News

2021年10月25日00時00分

 
アイナ・ジ・エンド × 蒲鉾本舗髙政『ONAGAWACK 海の子プロジェクト』を実施
 

株式会社WACKと宮城県の水産加工業 株式会社高政が『ONAGAWACK 海の子プロジェクト』を実施。

蒲鉾本舗高政新 CM の楽曲「われは海の子」(歌:アイナ・ジ・エンド)を各種プラットフォームで配信を行い、その収益の全額を認定 NPO 法人カタリバが運営するコラボ・スクール女川向学館に寄付することが発表された。

子どもたちに「震災があったから夢をあきらめました」と言わせたくない、そんな想いで作られた放課後学校・女川向学館。運営は寄付によって支えられてきたものの、震災から 10 年が経過すると、その意義や彼らの声が届きにくい状況となっている。

『ONAGAWACK 海の子プロジェクト』では、今冬から リニューアルする蒲鉾本舗高政のCMで、「われは海の子」を全世代的に大変歌声の評価が高いBiSHのアイナ・ジ・エンドが歌唱。楽曲配信の各種プラットフォームにて 3 番までのフルコーラスVer.が配信リリースされ、その収益の全額が女川の子どもたちのために寄付される。配信期間は10 月 25 日(月)~ 6 か月間となっている。

■アイナ・ジ・エンド コメント
この 10 年の女川との繋がりを考えると本当は WACK のメンバー全員で歌うべきと思っ
ていますが、今回代表として恥ずかしくない歌にしたいです。女川の皆さんから私自身が救
われていっぱい勇気づけていただいています。女川の子どもたちは「希望のかたまり」です。
喜んでもらえたら本当に嬉しいです。

■認定 NPO 法人カタリバ コラボ・スクール 女川向学館 コメント
この 10 年、全国の方の応援により運営を続けることができました。今回、蒲鉾本舗高政
さんのご厚意で、アイナ・ジ・エンドさんの歌声を通じて、女川の子どもたちの未来を応
援してくださる方がさらに増えること、とても嬉しく思います。

『ONAGAWACK 海の子プロジェクト』
参画事業者 : 株式会社 WACK、株式会社高政
協力事業者 : エイベックス・エンタテインメント株式会社
内容 : アイナ・ジ・エンド(BiSH)が歌う『われは海の子』フルコーラスを各種プラットフォームにて有料配信し収益の全額を女川の子どもたちに役立てる
配信期間 : 10 月 25 日(月)~ 6 か月間
寄付先 : 認定 NPO 法人カタリバ コラボ・スクール女川向学館

あわせて読みたい


TOP