News

2021年04月07日18時00分

 
【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第62回
 

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 新学期!新社会人、学生の皆さん、おめでとうございます。

今週のお題「花」

テーマは花。まずは今の時期、桜でしょう!といいつつもう散り始めているのかな。毎年地元の桜スポットに行ってたけど、去年に引き続き今年も通りがかりにチラ見するだけにしました。そういえばしっかりしたお花見もしばらくやってない。でもあれって花見と称して飲みたいだけだよね(笑)。

確かに楽しいけどハメを外しすぎたらかっこ悪いぞ大人たち。ということで節度を保って、ピースフルなピクニック的なことも良いかも。混み合ってない時にね。

ちなみに私の一番好きな花は芍薬、英語名はPeony。5月中旬から綺麗に咲いてくれます。大好きなドラマGossip girlでブレアの好きな花も芍薬だったのだけど、プロポーズやウエディングのシーンで芍薬が度々登場して物凄く綺麗だった。いつかブレアみたいに部屋いっぱいの芍薬に囲まれるのが憧れ!凄く良い香りがしそうだ。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」ということわざも、心に留めていたい。

そして英語にはWall Flowerという言葉がある。意味は文字の通り、壁の花。アメリカやカナダのプロムなんかのパーティで、ダンスの相手がいなかったりしてダンスフロアではなく横の階段みたいになってるブリーチャーズ(野球場の外野席とかグラウンド横の座席みたいなやつ)に座ってたり、壁に面して座ってたりする子たち、映画でよく見ませんか?一見ダンスフロアにいる子達が美しい花の様に見えても、皆それぞれ違う魅力を持った花じゃないか。だからそんな彼女・彼らをwall flowerというのです。

Homecomingの歌詞を書いたとき、どうしても曲中にwall flowerを入れたかったけど上手く語呂が合わなくて(笑)。 物事の中心にいなくても、私たちの美しさがあるのだ、と思うわけなんです。

そういえばブリーチャーズで思い出したけど、テイラー・スウィフトの曲に「あの子はチア・キャプテン、でも私は観客席に座ってる」って歌詞がある。ザ・アメリカンなMV、高校生の頃何回も見た。

脱線したけど、とにかくウチら一人ひとり違う花だから、胸張ってこ!というわけでした(急なギャル人格)。

今週の一曲 テイラー・スウィフト「You Belong With Me」

違う曲を選んでたんだけど、先程話に出たので今回はこれにします。2008年リリースだそう、そんな前なのか!今でもテイラーはよく聞くアーティストの一人。

“You're on the phone with your girlfriend, she's upset
She's going off about something that you said
'Cause she doesn't get your humor like I do”

-“あなたはガールフレンドと電話中 彼女怒ってるみたいね
あなたが言ったことが気に食わなかったのね
だってあの子にはあなたのユーモアが分からない 私には分かるけど”

“I'm in my room, it's a typical Tuesday night
I'm listening to the kind of music she doesn't like
And she'll never know your story like I do”

-“私は自分の部屋で ありきたりな火曜の夜
あの子は絶対聴かないような音楽を聞いてるの
彼女にはあなたの話なんて理解出来ないわ 私には分かっちゃうのに”

“But she wears short skirts, I wear T-shirts
She's Cheer Captain and I'm on the bleachers
Dreaming about the day when you wake up and find
That what you're looking for has been here the whole time”

-“でもね あの子はミニスカート 私はTシャツ
彼女はチア・キャプテンで 私は観客席にいる
夢見てるのよ あなたの目がいつか覚めて
あなたの探してたものがずっとここにあったって気づいてくれること”

これね、歌詞だけ読むと少しストーカーっぽくなってしまうんだけど(笑)。MVでは家が隣同士で、部屋から彼の部屋が見えるんだよね。派手じゃない主人公だけど、実は部屋で歌って踊ってはっちゃけてたりする。彼女から彼が見えるように、彼も彼女を見ている。ドラマじゃん!漫画の世界じゃん!キュン死(死語)。

“If you could see that I'm the one who understands you
Been here all along, so why can't you see?
You belong with me, you belong with me”

-“あなたを理解できるのは私だって気付いたらいいのに
ずっとここにいるのに、なんで見えないの?
あなたは私といるべきだよ
あなたといるべき人は私なの”

きっと幼馴染とかだと思うんだけど、古着を着た彼と歩いたり、ベンチに座って話をしたり同じ音楽を聞いた事を思い出しながら、私はここにいるじゃん!気づいてよって気持ちを歌った曲。そして最後はプロムのシーンで終わるんだ。曲はもちろん、ストーリーのあるMVオタクなのでこういう「いかにも!」なの大好き。私もいつかそういうMV作ってみたいです、好きな要素だけ詰め込んだやつ(笑)。

というわけで、今週はここまで!最後まで読んでくれてありがとう。また次回をお楽しみに!(次回は4月21日に掲載)

ライヴ情報
ゲスト・ヴォーカルとしてライヴ出演決定!
〈東京イチゲキNITE 2021〉
2021年4月30日(金)Loft X Koenji
OPEN 18:30 / START:19:00
出演:
HIDEKI&HARDPUNCHERS
MMS R&R ENGINEERING
Let's Go MAKOTOØ'S ※ゲストVo:中村義人(横道坊主)、岡田ヨシアキ(THE MINKS)、AKIRA(from Luv-Enders)
DJ:渡邊灰二(THE VANILA)
<有観客>
前売¥3,000 / 当日¥3,500(別途ドリンク代¥600)
※入場人数限定50名様、定員になり次第終了とさせていただきます。
※国からの要請次第では、公演中止となる可能性がございます。その場合は配信のみとなります。
チケット予約 makotoos-2021@pieces-inc.co.jp
「日程/会場」「お名前」「希望枚数」を記入してください。
<配信>
視聴チケット ¥2,000
https://twitcasting.tv/loftx1/shopcart/64255
企画制作:株式会社ピーシーズ

リリース情報
AKIRA with THE ROCKSVILLE
「恋のヴァレンタインビート」
1. 恋のヴァレンタインビート (VALENTINE’S BEAT IN L.U.V)
2. HEY TONIGHT
販売価格:¥510 (ハイレゾ¥880) 
OTOTOYから配信中
ロスレス配信
https://ototoy.jp/_/default/p/695424
ハイレゾ配信
https://ototoy.jp/_/default/p/695425

〈ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME 連載50回記念スペシャル配信~in AKIRA-CHANNEL~〉
アーカイブはこちらから


★ラヴェンダーズ最新情報はこちら
・AKIRA YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCMWL3fhhq0y56YZhMWBg3nw
・ラヴェンダーズAKIRA Twitter
https://twitter.com/akira_luvenders
・ラヴェンダーズ facebook
https://www.facebook.com/luvenders/

★【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME アーカイブ
http://u0u1.net/QdD6

あわせて読みたい