T-Palette Records

LAST GANG PARADE
Lossless

LAST GANG PARADE

Idol

GANG PARADE

WACK所属アイドルグループGANG PARADEの9人体制初のフルアルバム。オリコン上位ランクインの「GANG2」「CAN'T STOP」といったシングル曲をはじめとし、メンバーが制作に携わった楽曲も多数含む全10曲収録。GANG PARADEの最高を更新し続ける強い意志が詰まったアルバム。

P.O.P
Lossless

P.O.P

Idol

POP(プラニメ)

元BiSのカミヤサキとミズタマリ(いずこねこ)からなるユニットプラニメから5月31日をもってミズタマリが脱退し、6月1日からオーディションで加入したイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4人が加わり、総勢5人のユニット。プラニメから改名しPeriod Of Plastic 2 Mercyの頭文字をとって「POP」となってからの、ファースト・フル・アルバム

かかって来なさい/OVER DRIVE
Lossless

かかって来なさい/OVER DRIVE

Idol

アップアップガールズ(2)

つんく♂氏によるサウンドプロデュース楽曲3部作の2作目となる今作では、アプガ(2)のまっすぐさを打ち出すキーワードである“青春”と、女の子の内面の強さを打ち出した歌詞、タイトなビートが印象的なエレクトロサウンドの楽曲。「OVER DRIVE」はアップアップガールズ(2)を支える作家陣より、PandaBoY(作詞)michitomo(作曲)タッグが制作。アプガ(2)の王道とも言える青春ロックサウンドが完成。ライブ人気曲「両想いの♡しるし」も初音源化となっています。

GANG 2
Lossless

GANG 2

Idol

GANG PARADE

アイドル専門レーベル「T-Palette Records」から、GANG PARADE ニューシングル「GANG 2」発売決定!

愛のタワー・オブ・ラヴ
Lossless

愛のタワー・オブ・ラヴ

Idol

Negicco

T-Palette Records第2弾アイドルである、新潟在住Negiccoが2012年6月に発売されたシングル「あなたとPop With You!」以来、8ヶ月振りのシングル。シングル「愛のタワー・オブ・ラヴ」を手がけるのは、NONA REEVESのボーカリストでありメイン・ソングライター、更には数々のアーティストにも楽曲を提供しプロデューサーとしても活躍する西寺郷太。今回のプロデュースは、西寺がエレキコミックと片桐仁(ラーメンズ)のユニット"危険日チャレンジガールズ"で「ニコらス feat. Negicco」のプロデュースをしていたところから発展したもの。そして、カップリング楽曲はNegiccoの楽曲の大半をプロデュースしてきたconnie氏(元々NONA REEVESファン!)。西寺のプロデュースによる「愛のタワー・オブ・ラヴ」は、思わず体が揺れるクラブユースなチューン。より多くのリスナーにNegiccoの楽曲とライブの良さをアピールするための、まさしく塔のような象徴的楽曲。

going my way
Lossless

going my way

Idol

バニラビーンズ

2007年から11年にわたり楽曲派アイドルの先駆けとして活動してきたバニラビーンズが2018年10月の解散を前にリリースするラストシングル。アップテンポな表題曲「going my way」、カップリングのバラード曲「ラストソング」ともに、別れを歌いながらも前を見つめ、解散後も残る音楽とファンへの想いを歌った楽曲。

WE ARE the IDOL
Lossless

WE ARE the IDOL

Idol

GANG PARADE

POPから改名後、「GANG PARADE」としての第1弾シングル『WE ARE the IDOL』。「WE ARE the IDOL」は初のバラード曲で、作詞をメンバーのユメノユアが担当、≪私たちはアイドルとしてやっていくんだ≫という強い意思を表現した楽曲に。カップリング曲「これはきっとaventure」はヤママチミキ作詞のスカチューン。

QUEEN OF POP
Lossless

QUEEN OF POP

Idol

POP(プラニメ)

POPの2ndシングルは、カミヤサキ作詞、松隈ケンタ作曲による「QUEEN OF POP」とイヌカイマアヤが作詞、佐藤カズキが作曲の「走る!!」の2曲入り。

Happy Lucky Kirakira Lucky
Lossless

Happy Lucky Kirakira Lucky

Idol

POP(プラニメ)

新メンバー4人を迎え、“プラニメ”から改名したアイドル・ユニット、POP[ピーオーピー]のシングル。活動休止中のオリジナル・メンバー、元BiSのカミヤサキは、本作リリース直前に行われるワンマン・ライヴを目指して、100kmマラソンに挑戦!ゴールに辿り着けなければそのまま脱退というシビアなミッションが課せられている。カミヤサキの“復帰か脱退”の明暗にも注目が集まる一枚。

Beyond the Mountain(Type-B)
Lossless

Beyond the Mountain(Type-B)

Idol

GANG PARADE

POP時代の楽曲を再収録したカップリング違いの2種にてリリース! Type-A には2015 年にGANG PARADE の前身グループであるPOP 名義でリリースした「Happy Lucky Kirakira Lucky」、 Type-B には2016 年に同じくPOP 名義でリリースした「QUEEN OF POP」をそれぞれ新体制で再録したものを収録。

CAN'T STOP
Lossless

CAN'T STOP

Idol

GANG PARADE

アイドル専門レーベル「T-Palette Records」からGANG PARADEが、2018年9月11日(火)にニューシングル「CAN'T STOP」を発売。2018年5月29日に発売したシングル「GANG 2」がオリコンデイリーチャート1位を獲得、ますます勢いに乗るGANGPARADEが早くも次作のシングルをリリースします。

チョコミントフレーバータイム
Lossless

チョコミントフレーバータイム

Idol

バニラビーンズ

バニラビーンズを支え続けている木の子作詞のバニラビーンズ2012年2枚目となるシングル。

天国への階段
Lossless

天国への階段

Idol

バニラビーンズ

北欧の風にのってやってきた、清楚でイノセンスな雰囲気を持つ“オシャレ系アイドル”バニラビーンズ。タワーレコードが発信するアイドル専門レーベルT-Palette Recordsの第1弾としてリリースしたワンコイン・シングルをデジタルリリース。Led Zeppelinの名曲「天国への階段」、Pizzicato Fiveの「ベイビーポータブルロック」のカヴァーと人気のオリジナル曲「ニコラ」、未発表オリジナル曲「a little crying」を収録。

FOUL
Lossless

FOUL

Idol

GANG PARADE

2016 年、グループ名の改名、メンバーの脱退・加入とめまぐるしい一年を過ごしたGANG PARADE。 昨年12 月27 日に発売したワンコインシングル「Plastic 2 Mercy」ではグループとしては初めてオリコン週間シングルランキング(1/9 付)のTOP10 入り(10 位)を果たし、2月に4日連続で開催されるワンマンライブのチケットが即日完売するなど、勢いにのるGANG PARADEが、早くもシングルをリリース

トキノカケラ(リサver.)
Lossless

トキノカケラ(リサver.)

Idol

バニラビーンズ

アイドル専門レーベル「T-Palette Records」より、バニラビーンズのシングル。カップリング曲の「イェス?ノゥ?」とともに、Perfumeの初期楽曲なども手がけた作詞家の木の子による大人のせつない恋を歌った冬にぴったりの2曲をお届けします。 また、今回の作品は、[レナ バージョン]と[リサ バージョン]の2タイトルで発売。双方、「トキノカケラ」「イェス?ノゥ?」の他に、[レナ バージョン]では、山下久美子の「星になった嘘」をレナがソロで。また、[リサ バージョン]では同じく山下久美子の「Stop Stop Rock'n' Roll」をリサがソロで歌っています。

Beyond the Mountain(Type-A)
Lossless

Beyond the Mountain(Type-A)

Idol

GANG PARADE

POP時代の楽曲を再収録したカップリング違いの2種にてリリース! Type-A には2015 年にGANG PARADE の前身グループであるPOP 名義でリリースした「Happy Lucky Kirakira Lucky」、 Type-B には2016 年に同じくPOP 名義でリリースした「QUEEN OF POP」をそれぞれ新体制で再録したものを収録。

アゲノミクス!!/キミロス/阿破乱舞
Lossless

アゲノミクス!!/キミロス/阿破乱舞

Idol

アップアップガールズ(仮)

「アゲノミクス!!」は、アプガ(仮)の真骨頂と言えるバカ騒ぎ系パーティーソングに、“和”のテイストがふんだんに盛り込まれたアプガ(仮)の新しいスタイルの“超ライブ映え特化パーティーソング”。2019年、新元号を迎え、2020年には東京オリンピック開催を迎えるNIPPONを盛り上げるべく、アプガ(仮)なりの表現でバイブス溢れるお祭りソングが完成しました。「キミロス」は一転、アプガ(仮)のクールかつスタイリッシュな表現に特化し、よりダンサブルなアレンジが効いた1曲。楽曲内ではクールなラップにも本格的に挑戦した、アプガ(仮)の新境地へと向けた意欲作。「阿破乱舞」(読み:アッパーランブ)は、和のテイストが活かされたPandaBoY制作によるダンストラック。数多くのライブパフォーマンスを行ってきたアプガ(仮)だからこそ表現できるニューシングルとなっています。

愛愛ファイヤー!!/私達(with friend)
Lossless

愛愛ファイヤー!!/私達(with friend)

Idol

アップアップガールズ(仮)

「愛愛ファイヤー!!」は、アプガ(仮)のサウンドプロデューサーmichitomoが手掛けた、タイトル通り“愛”をテーマにしたアップアップガールズ(仮)の新たなダンスチューン。楽曲制作時よりメンバーが打合せに参加し、今、届けたい楽曲をテーマに制作されました。「私達(with friend)」は、6月19日に発売された自身5枚目となるアルバム「5thアルバム(仮)」に収録されていた「私達」を再収録。作詞上中丈弥、作曲久保裕行をはじめTHEイナズマ戦隊がバンド録音をし、新たにボーカルレコーディング、更にはコーラスにも参加した新バージョンで、より力強さが加わりました。

CHIKU-TAKU/ゴーイング マイ ウェイ!
Lossless

CHIKU-TAKU/ゴーイング マイ ウェイ!

Idol

LinQ

九州発アイドル・グループ、LinQの両A面シングル。熱く、キュンキュンするような、心ふるえる"熱キュンソング"を2曲収録。

シアワセのエナジー / 祭りの夜〜君を好きになった日〜
Lossless

シアワセのエナジー / 祭りの夜〜君を好きになった日〜

Idol

LinQ

九州発アイドル・グループ、LinQの両A面シングル。LinQ史上最もアップ・テンポなハード・チューン「シアワセのエナジー」、元気いっぱいのダンス・チューン「祭りの夜~君を好きになった日~」を収録。

Love in Qushu ~LinQ 第一楽章~
Lossless

Love in Qushu ~LinQ 第一楽章~

Idol

LinQ

九州発アイドル・グループ、LinQ待望のファースト・アルバム。タワーレコードアイドル専門レーベル「T-Palette Records」よりリリース!

さくら果実/Sakura物語
Lossless

さくら果実/Sakura物語

Idol

LinQ

九州発アイドル・グループ、LinQの両A面シングル。「さくら果実」はLinQの妹チームQtyが、「Sakura物語」はお姉さんチームのLadyが担当し、双方とも待ちきれない春を先取りした曲となっている。

カロリーなんて/きもち/手をつないで
Lossless

カロリーなんて/きもち/手をつないで

Idol

LinQ

タワーレコードのアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉よりリリースされた「Love in 九州」の頭文字から名付けられた九州発のアイドル・グループ、LinQのシングル。トリプルA面シングルとなる今回のシングルには、ダイエットをテーマにしたダンサブルなアップ・チューン「カロリーなんて」、哀愁漂うゆるふわヒップホップ調の「きもち」、メロディアスなミディアム・ナンバー「手をつないで」の3曲と、「カロリーなんて」のカラオケを収録。幅広いサウンドが詰まった、楽曲重視派のアイドル・ファンも大満足の一品。

バニラビーンズⅣ
Lossless

バニラビーンズⅣ

Idol

バニラビーンズ

前作「バニラビーンズIII」からおよそ2年振りとなるフルアルバム。これまでにリリースしたシングル「マスカット・スロープ・ラブ」「プリーズミー・ダーリン」「ワタシ・・・不幸グセ」「コップのフチ子公式ソング きっといい場所」「有頂天ガール」まで、さらにはアルバムのみに収録される新曲を含み全12曲を収録。アルバム全体を通してバニラビーンズが等身大の女心を歌った内容となっており、女子だけではなく男子にとっても必聴です。サウンド面ではこれまでもバニビ・サウンドを支えてきた大隅知宇や松倉サオリなどの制作陣が盤石の体制で、モータウンサウンドや昭和歌謡サウンドなどバラエティに富んだ内容。

有頂天ガール
Lossless

有頂天ガール

Idol

バニラビーンズ

2人組アイドル・ユニット、バニラビーンズの通算12枚目のシングル。タイトル曲「有頂天ガール」は、元ブルーコメッツのメンバーで「2億4千万の瞳」「学園天国」「め組のひと」を手掛けた作曲家の故井上大輔が、1980年代にWink用に書き下ろしたという未発表曲。幻の楽曲をバニラビーンの歌唱によってリリース。

きっといい場所(フチ)/絶対パンティーライン(正式非公認ソング)
Lossless

きっといい場所(フチ)/絶対パンティーライン(正式非公認ソング)

Idol

バニラビーンズ

タワーレコードのアイドル専門レーベル「T-Palette Records」に所属するバニラビーンズが歌う“コップのフチ子“公式ソング「きっといい場所(フチ)」がついに完成!T-Palette Recordsと、奇譚クラブ、マンガ家『タナカカツキ』氏が共同開発したカプセルトイ“コップのフチ子“がコラボレーション!さらに自身もOL経験のあるオアシズの大久保佳代子氏が初の作詞(共作)に挑戦した「絶対パンティーライン(正式非公認ソング)」も収録!

ワタシ・・・不幸グセ
Lossless

ワタシ・・・不幸グセ

Idol

バニラビーンズ

前作「プリーズミーダーリン」から約半年振りとなるバニラビーンズのニューシングルのテーマは“昭和歌謡”。リード曲「ワタシ・・・不幸グセ」は、バニラビーンズの代表曲でもある「チョコミントフレーバータイム」を手掛けた中島靖雄、歌詞は前田たかひろといういずれもバニラビーンズ楽曲をこれまでも手掛けている作家陣によるもの。純和風の歌謡曲テイストの歌詞をモータウンサウンドに乗せてバニラビーンズが歌うという組み合わせが、不思議な世界観を醸し出す作品となっています。

プリーズミー・ダーリン
Lossless

プリーズミー・ダーリン

Idol

バニラビーンズ

前作「マスカット・スロープ・ラブ」から5ヶ月振りとなるニューシングル「プリーズミー・ダーリン」は、ネオアコサウンドにバニビの爽快な歌声が乗った軽快な楽曲。作曲は、これまでもバニラビーンズの数々の楽曲を手掛けてきた大隈知宇が担当、歌詞は、ここ最近のバニラビーンズポップスには欠かせないENA☆が担当した、王道バニビポップスとなっています。またカップリングの「Night on the Earth」は、バニラビーンズが新しいサウンドに挑戦した楽曲。エレクトロとダンスロックをバニビ流に昇華させた“バニビ流ダンスロック”が誕生しました。こちらも作・編曲を大隅知宇、作詞には元UNDER THE COUNTERの関谷謙太郎が担当しています。アップアップガールズ(仮)をはじめ数多くのアイドル楽曲を手掛けているmichitomo氏が手掛けた「Night on the Earth」の”バニビ流ダンスロック”リミックスも聴き逃せません。

マスカット・スロープ・ラブ
Lossless

マスカット・スロープ・ラブ

Idol

バニラビーンズ

北欧の風にのってやってきたオシャレ系ガールズ・ユニット、バニラビーンズの8枚目シングル。カジヒデキがプロデュース。

バニラビーンズⅢ
Lossless

バニラビーンズⅢ

Idol

バニラビーンズ

タワーレコードのアイドル専門レーベル「T-Palette Records」に所属するバニラビーンズ、3作目となるオリジナル・アルバム『バニラビーンズIII』。このアルバムは2011年7月に発売された『バニラビーンズII』以来、約1年3ヶ月振りにリリースされるニュー・アルバムとなり、2012年に発売された3枚のシングル「トキノカケラ」「チョコミントフレーバータイム」「ノンセクション」のアルバム用特別アレンジヴァージョンが収録されます。アルバム制作をバックアップした制作陣は、いしわたり淳治(元SUPERCAR)、木の子、大隅知宇など、豪華なラインナップが集結しています。また、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTカヴァー「世界の終わり」も収録。まさにバニラビーンズ5年間の活動の集大成にふさわしい1枚です。

ノンセクション
Lossless

ノンセクション

Idol

バニラビーンズ

バニラビーンズを支え続けている木の子作詞のバニラビーンズ2012年3枚目となるシングル。

トキノカケラ(レナver.)
Lossless

トキノカケラ(レナver.)

Idol

バニラビーンズ

アイドル専門レーベル「T-Palette Records」より、バニラビーンズのシングル。カップリング曲の「イェス?ノゥ?」とともに、Perfumeの初期楽曲なども手がけた作詞家の木の子による大人のせつない恋を歌った冬にぴったりの2曲をお届けします。 また、今回の作品は、[レナ バージョン]と[リサ バージョン]の2タイトルで発売。双方、「トキノカケラ」「イェス?ノゥ?」の他に、[レナ バージョン]では、山下久美子の「星になった嘘」をレナがソロで。また、[リサ バージョン]では同じく山下久美子の「Stop Stop Rock'n' Roll」をリサがソロで歌っています。

バニラビーンズⅡ
Lossless

バニラビーンズⅡ

Idol

バニラビーンズ

北欧の風にのってやってきた、清楚でイノセンスな雰囲気を持つ“オシャレ系アイドル”バニラビーンズ。タワーレコードが発信するアイドル専門レーベルT-Palette Recordsのからフルアルバムをリリース。Led Zeppelinの名曲「天国への階段」、スピッツの「おっぱい」のカヴァーなどを含む全15曲収録。

全部青春!/エンジェル演じて20年
Lossless

全部青春!/エンジェル演じて20年

Idol

アップアップガールズ(2)

3作連続つんく♂氏サウンドプロデュースの一作目!つんく♂氏による今作「全部青春!」は、タイトル通りの青春真っ只中を生きる彼女たちを全面に打ち出した歌詞と、ロックサウンド。つんく♂氏がアプガ(2)に感じた力強さ、真っ直ぐさを全面に打ち出した疾走感溢れる楽曲!「エンジェル演じて20 年」はアップアップガールズ(2)のデビュー作から支える児玉雨子(作詞)michitomo(作曲)タッグが制作。これまでより深さを見せる新しい一面が垣間見ることが出来ます。

5thアルバム(仮)
Lossless

5thアルバム(仮)

Idol

アップアップガールズ(仮)

アップアップガールズ(仮) 新体制初となるアルバム 「5thアルバム(仮)」 発売! 全10曲の新曲を収録した現アプガ(仮)決定盤となる1枚! 大森靖子、THEイナズマ戦隊、の子等が楽曲制作を担当。 2017 年8 月に卒業メンバーを含めた最後の7 人体制として発売された「4th アルバム(仮)」以来、1 年を待たずに発売される今作は、10 曲もの新曲を含んだ5 人体制となったアップアップガールズ(仮)の現体制の決定盤とも言える1 枚となります。昨年11 月に原点回帰を提唱したシングル「上々ド根性/Be a Girl」以外は今作の為に制作された楽曲群となり、アップガールズ(仮)のサウンドプロデューサーを務め、多くの楽曲を制作したmichitomo をはじめ、エレクトロサウンドを元にアプガ(仮)の女性らしさ大人っぽさを表現した曲を多く制作してきたRyuichi Kawasaki や、盟友とも言える大森靖子が作詞作曲を務めた曲、これまでに2 マンライブなどで切磋琢磨し、ジャンルは違えど互いに根柢にある魂が刺激し合う存在とも言えるTHE イナズマ戦隊による楽曲、さらには、神聖かまってちゃんのボーカル&ギターの子との初タッグも実現し、これまでのアプガ(仮)サウンドは踏襲した上で、現在未来のアプガ(仮)を楽しめる1 枚のアルバムが完成致しました。新たにライブハウスツアー「アップアップガールズ(仮)7 周年ツアー~Still Goes On!!~」も始まるアップアップガールズ(仮)。 依然、ライブアイドル「アプガ」として、更に走り続けるアップアップガールズ(仮)の姿に是非ご注目下さい。

BREAKING THE ROAD
Lossless

BREAKING THE ROAD

Idol

GANG PARADE

BiSのアヤ・エイトプリンスを期間限定でメンバーに迎え、7人体制で活動を行なうGANG PARADE。そのアヤ・エイトプリンスのGANG PARADEとしてのラスト作となる、彼女たちの2018年第一弾シングル!

TOP