News

2021年12月16日12時00分

 
坂本龍一、米ヴァージン・レコード契約第一弾AL『BEAUTY』初デジタル配信決定
 

1989年に発表された坂本龍一の米ヴァージン・レコード契約第一弾のアルバム『BEAUTY』が最新リマスタリングされ12/17に初の全世界配信されることが明らかとなり、CD盤は初の紙ジャケ化で12/22に発売されることがわかった。

満を持して“24-96 Mastering”のロビン・シュミットによるリマスタリングで登場する『BEAUTY』。

本作はブライアン・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)や、ロビー・ロバートソン(元ザ・バンド)、ロバート・ワイアット(元ソフト・マシーン)、ユッスー・ンドゥール、アート・リンゼイ他、多彩なゲストを迎えた作品で収録曲は海外盤と日本盤とで異なっており、今回は本人の意向により日本盤の選曲を採用となった。

沖縄民謡や、ザ・ローリング・ストーンズ「ウィ・ラヴ・ユー」など収録の約半分がカヴァー曲でジャケット写真はアルバート・ワトソンの担当。前作『NEO GEO』の世界観を拡大した坂本流ワールド・ミュージックを改めて堪能してみては。

商品情報

坂本龍一『BEAUTY』

<収録曲目>
コーリング・フロム・トーキョー
ローズ
安里屋ユンタ
フュティーク
アモーレ
ウィ・ラヴ・ユー
ジャバラム
ア・パイル・オブ・タイム
ロマンス
ちんさぐの花
アダージオ
<CD>
12月22日(水)発売
UICW-10029/定価:3,300円(税込)
・初紙ジャケ化
・解説(若林恵<編集者・黒鳥社コンテンツ・ディレクター>)/歌詞付
・2021年最新リマスタリング
・SHM-CD

<デジタル配信>
12月17日(金)配信

・坂本龍一 レーベル公式HP:https://www.universal-music.co.jp/sakamoto-ryuichi/

あわせて読みたい


TOP