DENON

MISSING LINK of TOMITA 〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜
Lossless

MISSING LINK of TOMITA 〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜

V.A.

2016年5月5日に逝去した、作曲家でシンセサイザーアーティストの冨田勲の、初期の作品から1970年代の秘蔵シンセサイザー音源までを厳選した、冨田勲の創作の原点を解き明かすアルバム。

エリック・サティ:新ピアノ作品集(192kHz/24bit/4.0chサラウンド)
High Resolution

エリック・サティ:新ピアノ作品集(192kHz/24bit/4.0chサラウンド)

Classical/Soundtrack

高橋悠治

2017年で79歳になる孤高のピアニスト、高橋悠治によるエリック・サティのピアノ作品集。日本コロムビアに1970年代に3枚のサティ・アルバムを残し、クラシック音楽の垣根を超えてサティ・ブームを巻き起こした高橋悠治の約40年ぶりの新録音をUHQCDでリリース!新たな高橋の解釈と新たな録音技術で、サティの魅力と魅力と高橋悠治の音楽性が再融合する。

月の光〜リサイタル・ピース第1集(96kHz/24bit)
High Resolution

月の光〜リサイタル・ピース第1集(96kHz/24bit)

Classical/Soundtrack

反田恭平

TBS「情熱大陸」への出演や、テレビ朝日「題名のない音楽会」への度重なる出演などで、 知名度が急上昇中の若きピアニストの革命児、反田恭平の2016年11月発売のアルバム「ラフマニノフ」が、 全国のCDショップ店員が選ぶ「第9回CDショップ大賞」のクラシック賞を獲得した。 今年4月には、アルバム「ラフマニノフ」に収録されているピアノ協奏曲第2番を、 全国ツアー全12公演(佐渡裕指揮 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 特別演奏会2017)で演奏することが予定されている。 また、昨年全公演ソールドアウトとなった「浜離宮朝日ホール3夜連続コンサート」(8/30~9/1)において、 各日のコンサート前半のライヴ演奏をそのまま収録して終演後に販売する「即出しCD」付きのプログラムの会場限定販売を行い、 来場者の熱い支持を集めたことが記憶に新しいが、 今年の7月~9月に全国13か所で行われる「反田恭平ピアノ・リサイタル2017全国縦断ツアー」に向けても、 その音源&LIVE連動の後継企画が予定されていることが発表された。 今回は「即出し音源」ではなく「先出し音源」として、ツアーで演奏予定の曲の中から主だった楽曲を事前に収録してリリースすることで、 ツアーの予習音源としても機能するアルバム「月の光~リサイタル・ピース第1集」をツアー前の6月にリリースする。

トリビュートロジー (96kHz/24bit)
High Resolution

トリビュートロジー (96kHz/24bit)

モルゴーア・クァルテット

4つの弦だけでつむぐ大作「タルカス」。 極限まで研磨された編成なればこそ浮かび上がるタルカスの狂気と甘美なロマン。 逝去から1周忌を迎えるシンセ神キース・エマーソンに捧げる追悼記念盤 これまで「21世紀の精神正常者たち」(2011)「原子心母の危機」(2014)をリリースして好評を博した、 日本を代表するカルテット、モルゴーアQによるプログレ・カヴァーアルバム待望の第3弾。 その熱い偏愛に満ちたアレンジと演奏で、日本のみならず世界にその名を轟かせつつあるこの凄腕4人組は、 プログレのシンセ神、本家ELPのキース・エマーソンにも大いに支持を受け、交流を深めていた。 2015年春には来日コンサートが予定されており、モルゴーアメンバーもゲスト参加を予定していた、その矢先のキース突然の逝去。 世界のプログレファンのみならず音楽ファンが悲しみに暮れる中、その葬儀では、来日公演で共演するはずだったキースの新曲 「After All of This」をモルゴーアが急遽レコーディングし、その音源を流したという。 本盤は、キースの葬儀で流れたその音源を中心にすえ、ELPの大作「タルカス」などELP、 キース・エマーソンの楽曲ですべて構成。極東最高峰のカルテットがこの偉大なるシンセ神に思いを捧げる追悼盤である。 最注目はやはり「タルカス」。プログレ史に燦然と輝くシンフォニックな名曲であり、 かの吉松隆がオーケストラ版を編曲し、大いに話題になったクラシカル・プログレの名作だ。 この吉松オケ版タルカスにライバル心むき出しの荒井が渾身のアレンジメントを施した今回のタルカスは、 オケ版さらにはもしかしたらオリジナル版でも表出しえなかったこの作品の真のロマンティシズムと 細密画のような精緻なストラクチャを見事なまでに浮き彫りにする絶演。

ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱つき》 (96kHz/24bit)
High Resolution

ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱つき》 (96kHz/24bit)

Classical/Soundtrack

アンドレア・バッティストーニ指揮/東京フィルハーモニー交響楽団/安井陽子/竹本節子/アンドレアス・シャーガー/萩原潤/東京オペラシンガーズ, アンドレア・バッティストーニ指揮/東京フィルハーモニー交響楽団

リリースするアルバムが次々に高い評価を受ける若きマエストロ、バッティストーニによる待望の作品はベートーヴェンの名作「第九」。3日間に渡って都内で演奏された2015年12月の「第九」は、非常に速いテンポでありながら、崩壊的なテンポではなく、全体のバランスを捉えた理にかなった演奏となっていた。ソリストのアンドレアス・シャーガーが朗々と堂々と歌い上げソリスト陣を引っ張り、合唱団も統一感のある演奏を披露した。

ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲≪展覧会の絵≫ (24bit/96kHz)
High Resolution

ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲≪展覧会の絵≫ (24bit/96kHz)

Classical/Soundtrack

アンドレア・バッティストーニ指揮/東京フィルハーモニー交響楽団

2015年から東京フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に就任したアンドレア・バッティストーニ。オーケストラ指揮者としてのスタートをロシアのサンクトペテルブルクで切った彼が臨むのは、ムソルグスキー(ラヴェル編)の組曲「展覧会の絵」。1987年生まれ、弱冠28歳の若き天才が描くロマンチックなロシア音楽に目が離せない。2015年9月録音。

サンダーバード音楽集〜オリジナル・スコアによる (24bit/96kHz)
High Resolution

サンダーバード音楽集〜オリジナル・スコアによる (24bit/96kHz)

広上淳一指揮/東京ガーデン・オーケストラ

サンダーバード放送50周年!広上淳一 指揮 東京ガーデン・オーケストラ(2015年最新録音)懐かしいあの音楽が最新録音で蘇ります。近年発見された オリジナル・スコアを使用した世界初録音。世界的指揮者・広上淳一の指揮、若手音楽家によるフル・オーケストラによる豪華な演奏がサンダーバードファンはもちろん、多くの映画・音楽ファンを魅了することでしょう。

サンダーバード音楽集〜オリジナル・スコアによる (24bit/192kHz)
High Resolution

サンダーバード音楽集〜オリジナル・スコアによる (24bit/192kHz)

広上淳一指揮/東京ガーデン・オーケストラ

サンダーバード放送50周年!広上淳一 指揮 東京ガーデン・オーケストラ(2015年最新録音)懐かしいあの音楽が最新録音で蘇ります。近年発見された オリジナル・スコアを使用した世界初録音。世界的指揮者・広上淳一の指揮、若手音楽家によるフル・オーケストラによる豪華な演奏がサンダーバードファンはもちろん、多くの映画・音楽ファンを魅了することでしょう。

サンダーバード音楽集〜オリジナル・スコアによる
Lossless

サンダーバード音楽集〜オリジナル・スコアによる

広上淳一指揮/東京ガーデン・オーケストラ

サンダーバード放送50周年!広上淳一 指揮 東京ガーデン・オーケストラ(2015年最新録音)懐かしいあの音楽が最新録音で蘇ります。近年発見された オリジナル・スコアを使用した世界初録音。世界的指揮者・広上淳一の指揮、若手音楽家によるフル・オーケストラによる豪華な演奏がサンダーバードファンはもちろん、多くの映画・音楽ファンを魅了することでしょう。

DENON ORT MASTERING SERIES vol.1(24bit/96kHz)
High Resolution

DENON ORT MASTERING SERIES vol.1(24bit/96kHz)

V.A.

日本コロムビア株式会社がアナログ/デジタル変換時に失われた高域成分を再構築する技術「Overtone Reconstruction Technology(ORT)」を開発! この技術を用いたORTマスタリングの第一弾としてDENON Classic レーベルの名盤を「DENON Classic ORT Masteringシリーズ」として復刻し、2015年12月16日よりハイレゾ配信を開始。

シューベルト:冬の旅 (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

シューベルト:冬の旅 (ORT)(24bit/96kHz)

ヘルマン・プライ

稀代の名バリトン、ヘルマン・プライが歌う感動的な「冬の旅」。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ《悲愴》《月光》《熱情》 (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ《悲愴》《月光》《熱情》 (ORT)(24bit/96kHz)

ブルーノ=レオナルド・ゲルバー

レコード界における長い沈黙を破って登場したゲルバーのベートーヴェンは、大きな歓呼をもって迎えられていました。往年の巨匠を受け継ぐスケールの大きい造形美、その中で情熱、叙情、幻想といったベートーヴェンに求められるものが深く崇高に弾きこまれています。ベートーヴェン演奏のひとつの到達点といえるでしょう。

ドビュッシー:ピアノ作品集 (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

ドビュッシー:ピアノ作品集 (ORT)(24bit/96kHz)

Classical/Soundtrack

ジャック・ルヴィエ

【演奏】 ジャック・ルヴィエ(ピアノ) 【録音】 1984年4月16~19日・1985年5月4~8日 レコード芸術推薦

モーツァルト:ピアノ・ソナタ集 (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

モーツァルト:ピアノ・ソナタ集 (ORT)(24bit/96kHz)

イングリッド・ヘブラー

2010年にリリースされた日本コロムビアのクラシック録音の歴史に残る音盤ザ・ベスト100タイトルを収録した『デンオン・クラシック・ベスト100』を補完するための50タイトルを集めた『デンオン・クラシック・ベストMore50』。イングリット・ヘブラーによるモーツァルトのピアノ・ソナタ選集。

フランク&ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ集 (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

フランク&ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ集 (ORT)(24bit/96kHz)

ジャン=ジャック・カントロフ、ジャック・ルヴィエ

カントロフ&ルヴィエのフランス・コンビが奏でるエスプリに満ちたフランクとラヴェルのソナタ。

モーツァルト:ディベルティメント (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

モーツァルト:ディベルティメント (ORT)(24bit/96kHz)

ウィーン室内合奏団

今は亡きウィーン・フィルの名コンサートマスター、ヘッツェルの率いたウィーン室内合奏団によるモーツァルトの典雅なディヴェルティメント2曲。あらゆる場面において艶を失わない独特の音色、あたかも全体がひとつの楽器のような純度の高い充実したアンサンブル、「これぞウィーンの響き」と呼ぶにふさわしい内容です。伝統ある名録音会場での優秀録音も話題となったものです。 ウィーン室内合奏団 ゲルハルト・ヘッツェル(第1ヴァイオリン)、 ヨゼフ・ヘル(第2ヴァイオリン)、ハットー・バイエルレ(ヴィオラ)、 アーダルベルト・シュコチッチ(チェロ)、 エルベルト・マイアー(コントラバス)、 フランツ・ゼルナー、フォルカー・アルトマン(ホルン)、 ノールベルト・トイプル、ヨハン・ヒントラー(クラリネット)

コレッリ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集 (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

コレッリ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集 (ORT)(24bit/96kHz)

寺神戸亮

バロック・ヴァイオリニスト、寺神戸亮による、コレッリ:「ヴァイオリン・ソナタ集」を収録。

黛敏郎:《涅槃》交響曲、他 (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

黛敏郎:《涅槃》交響曲、他 (ORT)(24bit/96kHz)

Classical/Soundtrack

岩城宏之指揮 東京都交響楽団, 奈良法相宗薬師寺声明

デンオンやスプラフォンなどの代表的名盤が1050円で楽しめる《クレスト1000》シリーズ。大センセーションを巻き起こした天才・黛敏郎の意欲作「涅槃交響曲」を盟友・岩城宏之が指揮する。

ブルックナー:交響曲第4番 (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

ブルックナー:交響曲第4番 (ORT)(24bit/96kHz)

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮、ドレスデン・シュターツカペレ

ブロムシュテットが当時の手兵ドレスデン・シュターツカペレと残した味わい深い「ロマンティック」。まさにオケの伝統の力が感じられる。DENONが誇る《CREST#1000》シリーズの1枚。

マーラー:交響曲第5番 (ORT)(24bit/96kHz)
High Resolution

マーラー:交響曲第5番 (ORT)(24bit/96kHz)

Classical/Soundtrack

エリアフ・インバル指揮、フランクフルト放送交響楽団

インバルの名を不動なものにしたマーラー演奏史上の金字塔的名盤。 深く精確なスコアの読みは今なお他の指揮者の追随を許さず、同時にみずみずしい情感と説得力にあふれた名演。限りなくナチュラルに音場をとらえた録音もすばらしく、聴き手の耳を一瞬たりともそらさない求心力にみちたアルバム。 録音:1986年 [PCM デジタル録音] 推薦:86年度文化庁芸術作品賞/レコード芸術特選/朝日新聞試聴室推薦/ 87年度「HIFI-VISION」誌クラシック部門受賞/ 87年度ディアパゾン・ドール(仏)大賞/88年度レ・プラチヌ(仏)/ 87年度ドイツ・レコード大賞(全集)

プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』(演奏会形式) (96kHz/24bit/4.0chサラウンド)
High Resolution

プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』(演奏会形式) (96kHz/24bit/4.0chサラウンド)

アンドレア・バッティストーニ指揮、東京フィルハーモニー交響楽団

2015年4月より東京フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に就任したアンドレア・バッティストーニ。本作は、彼の名を日本で確固たるものにした同年5月、東京フィルとの定期演奏会の実況録音盤。プッチーニの代表作『トゥーランドット』を、主役を固めた2人のイタリア出身の歌手をはじめ、日本を代表するソリスト、合唱、そして東京フィルの演奏。演奏会形式ながらドラマトゥルギーを音だけで実感できるほどの、スペクタルな演奏会。

プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』(演奏会形式) (96kHz/24bit/2ch)
High Resolution

プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』(演奏会形式) (96kHz/24bit/2ch)

アンドレア・バッティストーニ指揮、東京フィルハーモニー交響楽団

2015年4月より東京フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に就任したアンドレア・バッティストーニ。本作は、彼の名を日本で確固たるものにした同年5月、東京フィルとの定期演奏会の実況録音盤。プッチーニの代表作『トゥーランドット』を、主役を固めた2人のイタリア出身の歌手をはじめ、日本を代表するソリスト、合唱、そして東京フィルの演奏。演奏会形式ながらドラマトゥルギーを音だけで実感できるほどの、スペクタルな演奏会。

リスト(2.8MHz/DSD 2ch+mp3)
High Resolution

リスト(2.8MHz/DSD 2ch+mp3)

Classical/Soundtrack

反田恭平

待ち望まれていた、本格派若手男性ピアニスト、反田恭平のデビューCD。高校在学中、第81回日本音コンにて第1位を獲得し、現在、モスクワ音楽院に学ぶ反田。2015年3月2日、小林研一郎指揮のチャイコフスキーの協奏曲(サントリーH)では、圧巻の演奏で満員の聴衆の度肝を抜いた。東京フィル定期への異例の大抜擢をはじめ、既に複数のオーケストラから出演オファーを受けている。恐れを知らない大胆さと自在さを併せ持つ意欲に溢れた瑞々しい音楽性は、特筆に価する。前へ前へと果敢に攻めるかと思えば、意のままに時間を操る柔軟な歌の表現は、20歳の演奏とはとても信じられない。例えるならば、19世紀後半から20世紀前半の「巨匠の時代」 ―― 芸術とエンタテインメントが高い次元で幸せに手を繋いでいた時代 ―― を髣髴とさせ、21世紀に入って遂に登場した、新時代のスターの資質を持つピアニストといえる。 彼の才能に惚れ込んだタカギクラヴィア(株)のサポートにより、「ホロヴィッツが恋した楽器」として知られた銘器ニューヨーク・スタインウェイ(CD75)を使用する。千変万化の音色を表現できる一方で、ピアニストに精巧なタッチ・コントロールを極限まで要求する、この「難しい」楽器を、反田は嬉々として弾きこなして自身の個性を更に際立たせ、テクニックを超えた圧巻の領域の演奏へと達している。

リスト(96kHz/24bit サラウンド)
High Resolution

リスト(96kHz/24bit サラウンド)

Classical/Soundtrack

反田恭平

待ち望まれていた、本格派若手男性ピアニスト、反田恭平のデビューCD。高校在学中、第81回日本音コンにて第1位を獲得し、現在、モスクワ音楽院に学ぶ反田。2015年3月2日、小林研一郎指揮のチャイコフスキーの協奏曲(サントリーH)では、圧巻の演奏で満員の聴衆の度肝を抜いた。東京フィル定期への異例の大抜擢をはじめ、既に複数のオーケストラから出演オファーを受けている。恐れを知らない大胆さと自在さを併せ持つ意欲に溢れた瑞々しい音楽性は、特筆に価する。前へ前へと果敢に攻めるかと思えば、意のままに時間を操る柔軟な歌の表現は、20歳の演奏とはとても信じられない。例えるならば、19世紀後半から20世紀前半の「巨匠の時代」 ―― 芸術とエンタテインメントが高い次元で幸せに手を繋いでいた時代 ―― を髣髴とさせ、21世紀に入って遂に登場した、新時代のスターの資質を持つピアニストといえる。 彼の才能に惚れ込んだタカギクラヴィア(株)のサポートにより、「ホロヴィッツが恋した楽器」として知られた銘器ニューヨーク・スタインウェイ(CD75)を使用する。千変万化の音色を表現できる一方で、ピアニストに精巧なタッチ・コントロールを極限まで要求する、この「難しい」楽器を、反田は嬉々として弾きこなして自身の個性を更に際立たせ、テクニックを超えた圧巻の領域の演奏へと達している。

TOP