TOY'S FACTORY

Mr. PLAY BOY...♡(24bit/48kHz)
High Resolution

Mr. PLAY BOY...♡(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

清 竜人 新プロジェクト“清 竜人25”早くも、第三弾シングルリリース決定!

Will You Marry Me?(24bit/48kHz)
High Resolution

Will You Marry Me?(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

●17歳の夏にROCK IN JAPAN FESへの最年少出場を果たしてから、2009年3月シングル「Morning Sun」でメジャーデビュー。高い音楽性を兼ね備えながら、毎作品ごとに全く異なる音楽性でアプローチし、そして毎回別人とも思える位、ビジュアルを変貌させてきた。最近では、堀江由衣やでんぱ組.incに楽曲提供し、その独特なセンスと才能で、音楽ファンはもちろん、様々なアーティストからも高い支持を集め、話題を呼んできた清 竜人。2014年トイズファクトリーに移籍し、アイドルユニット「清 竜人25」としてデビューし新たなスタートを切る!●「清 竜人25」は、オーディションで選ばれた女子メンバー6人に加え、清 竜人自身もプロデューサー兼メンバーとして、一緒に歌い踊り、パフォーマンスを繰り広げる、アイドルの固定概念を覆す、全く新しいパフォーマンスユニット!●第一弾シングル「Will?You?Marry?Me?」は、女子メンバー全員が竜人の嫁というハーレム設定のコンセプトをそのまま表現した楽曲。アレンジャーには、モーニング娘。「LOVEマシーン」など、多数の大ヒット曲を手がけたダンスマンを起用し、アイドル楽曲としては異色のミディアムファンクナンバーに仕上がっている。

A・B・Cじゃグッと来ない!!(24bit/48kHz)
High Resolution

A・B・Cじゃグッと来ない!!(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

♥第1弾シングル「Will♡You♡Mary♡Me?」の一夫多妻ウェディングMVや、主催ライブ「清竜人ハーレム♡フェスタ2014」でのライブパフォーマンスをきっかけに、もっとも時代の最先端を行くアイドルグループとして話題沸騰の清竜人25。♥アイドルの固定概念を覆すコンセプトと唯一無二の楽曲力、パフォーマンス力の高さで瞬く間にその評判は広がり、デビュー直後にもかかわらずCOUNTDOWNJAPAN14/15への出演も決定するなど、その勢いは止まらない。♥第2弾シングル「A・B・Cじゃグッと来ない!!」は清竜人楽曲の中でも特にPOPなメロディーラインと、独特なスタイルのRAPを織り交ぜたアッパーチューン。♥アレンジャーには、アニメ「けいおん!」の楽曲など、多数のアニソンヒット曲などを手がけるTom-H@ckを起用している。♥カップリング収録の「鬼の目にもナ♡ミ♡ダ♡」は、シティポップ感溢れる楽曲で、アレンジはハロー!プロジェクト楽曲を多数手がける高橋諭一が担当。

INDIGO
High Resolution

INDIGO

HipHop/R&B

SALU

★突如発表になった“エピソード3.5"となる「YEDI」のミュージックビデオとともにリリースが明らかになったSALUの4thフルアルバムとなる本作は、多彩なトラックメー カーやプロデューサーを迎え、 東京をサバイヴするセンシティブなラッパーの視点からポップス表現の最高地点を標榜し、セルフプロデュースした、SALU史上最高にキャッ チーなアルバムとなった。 ★タイトルのINDIGOは、本人がこのアルバムを制作する過程でイメージした藍色。収録曲のリリックのメッセージは、恋人、親友、生まれてくる同胞(子供たち)、人工知能 ロボット、社会情勢等、様々な対象に向けた愛を歌っており、愛に染める(=藍染)という想いがアルバムを通底するテーマとなっている。またこのアルバムでSALUが伝えたい 感情や考え方が、ジーンズのように人々の日常に溶け込んでほしい、染み込んでいってほしいという想いが込められており、今のSALUの満ち満ちたエモーションから発せら れた“開かれた作品"となった。 ★それゆえ、SALUの本作のリリックは、簡素でリズミカルな言葉選びに徹したことで、親しみがあり、メロディとラップをミックスした独特のフレーズは、シンプルながら 強さと中毒性に富み、一聴して口ずさみたくなる楽曲が多い。その反面、何度も聴くとその言葉の深淵に「ハッとさせられたり」 時には「ぞっとする」ような遠近感のあ るメッセージを含んでおり、なにより、今の世界標準の、音楽的トレンドをさらりと“着こなして"しまうSALUの粋さとスマートさには目を見張るものがある。

DO PARTY
High Resolution

DO PARTY

Pop

DOBERMAN INFINITY

2017年第一弾シングルは、“"最狂のパーティーチューン"! !

WIFE
High Resolution

WIFE

Idol

清 竜人25

解散を発表した清 竜人25がラストアルバムをリリース! ! 6/17の幕張メッセ公演をもって解散が決定した清 竜人25が、2ndにしてラストアルバム「WIFE」をリリース。 シングルリリースした「LOVE&WIFE&PEACE」「アバンチュールしようよ」「My Girls」、配信限定シングル 「Christmas Symphony」に加え、解散発表の際に披露した「25」、他新録を含む全11曲収録。 一夫多妻制というアイドルグループとしては常識外れのコンセプトから始動し、わずか2年間でアリーナ公演を 行えるまでに急成長した清 竜人25だが、その高い楽曲センスとパフォーマンス力を惜しまれながら、 6/17幕張メッセ公演をもって解散する。

My Girls▽(24bit/48kHz)
High Resolution

My Girls▽(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

一夫多妻制というエッジ感溢れるコンセプトで活動を続け、その高い音楽性とエンターテイメント性で、着実に話題性とライブ動員を増やし続けている清 竜人25が、2016年第2弾シングル「 My Girls」をリリース!今作も、ハーレム状態で繰り広げられる、多幸感溢れた楽曲に仕上がっている。

アバンチュールしようよ▽(24bit/48kHz)
High Resolution

アバンチュールしようよ▽(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

一夫多妻アイドル“清 竜人25"がニューシングルをリリース!

いつか(24bit/48kHz)
High Resolution

いつか(24bit/48kHz)

Pop

DOBERMAN INFINITY

思い描く“未来の自分"から“今の自分"へのメッセージソング!DOBERMAN INFINITY新章の幕開けを飾るニューシングルをリリース!

DUET(24bit/48kHz)
High Resolution

DUET(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

2016年4月9日『清 竜人25 コンサート 2016 春』で披露された、清 竜人と各夫人のデュエット曲を配信限定でリリース!

LOVE&WIFE&PEACE▽(24bit/48kHz)
High Resolution

LOVE&WIFE&PEACE▽(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

衝撃のパフォーマンスで話題の一夫多妻アイドル“清 竜人25" ワコール BRAGENIC BRA&PEACE!キャンペーンソング

Christmas♡Symphony(24bit/48kHz)
High Resolution

Christmas♡Symphony(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

一夫多妻アイドルという、その既存のアイドルやアー ティストの枠にはまらない次元のパフォーマンスと圧倒 的な楽曲センスで高い評価と話題を呼んでいる清 竜人25が、初の配信限定シングル「Christmas♡ Symphony」をリリース!この冬にぴったりのクリスマスソングとなっており、ゴージャスなオーケストラサウンドでエンターテイメント性の高い楽曲に仕上がっています。

THE LINE(24bit/48kHz)
High Resolution

THE LINE(24bit/48kHz)

Pop

DOBERMAN INFINITY

◆2014年11月19日に発売された1st Mini Album「♯PRLG」(プロローグ)が、 デビュー作品にも関わらず、オリコン初週で8位を獲得し、まさに彼らの序章に相応しいスタートを切ったことは記憶にも新しい。 また、7月にリリースした1st Single「SAY YEAH!!」も初のシングルながら、オリコンウィークリーチャート3位を獲得。 そして、10月7日に発売した2nd Single「JUMP AROUND ∞」もオリコ ンチャート上位に入る事は間違いない状況の中、 満を持してリリースする1stFull Albumは期待と話題が交錯した金字塔となる作品になるだろう! ◆アルバムには、これまでのシングル曲「INFINITY」(フジテレビ系ドラマ「GTO」挿入歌)「SAY YEAH!!」(オリコン3位)、 直近発売の2nd Single「JUMPAROUND ∞」の他、ELLY(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)とタッグを組んだ「Heartbeat」(日本テレビ系ボクシンング中継イメージソング)など、 ファンが耳馴染みの既発のシングル楽曲を網羅した手に取り易いベスト盤的な要素に加え、三代目 J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」を手がけた“Maozon"や、 海外から高い評価を受け、 AndroidのCMに楽曲を提供した話題のEDM DJの“Banvox"といった世界標準且つ、新進気鋭の若きプロデューサー達とつくり上げたアゲアゲのダンスミュージックや、 「Striking Back」等ヘッズも熱狂するHIPHOP色の濃いトラック、 SWAYの出身地である北海道の全メディアとスキー場が手を組んで今冬大きく展開される“LOVE SNOW HOKKAIDO 2015 タイアップソング"に決定した雪山パーティチューン「So White SoBright」、 距離を感じている男女の恋愛をテーマにしたリリックと、成長著しいKAZUKIの美声を堪能できるメロウ・ミドル「ENDLESS JOURNEY」、 EXILE SHOKICHIがKAZUKIのために書き下ろしたソロ・バラード「LOVE U DOWN」など、新曲も9曲収録という充実した内容になっている。 ◆アルバムのタイトルになっている「THE LINE」とは、目の前に立ちはだかる障壁、今の自分達の限界のこと。 五本の矢のように、決して折れない覚悟と強い絆で結束し、過去を認め、現在に迷わず、未来を恐れず、 自分を、仲間を、そして自分たちの音楽の力を信じて突き進み、限界を超え、ボーダーを壊し続ける! という彼らの決意は、デビューから1年足らずでの現在の大きな成功に繋がっている。 そんな彼らの想いの結晶ともいえるリード曲「XROSS THE LINE」。リスナーを勇気づけたり、爽快感をもたらす強さを表現したリリックと、 HIPHOPの魅力を濃縮還元したトラックは、今のDOBERMAN INFINITYを体現した楽曲になっている。 ◆ジャケットデザインはカニエウェストのデザインチームとして活躍したGEOが担当、 アルバムのタイトル曲となる「XROSS THE LINE」のMVはクリス・ブラウンの最近のデザインを手掛けるMcflyyが参加する等、ビジュアルクリエイティブにもこだわった作品になっている。

ココーノ(24bit/96kHz)
High Resolution

ココーノ(24bit/96kHz)

藍坊主

前作「ノクティルカ」から約2年半ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム『ココーノ』! ●『ココーノ』とはエスペラント語で『繭(まゆ)』を意味する言葉です。バンドがデビュー以来楽曲に込めてきたメッセージで“何かが完成する前の過程や答えに辿り着く前の葛藤"が、繭から孵るように今まさに追いかけていたものに行き着く、そんなイメージからつけられたタイトルです。●レコチョクのデイリーアルバムチャートで1位を獲得した、夏の終わりに配信シングルとして発表した「向日葵」、今作の始まりとも言える「星霜、誘う」のシングル曲に加えて【自分らしさとは何か】という長らくバンドが歌ってきたテーマをデビュー10周年を迎えた今、改めて歌った「バタフライ」など全13曲を収録。●初回盤特典として、ファンからの声を受けて実現した初のカップリング集が付属し、インディーズ時代の楽曲を含む全16曲を収録しています。その曲順も、オリジナル(DISC1)から続けて聴いてもらえることをイメージしてメンバーが選曲しています。さらに「星霜、誘う」から「夏の銀景」まで6曲分のミュージックビデオを収録したDVDが付き、余す所なく藍坊主の楽曲を堪能できる内容になっています。●今作でもサウンドプロデュースやアートワークまでをメンバー自身が手掛けています。ジャケットのイラストは2014年「MUSIC ILLUSTRATION AWARDS 2014」で“BEST MUSIC ILLUSTRATOR(大賞)"を受賞したボーカル・hozzyによるもので、これまでも鮮やかな色使いで童話のような世界観のイラストを披露しており、今作でもジャケットの他に「夏の銀景」のMVも手掛けました。

FOLLOW THE DREAM (24bit/96kHz)
High Resolution

FOLLOW THE DREAM (24bit/96kHz)

Rock

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

まもなく結成から10年を迎えるOAUの三作目「FOLLOWTHEDREAM」は、前作のミニアルバム「夢の跡」の世界観の先にある希望や哀愁が、まるで短編作品で綴られるロードムービーのように表情豊かに収められ、優しさと開放感に満ちた音で丁寧に編まれた全12曲のアルバム。2011年より放送されたグリコ社ビスコのCM曲「夢の跡」は、異例ともいえる3年もの長いオンエアを継続。ライブでも欠かせない同曲はより繊細に情緒豊かに表現され、バンドの円熟した空気感と共に本作に再録された。「朝焼けの歌」は、震災後の日本を立て直す人々について描いてほしいと、MARTINの要望からTOSHI-LOWが作詞。二人の未来への想いが密に溶け込んだ日本語詞の同曲は、完成からすぐにライブで披露され、TOSHI-LOWが真っ直ぐにゆっくりと語りかけるように、そして光を願う想いをのせた言葉は、すでにSNSをはじめ多くの反響の声を呼んでいる。また「MakingTime」は、彼ら自らが携わるキャンプフェス“NewAcousticCamp”のテーマ曲。両手を空に掲げたくなるような一気に高揚し疾走するイントロで始まり、バイオリンと軽快なリズムがフェスの爽快な開放感を聴く者に体験させてくれる。「FOLLOWTHEDREAM」には他にも、緑に囲まれた風景や潮風の香る海辺、嬉々とした声に賑わう都会の緑地など、アウトドアで聴きたい心地よい弦の音色の重なりと思わず体が揺れてしまうリズミカルなナンバーが、キャッチーでありながら6人の男たちが紡ぎだす大人のアコースティックソングとして味わい深く本作を彩っている。

TOP