News

2021年03月02日18時00分

 
のん復興応援コンサート開催、あまちゃんファミリーの尾美としのり & 片桐はいりも参加
 

のんが〈NON OUCHI DE MIRU LIVE(#のんおうちで観るライブ)〉を2月27日、東京にて無観客で開催。ライブの模様は5台のカメラで中継され生配信が行われた。

今回の「おうちで観るライブ」は、"東日本震災復興10年 復興応援コンサート「がんばろう東北」"と銘打たれ、岩手県釜石市と東京との二元中継。17時になると画面は釜石TETTOのステージが映し出される。賑やかな笛と鉦と太鼓のお囃子と掛け声に合わせ、2頭の虎が舞台を勇壮に舞い踊る。虎舞は、頭が獅子ではなく虎を使った舞い踊りで、釜石市の無形文化財に指定される三陸地方の伝統芸能。錦町青年会の面々によるお囃子の演奏と虎舞の演舞で"復興応援コンサート「がんばろう東北」おうちで観るライブ"が幕を開けた。

続いて画面が東京会場に切り替わる。ステージは岩手の作家宮沢賢治の銀河鉄道の夜をイメージした舞台美術が印象的だ。そして、大友 良英率いるバンドによる「あまちゃん オープニングテーマ」の演奏が始まった。この曲は岩手県北三陸と東京を舞台にしたドラマ「あまちゃん(2013年放送)」のテーマ曲で、まさに、この日のライブのオープニングに相応しいナンバー。演奏が終わるとステージにのんが登場し、ライブの開会を宣言。バンド・メンバーの白のブラウスに蝶ネクタイ、サスペンダーのコスチュームに合わせ、のんの衣装も同系統。ブラウスはパフスリーブのトップスにつけ襟、黒のパンツ、耳元には大きなパールのイヤリング。のんが大友やSachiko Mと出会ったのは震災から2年経った夏。大友がしみじみと『あれから、 のんちゃん大きくなったよね』と話しかけると『はい!猫背が治って、2cm背が伸びました!』と仰天告白。これには配信画面のコメント欄も大爆笑。続いて大友バンドの被災地でのライブや、のんが三陸地方を訪れた写真を映しながら、ひとしきり東北の思い出トークに花が咲く。

のんが『みんなで東北に笑顔を届けたい気持ちは満々です!復興に向けて、みんなで応援できるような明るいライブを今日はやります!』と告げ、「ショーがはじまる!」、「トキメキ」の2曲を歌う。いずれも昨年末、のんとも。Mでリリースしたアルバム「ショーがはじまるョ!」に収められた楽曲だ。「ショーがはじまる!」は昭和のTV番組「シャボン玉ホリデー」をイメージして、ステイホーム期間に書かれた曲。曲間にクレイジーキャッツの谷啓の「ガチョ〜ン!」を入れたのは大友の提案。大友は「ガチョーン」を楽曲の中でずっと言いたくて、この曲で夢が叶ったそう。歌謡ショウのような賑やかで楽しい曲だ。

続いての曲はクレイジーキャッツ繋がりで、ハナ肇とクレージーキャッツが1963年に発表した「ハッスルホイ」。のん、たってのリクエストで新アルバムに収められた怪曲。のんが両腕両脚を左右に動かす"ハッスルダンス"を交えながら「ハッスルホイ、ハッスルホイ」と熱唱。中盤、『ここでスペシャル・ゲストです!』と呼び込まれた尾美としのりが『ガチョ〜ン!』と叫びながら登場。のんの横に立って"ハッスルダンス"交えての大奮闘。♪なんだか知らぬが天下とった気分だよ!と高らかに歌う。尾美はかつてドラマでのんの父親役・黒川正宗を演じたこともあり、コメント欄は『正宗パパ〜!素敵!最高!』と大興奮。尾美は仕事前に必ずこの曲を聴きながら現場に行くそうで、初めてのライブ歌唱に『気持ちいいいです!でも緊張して、震えはとまりませんけど(笑)』と感無量。クレージーキャッツの名フレーズ『お呼びでない、 お呼びでないね。こりゃまた失礼しました~』と残して、尾美としのりはちょっと恥ずかしそうにステージを降りた。

「lalala にちようび」も新アルバム収録曲。サビの♪lalalaでは、ファンがリモートでコーラスに参加した。レコーディングもこの日のメンバーでリモートで行われ、実際に揃って生で演奏したのはこれが初めてだそう。「おうちで観るライブ」はのんとギタリスト・ひぐちけい(おうちで観るライブレギュラー)のふたりにゲストを交えて昨年5月から始めたトーク&ライブ配信イベント。通算8回目にして初めてのフル・バンドでのライブが実現。のん、ひぐちけい、大友 良英、Sachiko M、江藤 直子 (Key)、近藤 達郎 (Key)、かわい しのぶ (B)、itoken (Dr)の8人編成で奏でるサウンドは重厚でゴージャス感満載。

のんから『ここで もう1人のスペシャルゲスト。我らがまめぶ大使です!』と呼び込まれ、マイク・スタンドを肩に抱えて登場したのは片桐はいり。ドラマ「あまちゃん」では、のんの海女仲間、あんべちゃん(安部小百合)役を演じた。久慈の郷土料理・まめぶ汁を広める"まめぶ大使"でもある。片桐は現在も務める"まめぶ大使"の名刺をかざしながら、劇中の人気セリフ『そばですか?うどんですか?まめぶですか?』を披露すると、『生で聴けた!あんべちゃ〜ん!』とコメント欄も大喜び。片桐はいりが参加して歌うのはフォー・シーズンズが1962年8月にリリースした全米No.1ヒット曲の「Sherry」。のんと片桐が交互に歌い、中盤には大友やSachiko Mがコーラスに加わり美しいハーモニーを聴かせる。イントロと間奏で奏でられる近藤 達郎のブルース・ハープに合わせ、のんと片桐は軽やかなステップを踏む。懐かしい面々との共演に片桐は『あ〜また久慈に行きたいね』と話すと、大友も『早くみんなで行けるようになりたいね』と続ける。

ここで画面は釜石会場に切り替わる。ステージには釜石高校の生徒や市民の有志のみなさんがソーシャル・ディスタンスを取って集結。歌われるのは、のんが東北の人々に想いを寄せて書き下ろしたオリジナル曲「この街は」。まず、のんが1番の歌詞を歌い、次に釜石に画面が切り替わる。再びフルコーラスで、釜石市のみなさんの合唱。530km離れた東京会場からの演奏に合わせ、釜石とのリモート共演だ。『復興祈念にふさわしい!/泣きそー!/歌い繋げ!神コラボ』と素晴らしさを称えるコメントが続々と寄せられる。 

画面は再び東京会場となり、ステージにはゲストの片桐はいり、尾美としのりが再登場。「この街は」を振り返って、片桐は『のんさんっぽい歌詞だよね!(あまちゃん撮影中は)あのポテト・チップスばっかり食べてた子が、こんな曲を書くようになった!』と、我が子の成長を振り返るように目を細める。尾美は『身体がきれいになるような曲!』と称え、撮影の合間では、ひとりでどこかの部屋に籠もっていた、のんのエピソードを披露。のんによると、撮影中は緊張しまくって、カットが入ると衣装部屋に籠もって身を潜めていたという、まさに「わたしは部屋充(のんの曲タイトル)」していたことを告白。3人でドラマ撮影時の思い出話しで盛り上がると『あまちゃん同窓会会場になってる!』とコメント欄も湧いた。

そして『コロナが終わって、早く岩手に行けるようになりたいですね。みなさんにゲンキをお届けしたい!聴いてください』とラストの「明日があるさ」を紹介。出演者がそれぞれ歌い分け、最後は全員での合唱で締め、のんにとっての「第2の故郷」ともいうべき岩手にエールを送った。

“東日本大震災復興10年復興応援コンサート「がんばろう東北」のんおうちで観るライブ”の模様は3月11日(木)23時59分までアーカイブ視聴が出来る。チケットは3月11日(木)18時00分まで販売。視聴の詳細は下段参照。

<のんおうちで観るライヴvol.7/セットリスト>
2021年2月27日(土) 17:00@東京/釜石TETTO
01.虎舞/釡石・錦町青年会の演舞
02.あまちゃん オープニングテーマ
03.ショーがはじまる!
04.トキメキ
05.ハッスルホイ with 尾美としのり
06.lalala にちようび
07.Sherry with 片桐はいり
08.この街は ※釡石会場とのコラボ
09.明日があるさ with 尾美としのり、片桐はいり

・出演アーティスト
のん
ひぐちけい

・ゲストアーティスト
大友 良英/Sachiko M
江藤 直子 (Key)/近藤 達郎 (Key)/かわい しのぶ (B)/itoken (Dr)

・スペシャルゲスト
片桐はいり/尾美としのり
岩手県釜石市・有志のみなさん、錦町青年会のみなさん

視聴チケット価格(税込):1,500円
チケット販売期間:2021年3月11日(木)23:59まで
アーカイブ視聴期間:2021年3月11日(木)18:00まで
配信チケット申し込みURL
https://w.pia.jp/t/non-pls/
※アーカイブ視聴はコメントの書き込みが出来ません。

・のんオフィシャルサイト
https://nondesu.jp/