News

2022年10月31日00時00分

 
【オフィシャルレポ】ブルーノ・マーズ来日公演 世界最高峰のエンターテイメントに約21万人が熱狂
 

ブルーノ・マーズが史上最大となる来日公演を京セラドーム大阪と東京ドームにて合計5日間行った。

さいたまスーパーアリーナにて4日間ソールドアウトを記録した前回の来日から約4年振りとなった今回の来日公演は、「緊急来日」として9月に発表され直後に完売。急遽発売された見切れ席の当日券も即完売し、約21万人の動員を記録。スーパースターとしての貫禄を見せつけたブルーノ・マーズによる今回のジャパン・ツアー最終日、10月30日(東京ドーム)のレポートをお届けする。

【以下、オフィシャルライヴレポート】

この日は日曜日ということで、朝からブルーノ・マーズのファンと思われるカラフルでおしゃれな人たちが東京ドームにつめかけた。グッズ販売列はお昼頃には長蛇の列に。日本語で「ジャパン・ライブ」と書かれた日本のファンへのおもてなしの会場限定Tシャツもライブ前から多くの人が身に着け、フェスティバル会場さながらの盛り上がりを見せる。

会場がオープンすると東京ドーム内では、Earth, Wind & FireやIsaac Hayes、Al Green、Sly & the Family Stoneといった、往年のファンク、R&B、ソウルが、ステージに大きく施された「24K Magic」ロゴのスクリーンと共にファンをお出迎え。

定刻を過ぎ会場が暗転、幕が降りると日本のオーディエンスの前にバックバンドのザ・フーリガンズを従えたブルーノ・マーズが登場!オープニングを飾るはセカンド・アルバム『Unorthodox Jukebox』からの「Moonshine」だ。巨大なLEDスクリーンと赤いレーザーが会場を包み、グルーヴ溢れるサウンドと、「Take us to the stars tonight / 今夜は星まで連れて行ってくれ」とサビで歌うこの楽曲で、ドームに集まったファンを一気にブルーノの世界へと連れて行く。

「トキオー!!」 ブルーノが叫ぶと、ザ・フーリガンズのコーラス&盛り上げ隊長のフィルが「トーキョードーム!」と煽る。ブルーノとフィルの息の合った掛け合いは相変わらず健在だ。「さぁ本当のパーティーが始まるぞ!」とブルーノが言い、ソロとしての最新作『24K Magic』からのタイトル曲「24K Magic」がスタート。グラミー賞「レコード・オブ・ザ・イヤー」を受賞したこの楽曲で盛り上がりは倍増、サビでは惜しみなく特攻が鳴り響く。

「コンニチハ!トーキョー!!日曜の夜に東京ドームに来てくれてありがとう!今夜は最終日だから、これまでの公演よりも一番盛り上がるよね?!みんなで一緒に踊って楽しんで最高のパーティーにしよう!」

日本語も交えてMCをすると90年代R&Bのヴァイブが漂う「Finesse」に。会場に「手を挙げて!」と伝え、ブルーノ、ザ・フーリガンズ、そしてファンが1つになる。ダンス・パートではHouse of Painの「Jump Around」をマッシュアップ。曲の1つ1つに施されたアレンジもライブならではだ。

「Treasure」ではホーン隊が大活躍。サビではステージのみんなが同じダンスを披露し盛り上がる。Travie McCoyと歌った2010年発表の「Billionaire」ではLEDスクリーンに赤、黄、緑のラスタカラーが映し出され、ブルーノはギターを手に爽やかに歌い上げる。続く「Chunky」からの「That’s What I Like」では、「トーキョー!見本を見せてあげるから一緒に踊ろう!セクシーにね!」と呼びかけ、会場はさながらダンスフロアのような雰囲気に。この流れでGucci ManeとKodak Blackと共演した「Wake Up In The Sky」〜「Please Me」をメドレーで披露。哀愁漂うギター・ソロで会場をよりムーディーに引き立てる。

雰囲気が一変するとステージには一人ブルーノのシルエットが現れ「Versace On the Floor」を熱唱。ザ・フーリガンズも加わりゴージャスかつドラマティックなサウンドに会場は酔いしれる。

曲が終わり、「今夜はどんどんよくなっていくね!きっとベストな夜になるよ!」と話すと、ブルーノはギターを手に「君を とても 愛してる」と日本語で歌うサプライズが!このフレーズだけのシンプルで短い曲だが心打つメロディラインで会場の心をわしづかみにすると、そのまま軽快なリズムで「Marry You」へ。ひたすら楽しく、そして賑やかに歌う。ドラムソロを挟み、ロックなナンバー「Runaway Baby」に突入。疾走感がたまらないこの楽曲では、間奏のパートでマイケル・ジャクソンを彷彿とさせるダンスを披露。終盤ではゴールド・カラーの拡声器でまくしたてる。

歌い終えると、MCでは「ありがとう!」と何度も感謝を述べるブルーノ。汗をぬぐいピアノに座ると、「僕が歌う曲が分かるかな?」とゲームのように次々とワンコーラスずつヒット曲を披露。ブルーノも制作に参加したCeeLo Greenの「F**k You」やフィーチャリングで参加したSnoop Dogg & Wiz Khalifaの「Young Wild and Free」、さらに日本語で「上を向いて歩こう」を熱唱。また「Count on Me」もこの日だけのパフォーマンス!このコーナーの最後はアンダーソン・パークとユニットを組みグラミー賞をはじめ2021年に音楽シーンを席巻したSilk Sonicの「Leave the Door Open」で締めくくった。なお、このコーナー内でツアー初日は「かわいい!?」と日本語でおどけてみたブルーノ。東京2日目にはこの「かわいい」に加えて「恥ずかしい!」という日本語も披露すると、最終日の今夜は「キュンです!」というトレンドワードを放ち会場を沸かせてみせた(ちなみに東京公演初日には嵐に楽曲提供した「Whenever You Call」を歌うシーンも)。

メドレー・コーナーを終えると「まだまだ歌うよ!」とセカンド・アルバム『Unorthodox Jukebox』から「When I Was Your Man」へ。その後、読売ジャイアンツの野球ユニフォームを纏って登場すると(背番号は1,名前のところには「KAWAII」と刺繍が!)、ファースト・アルバム『Doo-Wops & Hooligans』収録曲「Grenade」に突入。しっとりしたバラードから緊迫感のある張り詰めたサウンドで楽曲の幅の広さを見せつける。「Locked Out of Heaven」では再び会場はダンスフロアに。サビに入るとゴールドの紙吹雪が大量に会場を舞う。そしていよいよ本編のラスト。ブルーノは「この歌の一語一句をみんなに贈るよ」と言い大ヒット曲「Just the Way You Are」を披露。ザ・フーリガンズと円陣を組んで何度もサビを歌い、ステージを上手下手と行き来しながら何度も何度も日本のファンに笑顔を届けるブルーノ。「今夜は本当にありがとう!世界でお気に入りの国の一つである日本に来れてうれしいよ!次来た時はもっと日本語上手になって戻ってくるね!」と話すと、最後はザ・フーリガンズのメンバーを紹介してステージを後にした。

会場は暗くなり、割れんばかりの拍手の中、「トーキョー!!もう一曲聴きたいかー?!」と再びステージに姿を現すと、いよいよこのツアー最後の楽曲となる、Mark Ronsonと歌った「Uptown Funk」をパフォーマンス!ステージから炎のパイロがあがり、さらに消防士に扮したダンサーがスモークをまくという演出も。最後の最後まで圧倒的なエンターテイメントで日本のファンも狂喜乱舞の盛り上がりの中、約21万人を動員した5日間に及ぶジャパン・ツアーの幕が閉じた。

ライヴ情報
〈ブルーノ・マーズ ジャパンツアー〉
2022年10月30日 東京ドーム公演セットリスト
1. Moonshine
2. 24K Magic
3. Finesse
4. Treasure
5. Perm
6. Billionaire - Travie McCoy (feat. Bruno Mars)
7. Chunky
8. That’s What I Like
9. Wake Up in the Sky – Gucci Mane, Bruno Mars & Kodak Black 〜 Please Me - Cardi B & Bruno Mars(メドレー)
10. Versace On the Floor
11. Marry You
12. Runaway baby
13. F**k You – CeeLo Green 〜 Young Wild and Free – Snoop Dogg & Wiz Khalifa (feat. Bruno Mars) 〜 上を向いて歩こう 〜 Count on Me 〜 Talking to the Moon 〜 Leave the Door Open – Bruno Mars, Anderson .Paak, & Silk Sonic(メドレー)
14. When I Was Your Man
15. Grenade
16. Locked Out of Heaven
17. Just the Way You Are
<アンコール>
18. Uptown Funk – Mark Ronson (feat. Bruno Mars)

Photo Gallery

あわせて読みたい


TOP