DENON

12
サンダーバード音楽集〜オリジナル・スコアによる (24bit/192kHz)
High Resolution

サンダーバード音楽集〜オリジナル・スコアによる (24bit/192kHz)

広上淳一指揮/東京ガーデン・オーケストラ

サンダーバード放送50周年!広上淳一 指揮 東京ガーデン・オーケストラ(2015年最新録音)懐かしいあの音楽が最新録音で蘇ります。近年発見された オリジナル・スコアを使用した世界初録音。世界的指揮者・広上淳一の指揮、若手音楽家によるフル・オーケストラによる豪華な演奏がサンダーバードファンはもちろん、多くの映画・音楽ファンを魅了することでしょう。

Towako's Diary - from “大豆田とわ子と三人の元夫” [and more]
Lossless

Towako's Diary - from “大豆田とわ子と三人の元夫” [and more]

Classical/Soundtrack

坂東祐大

新進気鋭の作曲家として、クラシック/現代音楽、サウンドトラックからそして米津玄師等のJ-Popのトップシーンのアレンジメントまで縦横無尽に活躍の場を拡げている坂東祐大による、ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の音楽集。ドラマ第1話の放送後に音楽ファンを驚かせた挿入歌、脚本家・坂元裕二による書き下ろしの詞をNYジャズシーンで活躍するグラミー賞ノミネート歌手、グレッチェン・パーラト(Vo)、BIGYUKI(Key)等が参加した「All The Same」を収録。また、LEO今井、マイカ・ルブテによる挿入歌に加え、日本のジャズ界から須川崇志(Ba)・林正樹(Pf)・石若駿(Dr)のBanksia Trio、クラシック界からは鈴木大介(Gt)、そして上野耕平(Sax)等による坂東主宰のEnsemble FOVEが音楽を作り上げる。メインテーマの一部をSTUTS氏がサンプリングした話題のエンディング曲に使用されている。 「とわ子」の日常の中にある音楽を彩った、坂東祐大による新感覚の音楽集。

日の出 〜冨田勲 DENONベスト作品集
Lossless

日の出 〜冨田勲 DENONベスト作品集

V.A.

2016年に逝去した世界的シンセサイザーアーティスト・作曲家の冨田勲。作曲家としての仕事を、20代に日本コロムビアでスタートした冨田は、様々なキャリアを経て、2001年より再びコロムビアとタッグを組み、特に最後の5年は、70年代に発表した代表作を、当時思い描いていて実現できなかった完全な形でリメイクし、更に新たな創作も加える「DENON:ISAO TOMITA Project」に心血を注ぎました。 今回、その7つのアルバムから厳選したベスト盤を配信限定でリリースします。 冨田が残した最後のメロディである「日の出」は、「DENON:ISAO TOMITA Project」の最初のリリースである「惑星 Ultimate Edition」に収められたトラック「イトカワとはやぶさ」に初出のメロディであり、それはその後のアルバムにも重要な個所で登場する、いわば冨田の晩年を彩るモットーともいえる旋律でした。 これを通奏低音として、80歳代最後の5年間に冨田が尽きることない進取の精神を駆使して音盤に刻印した創作の粋をこのアルバムに集約しました。ここに集められたすべてのトラックに貫かれているのは「宇宙」。命果てるまで「宇宙への憧憬」を抱き、描き続けたシンセサイザーアーティストの巨星による至高のベストトラック集です。

DUO2
Lossless

DUO2

V.A.

MISSING LINK of TOMITA 〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜
Lossless

MISSING LINK of TOMITA 〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜

V.A.

2016年5月5日に逝去した、作曲家でシンセサイザーアーティストの冨田勲の、初期の作品から1970年代の秘蔵シンセサイザー音源までを厳選した、冨田勲の創作の原点を解き明かすアルバム。

ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ (96kHz/24bit)
High Resolution

ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ (96kHz/24bit)

Pop

山田姉妹

2017年2月デビューの双子ソプラノデュオ“山田姉妹”。2人のハーモニーにも更に磨きがかかった今、待望される第2弾のアルバムとして選曲したのは、1960年代~70年代の名曲はもちろん、1980年代~90年代、そして山田姉妹がこの世に誕生してから生まれた曲も多数収録。後世に残したい、残っていくであろう“ポッ”と心に灯をともしてくれる温かい歌の数々を、クラシカルなこだわりのあるアレンジで山田姉妹が贈ります。

12
TOP