Heavenly Recordings / PIAS / Hostess

Jellies
High Resolution

Jellies

Rock

77:78

UKインディロック・バンド、ザ・ビーズのメンバー、アーロン・フレッチャーとティム・パーキンによる新プロジェクト、77:78(※セヴンティセヴン・セヴンティエイト)。2018年7月にUKの名門レーベル<Heavenly Recordings>より彼らのデビュー・アルバム『ジェリーズ』がリリースされる。今作に収録されているシングル曲「Love Said (Let's Go)」は、7インチの限定盤として既にリリースされており、2日で完売するなどデビュー前から驚異的な人気を誇っている彼ら。今作は、ビーチ・ボーイズをはじめ、キング・タビーやシド・バレットなど幅広いジャンルのアーティストからの影響を受けているという。

Jellies
Lossless

Jellies

Rock

77:78

UKインディロック・バンド、ザ・ビーズのメンバー、アーロン・フレッチャーとティム・パーキンによる新プロジェクト、77:78(※セヴンティセヴン・セヴンティエイト)。2018年7月にUKの名門レーベル<Heavenly Recordings>より彼らのデビュー・アルバム『ジェリーズ』がリリースされる。今作に収録されているシングル曲「Love Said (Let's Go)」は、7インチの限定盤として既にリリースされており、2日で完売するなどデビュー前から驚異的な人気を誇っている彼ら。今作は、ビーチ・ボーイズをはじめ、キング・タビーやシド・バレットなど幅広いジャンルのアーティストからの影響を受けているという。

Sugar & Spice
Lossless

Sugar & Spice

Hatchie

昨年日本ツアーを行なった豪ブリスベンのインディー・バンド、バブガニューシュのベース・ヴォーカルでもあるハリエット・ピルビームが、ハッチー名義でソロ・デビューEP『シュガー・アンド・スパイス』を、テンプルズやセイント・エティエンヌを輩出した<Heavenly Recordings>からリリースすることが決定した!昨年デビュー・シングル「Try」と「Sure」をリリースし話題となっていたハッチーの待望のデビューEP。今作の制作秘話について本人は次のように話している。「『Try』を書いたのは2015年の頭、それに続いて『Sleep』と『Sugar & Spice』を書き上げたわ。どれも何かのプロジェクトのためではなく、自分のために書いた楽曲たちよ。自分の弱さや、それまで押し殺していた快楽を追求するためにね。劇的でキラキラしていて、初恋の時に抱いたような幸福感を表現できるようなサウンドにしたかったの。求めていたそのものの音を表現するためにバンド・メンバーのジョー・アギウス(同郷出身のバンド、ザ・クリースズのフロントマンとしても活動)とデモに手を加えた。彼の完璧なサポートのおかげで、自分の音楽やソングライティングをより真剣に捉えられる自信がついたわ」。 さらにハッチーは続ける。「収録曲はすべて、自分を含む誰のプレッシャーや考えに左右されることなく制作されたの。それは自分の感情にきちんと向き合った、これまでになかったやり方よ。ジョーとプロデューサーのジョン・キャッスルはそれぞれ特別なやり方で楽曲に生命を与えてくれたわ」。是非この機会にハッチーのカラフルでポップな世界に足を踏み入れてみてはいかが?

Dive (Remixes)
High Resolution

Dive (Remixes)

Rock

Saint Etienne

英ダンスポップ・トリオ、セイント・エティエンヌ、5年ぶりのアルバム『ホーム・カウンティーズ』から「Dive」のリミックスを3曲収録。

Dive
High Resolution

Dive

Rock

Saint Etienne

英ダンスポップ・トリオ、セイント・エティエンヌ、5年ぶりのアルバム『ホーム・カウンティーズ』から「Dive」のエディット版を含む4曲を収録

Dive (Remixes)
Lossless

Dive (Remixes)

Rock

Saint Etienne

英ダンスポップ・トリオ、セイント・エティエンヌ、5年ぶりのアルバム『ホーム・カウンティーズ』から「Dive」のリミックスを3曲収録。

Dive
Lossless

Dive

Rock

Saint Etienne

英ダンスポップ・トリオ、セイント・エティエンヌ、5年ぶりのアルバム『ホーム・カウンティーズ』から「Dive」のエディット版を含む4曲を収録

Home Counties
Lossless

Home Counties

Rock

Saint Etienne

1991年に鮮烈デビューを果たした英ダンスポップ・トリオ、セイント・エティエンヌ。昨年末には彼らのデビュー・アルバム『フォックスベース・アルファ』の発売から25年が経ったことを記念して、そのエレポップの歴史的な名盤をリリースしたことが記憶に新しい。そんな彼らが、2012年発表の前作『Words and Music』以来、5年ぶりとなる新作『ホーム・カウンティーズ』を6月にリリースすることがわかった。ヤング・ガン・シルバー・フォックスのショーン・リーによってプロデュースされた今作は、サポートとしてケロ・ケロ・ボニトのオーガスタス、カーウィン・エリス(コロラマ、エドウィン・コリンズ)、ロビン・ベネット(ザ・ドリーミング・スパイアーズ)、リチャード・X(ガールズ・オン・トップ / ブラック・メロディ)、さらには長年のコラボレーター、ジェラード・ジョンソン (デニム、イエス)らが名を連ねている。レコーディングは6週間に渡りロンドンの中心部にて行なわれた。今作は、全19曲入りと2枚組並みのボリュームであるほか、LP、CD、デジタル、カセットの全4フォーマットすべてに異なったジャケット写真が施されており、ちなみにそれらは各メンバーの家の写真をそれぞれ用いているという。

Volcano
Lossless

Volcano

Rock

Temples

昨年8月に開催されたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにて5度目となる来日を果たし、今年7月にはフジロックフェスティバル'17への出演が決定しているUKの4人組バンド、テンプルズが、『ヴォルケーノ』と題されたファン待望のセカンド・アルバムをリリースすることが決定! 今作はバンドによるセルフ・プロデュースで、 ミックスを手がけたのはデヴィッド・レンチ(カリブー、オーウェン・パレット、 FKAツイッグス、ブロック・パーティー他)。すでに公開されている今作からのファースト・シングル「Certainty」のプロデュースを手がけたフロントマンのジェームスはこう話している。「この曲のメロディを作っているとき、初期のディズニーのような不気味なヴァイブ、遊び心があってハーモニーを取り入れた、それでいてダークなひねりがあるようなものを心がけたんだ。そうするにあたって、レイヤリングと同じく、まばらであることも大事だった。ヴァースはベースが作り出す激しい振動、そしてそれを反映したリリック、それからメロディも相応しいアンビアンスと組み合わさっている必要があったんだ。サビはその反対のアプローチで次から 次へとレイヤーを重ね、音を分厚くした。MOOGのベースシンセと通常のベースの 音がブレンドされていて、1曲を通してサウンドが切り替わっているのがわかると思う。あと、ギターはシンセを、シンセはギターを反映しているんだ」。

Fast Silver
Lossless

Fast Silver

TOY

キャリア3枚目となる新作『Clear Shot』よりシングルカット

All Your Happy Life
Lossless

All Your Happy Life

The Wytches

英ブライトン出身のサイケ・ロックバンド、ザ・ウィッチーズが、待望のセカンド・アルバム『オール・ユア・ハッピー・ライフ』がリリース決定!ザ・ホワイト・ストライプスのグラミー受賞アルバム『エレファント』を手がけたリアム・ワトソンを起用したシングル「ビーハイヴ・クイーン」で一気にブレイクした彼ら。ブラッド・レッド・シューズやクラウド・ナッシングズらがサポート・アクトに抜擢した。2014年に元コーラルのビル・ライダー・ジョーンズと共作したアルバム『アナベル・ドリーム・リーダー』で鮮烈デビューを果たし、60年代のサイケデリック・ガレージを現代風にアレンジし、ダークな世界観をブレンドした独特のサウンドで、ここ日本でもインディー・キッズを中心に高い支持を得た。2年ぶりとなる今作『オール・ユア・ハッピー・ライフ』はジム・スクラビュノス(ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズ)がレコーディングを担当。制作にあたり、ツアーバスの中で読んだトルストイの物語や数多くのメタルバンドとの出会いなど、思いもしなかった出来事からインスピレーションを得たそう。前作に引き続きヘヴィーなサイケデリアと激しいロックが融合した、期待を裏切らない彼ららしいサウンドだ。

Los Niños Sin Miedo
Lossless

Los Niños Sin Miedo

The Parrots

テンプルズを擁する<Heavenly Recordings>からスペイン出身の新人ガレージ・ロックバンド、ザ・パロッツがデビュー・アルバム『ロス・ニーニョス・シン・ミエド』をリリー ス!アルバムタイトル『ロス・ニーニョス・シン・ミエド ~恐れなき子供たち~』通り、メンバーは若さとおバカさとエネルギーに溢れた3人組。激しいガレージ・ロックで、スペインはマドリードのローカル・シーン を牽引してきた。同じマドリード出身のガールズ・ロックバンド、ハインズとも交流が深く、ヴォーカルのディエゴ・ガルシアは彼女たちのデビュー・アルバ ム『リーヴ・ミー・アローン』のプロデュースを手掛けた。本作は昨年9月に、スペイン南部の港湾都市カディスにあるスタジオにてスペイン人のサウンド・ エンジニア、パコ・ロコと共に1週間でレコーディングされた。サイケデリックな要素を所々に感じる、大胆なロックンロール・サウンドが詰まった一枚!夏に はグラストンベリーなどの大型音楽フェスティバル出演やヨーロッパ、イギリスでのヘッドライン・ツアーを予定している。

Wonderlust
Lossless

Wonderlust

Kid Wave

テンプルズと同レーベルからデビューする美形多国籍バンド!ザ・ウィッチーズ、トーイ、チャイルドフッドらとツアーをまわるなど、話題のバンド。歌詞はLeaが10代の時に経験した異国での寂しさや葛藤、それらからの逃避、そして希望などについて歌っている。アルバムのプロデューサーはDan Austin (Doves, Cherry Ghost)。

Sun Structures (Deluxe Version)
Lossless

Sun Structures (Deluxe Version)

Rock

Temples

ノエル・ギャラガー、ジョニー・マーが絶賛し大ブレイクを果たしたUKロック・バンド、テンプルズのデビュー作デラックス版が登場!

Annabel Dream Reader
Lossless

Annabel Dream Reader

The Wytches

●テンプルズ、トーイが所属する<ヘヴンリー・レコーディングス>の注目新人バンド!●共同プロデューサーはビル・ライダー・ジョーンズ(元コーラル)!テンプルズの登場でサイケロック・シーンが盛り上がる中、海外メディア大注目の本命新人バンド、ザ・ウィッチーズが遂にデビュー・アルバムをリリース!

Sun Structures
Lossless

Sun Structures

Rock

Temples

UKミッドランズ出身の4人組サイケデリック・ロックバンド、テンプルズが待望のデビューアルバムをリリース!ノエル・ギャラガーが「世界中で最もベストな新人バンドだ」、「宇宙的なスペース・ミュージックだ」と大絶賛!

Join The Dots
Lossless

Join The Dots

TOY

ザ・ホラーズが絶賛し自身のUKツアー・サポートに抜擢!またトラヴィスもファンを公言する等注目を集めるロンドンを拠点に活動する男女混合5人組ロック・バンド、トーイが待望のセカンド・アルバムをリリース!

Mesmerise
Lossless

Mesmerise

Rock

Temples

ノエル・ギャラガー、ジョニー・マー、ミステリー・ジェッツ大絶賛!11月に初来日を果たすUKロックの大型新人が2014年2月発売のデビュー作からの先行シングルを配信!

Shelter Song e.p.
Lossless

Shelter Song e.p.

Rock

Temples

UKミッドランズ出身の4人組サイケデリック・ロックバンド、テンプルズの日本デビューEP。ヒット・シングル「シェルター・ソング」や最新(2013年時)シングル「カラーズ・トゥ・ライフ」他を収録した、日本のファンの為だけにリリースする完全生産限定盤EP。

TOP