News

2021年04月27日18時00分

 
坂東祐大による『大豆田とわ子と三人の元夫』音楽集6/9発売
 

坂東祐大による、人気ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の音楽集が発売されることが決まった。

ドラマ放送後に音楽ファンを驚かせた挿入歌「All The Same」は、脚本家・坂元裕二による書き下ろしの詞を英詞にし、現代ジャズシーンで活躍するグラミー賞ノミネート歌手グレッチェン・パーラト(Vo)が歌い、NYで活躍するBIGYUKI(Key)も参加し話題になっている。

また、ソロ活動の他、METAFIVEやKIMONOSとしても活動中のLEO今井(Vo)、本人出演のCMでも話題のマイカ・ルブテ(Vo)による挿入歌も収録。日本のジャズ界から須川崇志(Ba)・林正樹(Pf)・石若駿(Dr)のBanksia Trio、クラシック界から鈴木大介(Gt)、そしてオーケストラは上野耕平(Sax)も所属している坂東主宰のEnsemble FOVEが参加。

また、収録されているメインテーマの一部は、STUTSプロデュースの話題の主題歌にもサンプリングされている。

今回のリリースにあたり作曲家の坂東祐大と番組プロデューサーの佐野亜裕美の両氏からコメントが到着している。

坂東祐大
坂元裕二さんの脚本から多くのインスピレーションをいただき、プロデューサーの佐野亜裕美さんとのクリエイティブで楽しい打ち合わせを重ねた結果、自分でも予想外の刺激的な音楽が次々に生まれました。
お馴染みのEnsemble FOVEはもちろん、グレッチェン・パーラト、BIGYUKI、マイカ・ルブテ、LEO今井、Banksia Trioをはじめとした素晴らしいミュージシャンの方々に参加していただき、大変豪華な音楽集になりました。
音楽を通し、皆さんにとわ子の日常を追体験していただけたら嬉しいです。

佐野亜裕美
今回、坂東さんにドラマの音楽をお願いすることになり、通常のドラマ作りでは考えられない、綿密で濃密でとても刺激的な打ち合わせを重ねました。
曲の断片ができてくるたびに脚本の坂元さんと小躍りしたり涙したりし、この音楽がかかるシーンを素晴らしいものにしたいという気持ちが制作の糧になっていました。
劇伴という枠組みを超えて、本当に素晴らしい曲がこれでもかというほどできあがり、幸せな気持ちでいっぱいです。
どうかこの曲が多くの皆様のもとに届きますように。

【リリース情報】

2021年6月9日(水)リリース
坂東祐大「Towako’s Diary – from “大豆田とわ子と三人の元夫”」
COCQ-85525
定価¥3,300

収録情報
・#まめ夫 序曲 〜「大豆田とわ子と三人の元夫」 *メインテーマ
(作曲:坂東祐大)
・Ils parlent de moi feat. マイカ・ルブテ
 (作曲:坂東祐大 原詞:坂元裕二 仏詞:マイカ・ルブテ)
・Attachments feat. LEO今井
 (作曲:坂東祐大 作詞:LEO今井)
・All The Same feat. グレッチェン・パーラト, BIGYUKI
 (作曲:坂東祐大 原詞:坂元裕二 英詞:LEO今井)
 ほか全27曲予定

◆参加アーティスト
グレッチェン・パーラト、LEO今井、マイカ・ルブテ
Banksia Trio(須川崇志・林正樹・石若駿)
BIGYUKI
鈴木大介、上野耕平、Ensemble FOVE ほか

◆商品HP
日本コロムビア
https://columbia.jp/mameo/

【坂東祐大インフォメーション】

HP
https://www.yutabandoh.com/
Twitter
https://twitter.com/YutaBandoh?s=20




あわせて読みたい


TOP