DECKREC

刺繍
Lossless

刺繍

倉内太

スウィート・リトル・ブルースマンにして、色とりどりのロックンロールやポップ・ソングを、泣きじゃくるような、笑い飛ばすような、やけっぱちのような、つぶやくような歌声で、「一瞬の永遠」を歌い続けるシンガーソングライター「倉内太」。 2012年11月21日「倉内太と彼のクラスメイト」名義で発表し、各方面から絶賛を受けた名作1stアルバム「くりかえして そうなる」発表から約1年弱、早くも2ndアルバム「刺繍」が完成。 峯田和伸、前野健太、などが表現した「童貞感」や「ルサンチマン的」表現からの影響を、全く別のベクトルに進めて表現した独自の世界観、小沢健二などにも通じるスタイリッシュなサウンドや、言葉の為の音で構築されたバンドサウンドは、2013年の日本音楽シーンにおいて重要な意味を持つだろう。 倉内の楽曲に惚れ込んで集まったメンバーによる、新グループ「ネイティブギター」を従えて録音された楽曲、ソロ・ワークとして録音された楽曲に加え、地下音楽シーンで話題に登り始めたアンダーボーイズがトラック制作で参加した楽曲を含む、全11曲、44分50秒で表現された、ある脳内風景の記録。

くりかえして そうなる
Lossless

くりかえして そうなる

倉内太と彼のクラスメイト

2012年東京。泣き声パンクロッカーにして、スウィート・リトル・ブルースマン。 シンガー・ソングライター、倉内太。ボブ・ディラン、友部正人、高田渡などを彷彿させるトーキング・ブルース的なフォーク・ミュージック。ユリナ(住所不定無職)、ザ・ゾンビーズ子(住所不定無職) 、本間ドミノ先生(THE BOHEMIANS)、田代タツヤ(撃鉄)、三輪二郎などがクラスメイトとして参加した、1stフルアルバムもリリース

TOP