レコーディングの様子とインタビュー
収録は都内某所で行われました。スタジオ入りするなり、即マイク前でウォーミングアップを始める松崎さん。早速テストで歌っていただくと、そのエネルギッシュな歌声がブースを包み、瞬く間に松崎さんのライブ会場のような熱気あふれる空気に。見守っていたスタッフたちからも、思わず感嘆と笑みがこぼれます。そのままレコーディングは順調に進み、松崎さんからもどんどんアイデアをいただき、終始和やかな雰囲気で収録は終わりました。

――収録を終えられていかがでしたか?

楽しかったです! 「ウマ娘」は以前から知っていて、ずっと見ていました。なのでまさか自分の声が使われるとは思ってもいなかったですね(笑)。すごくうれしいです。

――「ウマ娘」はご存じだったんですね。

そうですね。CMでも見かけますし。あと、「ヤングジャンプ」で連載している漫画(※『ウマ娘 シンデレラグレイ』)も読んでいます! かわいいな、おもしろいなと思って見ていますよ。

――今回は童謡の替え歌ということでしたが、歌唱されてみていかがでしたか?

童謡は、みんなが口ずさめるキャッチーなメロディがいいですよね。すっと頭に入っていくような感じで。CMを見て覚えてくれたらうれしいです。

――『ウマ娘』は競走馬をモチーフにしたゲームなのですが、松崎さんの競馬のエピソードなどあれば教えていただけないでしょうか。

私はよく国家独唱をさせていただくんですが、一度日本ダービーの時にも歌わせていただいたことがありまして。その時のシーンとした中で、皆さんの息遣いがウェーブに聞こえてくるような、独特の空気がものすごく感動的で、よく覚えていますね。当時16万人ほどいらっしゃったとうかがったのですが、そんな大勢の皆さんの前でたった1人で歌わせていただけるというのは、歌い手冥利に尽きるなと思います。そして、そこからファンファーレが響いてレースが始まっていくというワクワクドキドキ感もいいですよね。当時、ルメール騎手ともお会いしたんですよ。

――そうだったんですね。どんなお話をされたんですか?

私はその時「愛のボラーレ」という曲を歌っていたんですが、もともとこの楽曲を歌っていたジプシー・キングスが、ルメールさんの母国と同じフランスのアーティストなんです。彼にとっては小さいころのヒット曲なので、「なぜ今この曲を」なんていうお話をしましたね。最初私の方から写真を撮らせていただこうと思っていたんですが、ルメールさんの方から一緒に撮りましょう!と言われました。

――「夏」がテーマのCMなのですが、今年の夏は何に挑戦したいですか?

いろいろ挑戦したいと思っているんですが、一つ可能性があるかもと思っているのが、ゴルフの「エージシュート」ですね。自分の年齢以下のスコアで回ることをいうんですが、私は今年73歳で、20年ぐらい前に71のスコアを出したことがあるんですよ。なので、非常に難しいと思いますが、もし目標として掲げるならこれかなと。あとは、「ウマ娘」たちはレースの勝利を目指しますけど、芸能界も私にとってはレースをやっているようなものなので、現役で走り続けていたいなと思っています。デビューから50年以上経ちますが、年なんて関係ないですし。これはずっと持っている気持ちですね。これからも、誰よりも高く、誰よりもシャウトしていきたいと思います!(笑)。

――「夏」といえば日焼けの季節でもありますが、松崎さんはご自宅に日焼けマシーンもあるとうかがいました。普段はどのように日焼けをされているのでしょうか……?

私は80%ぐらい自然光で焼いているので、太陽があれば自宅の屋上で焼いたりしますね。ただ、太陽光が弱くなる10月から2月ぐらいは日焼けマシーンで補充する感じです。

――そういう使い分けをされているんですね!

やっぱり、黒=松崎しげるというイメージがありますから、企業努力のようなものです(笑)。僕が生まれた昭和24年は、子供は外に出て日焼けして、どろんこになって帰って来いといったような時代だったんです。なので褐色の健康美と言いますか。医学的にはどうなのかわかりませんが、僕なりの健康法ですね。光を浴びていないとしっかり歌えないというか(笑)。

――最後に、ファンの皆様にメッセージをいただけますでしょうか。

ウマ娘も走り続けていますし、私も先ほど言ったようにずっと現役で走り続けなきゃと思っています。ウマ娘のかわいらしく走る姿と、私が高齢でも必死になって走る姿を、皆さんに焼き付けていただきたいなと思っています。よろしくお願いします!

インフォメーション
ウマ娘 プリティーダービー
HP:https://umamusume.jp/
Twitter:https://twitter.com/uma_musu

松崎しげる
Twitter:https://twitter.com/shigeru_mats

Photo Gallery

[ニュース] 松崎しげる

あわせて読みたい


TOP