J.A RECORDS

GRAY
Lossless

GRAY

THUNDER

ジャパニーズレゲエ界を代表するアーティスト ”THUNDER”の3年ぶり5作目となる待望のNEWアルバム。 既にMVが公開され話題を呼んでいる”Nuh Beg”を始め、 客演には”PUSHIM””RUDEBWOY FACE ” ”ジャパニーズマゲニーズ”などが参加。 進化を止めずシーンを牽引し続けてきた男の 2019年新たなスタイルの作品が完成!!

ペンソール
Lossless

ペンソール

THUNDER

JA RECORDS本格始動開始‼︎2017年1発目の配信はJapanese Reggaeを牽引する存在となった THUNDER が現在のレゲエシーンとハードコアなレゲエファンに贈るアーギメントチューン。 Riddim makerには同じ街のGeGを起用。 ”ペンソール”-Rain Dance Riddim- New Rebelを感じさせる1曲。

PRAY FOR PEACE
High Resolution

PRAY FOR PEACE

THUNDER

THUNDERからシリア戦争で起きている現実に対して、平和への祈りが込められた1曲。

RAGGAMUFFIN SKANK -Single
Lossless

RAGGAMUFFIN SKANK -Single

THUNDER

目を覚ませRaggamuffin...尼崎が生んだRaggaスター、THUNDER待望の新曲はPOPなレゲエがいくら売れようと俺はそういうものにしか興味がないやつに媚びは売る気はないという意味深かつ、THUNDER自身が大切にしている「Reggae Music」へ対する芯の太さを物語る強烈なリリックに仕上がっている。トラックは、THUNDERをデビュー時から支え、今やJ-REGGAEには欠かせないプロデューサーへと成長したDIGITAL NINJA RECORDS/774。

タカラモノ -Single
Lossless

タカラモノ -Single

【オレだけのタカラモノ】前作「I&I」で無名の新人でありながらiTunes Reggae Chartで1位を獲得し、シーンに彗星のごとく現れたレゲエシンガー陸待望のニューシングル!なんとなくマイクを手に取って、自分の想いがギッシリつまったリリックをノートに書き留めて、気が付けばこんな暮らしが当たり前になってたし何よりも夢中になれることになった。あなたに夢はありますか?おれもとうとう見つけたよ。この夢こそが、誰にも譲れない【オレだけのタカラモノ】

I&I -Single
Lossless

I&I -Single

京都のシンガー、陸!堂々のデビュー作品は、THUNDERやJ-REXXX、RAYなど現在シーンの最先端を担うアーティストの楽曲を多数手掛けてきた774(from DIGITAL NINJA)プロデュースTVからは悲しいニュースばかり。だけど僕が君を愛するように、世界中で人と人は繋がっていけるからという、レゲエの原点ともなるI&I(アヤナイ)ソング。王道テーマだが、真っ新でフレッシュなメッセージ。

CHANGE -Single
Lossless

CHANGE -Single

THUNDER

勇気を持って踏み出せば、素晴らしい夢が見れた…2011年、1st Album「雷音」で鮮烈なデビューをしてから、2012年「REAL」収録の希望、Only My Girlがスマッシュヒットを記録。地元尼崎ではすでにカリスマとなっていたTHUNDERは、今や全国区の次世代リスナーのカリスマとなった。記憶に新しい2014年リリースの「NEXT STANDERD」では、アルバムのタイトルを地で行くそのポテンシャルでその存在感を証明。今や「若手」というには申し分ないほどの影響力を持つアーティストに成長した。レゲエDeejay、2015年第一弾となるデジタルシングルは、最初の一歩は勇気がいるものだろ?でも踏み出すのは今だ!こんな俺にだってできたんだからお前にだってできると力強く背中を押してくれる、1年の幕開けにふさわしい1曲。NEXT STANDERDが放つメッセージは、先人のSTANDERDを超えるか?私はこの1曲が2015年を戦う人々のアンセムになると確信している。

NEXT STANDARD
Lossless

NEXT STANDARD

THUNDER

今、絶大な支持を得る次世代の筆頭THUNDER待望の3rd ALBUM"NEXT STANDARD"変わらないTHUNDERが繰り出す"渋さ・哀愁・涙・怒り・優しさ"を詰め込んだ最高の一枚がここに完成。これはブームじゃないぜカルチャー!!!!今話題の新曲「RAGGAMUFFIN」や、LIVE現場で絶大な支持を得る「ONE STORY」といった話題作から、真骨頂のハードで熱いメッセージを歌い上げた曲や、今は亡き親友へ届ける一曲まで幅広く収録されている。メインプロデューサーは1st,2ndに引き続きDIGITAL NINJA 774が務め、またフューチャリングアーティストには多彩なメンバーを迎えており、色濃い音が繰り広げられる事は容易に想像できる。THUNDERのALBUMの特徴でもある喜怒哀楽が、これまで以上に映し出された1枚になっており、既に多くの支持と期待の声があがっている。REALな言葉で熱く語りかけるスタイルは1st,2ndALBUMを通してブレる事はなく、さらに洗練され、多方面から広く支持を得る。そして大躍進を続ける今、確かな確信と共に伝えるメッセージは強烈な感動を残す事は間違いない。

TOP