TOY'S FACTORY

Mr. PLAY BOY...♡(24bit/48kHz)
High Resolution

Mr. PLAY BOY...♡(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

清 竜人 新プロジェクト“清 竜人25”早くも、第三弾シングルリリース決定!

A・B・Cじゃグッと来ない!!(24bit/48kHz)
High Resolution

A・B・Cじゃグッと来ない!!(24bit/48kHz)

Idol

清 竜人25

♥第1弾シングル「Will♡You♡Mary♡Me?」の一夫多妻ウェディングMVや、主催ライブ「清竜人ハーレム♡フェスタ2014」でのライブパフォーマンスをきっかけに、もっとも時代の最先端を行くアイドルグループとして話題沸騰の清竜人25。♥アイドルの固定概念を覆すコンセプトと唯一無二の楽曲力、パフォーマンス力の高さで瞬く間にその評判は広がり、デビュー直後にもかかわらずCOUNTDOWNJAPAN14/15への出演も決定するなど、その勢いは止まらない。♥第2弾シングル「A・B・Cじゃグッと来ない!!」は清竜人楽曲の中でも特にPOPなメロディーラインと、独特なスタイルのRAPを織り交ぜたアッパーチューン。♥アレンジャーには、アニメ「けいおん!」の楽曲など、多数のアニソンヒット曲などを手がけるTom-H@ckを起用している。♥カップリング収録の「鬼の目にもナ♡ミ♡ダ♡」は、シティポップ感溢れる楽曲で、アレンジはハロー!プロジェクト楽曲を多数手がける高橋諭一が担当。

FOLLOW THE DREAM (24bit/96kHz)
High Resolution

FOLLOW THE DREAM (24bit/96kHz)

Rock

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

まもなく結成から10年を迎えるOAUの三作目「FOLLOWTHEDREAM」は、前作のミニアルバム「夢の跡」の世界観の先にある希望や哀愁が、まるで短編作品で綴られるロードムービーのように表情豊かに収められ、優しさと開放感に満ちた音で丁寧に編まれた全12曲のアルバム。2011年より放送されたグリコ社ビスコのCM曲「夢の跡」は、異例ともいえる3年もの長いオンエアを継続。ライブでも欠かせない同曲はより繊細に情緒豊かに表現され、バンドの円熟した空気感と共に本作に再録された。「朝焼けの歌」は、震災後の日本を立て直す人々について描いてほしいと、MARTINの要望からTOSHI-LOWが作詞。二人の未来への想いが密に溶け込んだ日本語詞の同曲は、完成からすぐにライブで披露され、TOSHI-LOWが真っ直ぐにゆっくりと語りかけるように、そして光を願う想いをのせた言葉は、すでにSNSをはじめ多くの反響の声を呼んでいる。また「MakingTime」は、彼ら自らが携わるキャンプフェス“NewAcousticCamp”のテーマ曲。両手を空に掲げたくなるような一気に高揚し疾走するイントロで始まり、バイオリンと軽快なリズムがフェスの爽快な開放感を聴く者に体験させてくれる。「FOLLOWTHEDREAM」には他にも、緑に囲まれた風景や潮風の香る海辺、嬉々とした声に賑わう都会の緑地など、アウトドアで聴きたい心地よい弦の音色の重なりと思わず体が揺れてしまうリズミカルなナンバーが、キャッチーでありながら6人の男たちが紡ぎだす大人のアコースティックソングとして味わい深く本作を彩っている。

Invisible Sensation

Invisible Sensation

Rock

UNISON SQUARE GARDEN

その感覚を見逃すな。 ますますヒートアップするTVアニメ「ボールルームへようこそ」の世界を盛り上げる UNISON SQUARE GARDEN流ポップソング!

10% roll, 10% romance

10% roll, 10% romance

Rock

UNISON SQUARE GARDEN

テレビアニメ「ボールルームへようこそ」オープニングテーマとして書き下ろした新曲をリリース! ・新曲「10% roll, 10% romance」は、新作テレビアニメ「ボールルームへようこそ」 のオープニングテーマとして書き下ろした作品。 ・バンドの持ち曲の中でも最速の部類のBPMを叩き出すビートの上で、軽やかかつストレートに歌う斎藤宏介(Vo, G)の伸びやかな歌声が印象的なナンバー。

打上花火

打上花火

Pop

DAOKO

米津玄師とDAOKO が出会い、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とDAOKO が出会った。 必然的に出会った彼らが『打上花火』を完成させた。彼らが奏でる音楽は、壮大なミディアムバラードに、夕暮れから花火が上がるまでの情景、せつない恋心を歌い上げる。DAOKO と米津玄師が掛け合い、その声の切なさ、印象的なトラックは、映画に花を添える。米津玄師プロデュースの本楽曲は、印象的なピアノのイントロリフから、ストリングスを入れつつも、エレクトロトラックを融合させた現代のバラードが完成。2曲目には、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』挿入歌『Forever Friends』が収録。『Forever Friends』は、テレビドラマシリーズ “If もしも" の一作品として1993年に放送された際のREMEDIOS描き下ろし楽曲をカバー。DAOKOの印象的な声で、新たな『Forever Friends』を幻想的に歌いあげる。

シュガーソングとビターステップ

シュガーソングとビターステップ

Rock

UNISON SQUARE GARDEN

世界中を、驚かせてしまう夜になる!”UNISON SQUARE GARDEN が高らかに鳴らす人生讃歌、完成★UNISON SQUARE GARDEN が2015 年第1 作として放つのは、テレビアニメ「血界戦線」エンディングテーマとして書き下ろしたニューシングル「シュガーソングとビターステップ」。心が浮き立つようなかわいらしい曲調ながらも、UNISON らしい苦みも織り込まれた、彼ら流の“人生讃歌”に仕上がりました。

青空/magic

青空/magic

Salyu

作詞/作曲桜井和寿、プロデュース小林武史の誰もが待ち望んでいた奇跡のトライアングルで奏でる珠玉のPOPソング

Σ(24bit/48kHz)
High Resolution

Σ(24bit/48kHz)

Pop

REOL

れをる(シンガーソングライター)、ギガ(サウンドクリエイター)、お菊(映像クリエイター)によるユニット“REOL"の第一弾作品が遂にリリース。インターネットの申し子達がデスクトップ上から飛び出し、世界中へ音楽と映像でMagicをかける

蒼天ディライト/ドリームビート

蒼天ディライト/ドリームビート

Rock

Wienners

4人組バンド、Wiennersのメジャー・デビューとなる両A面シングル。バンド史上初の四つ打ちナンバー「蒼天ディライト」は、男女ツイン・ヴォーカルが華やかに飛び交い、ライヴ感溢れるキャッチーなギター・ロック・ナンバー。「ドリームビート」は、パンク、メロコア、ハードコアをルーツに持つ彼ららしく、疾走感と哀愁感漂う泣きのファストポップ・ナンバー。

fake town baby

fake town baby

Rock

UNISON SQUARE GARDEN

2017年8月に通算11枚目のシングル「10% roll,10% romance」をリリースしたばかりのUNISON SQUARE GARDEN が早くも次のシングルを発表。タイトル曲は、2017年10月~12月クールで放送される、TVアニメ『血界戦線&BEYOND』 のオープニングテーマとして書き下ろした作品。UNISON SQUARE GARDENの知名度をさらに広めた「シュガーソングとビターステップ」(アニメ前シリーズED曲)とは方向性の異なるパンチとクセのあるナンバー。

どんぐりと花の空

どんぐりと花の空

Pop

南壽あさ子

希代のシンガー・ソングライター南壽あさ子が 2ndシングル「どんぐりと花の空」をリリース。春の季節に相応しく、出会い、別れ、夢、希望をテーマに少年、少女の繊細な心模様を描いた儚くも希望に満ちたバラードナンバー! ! タイトル曲「どんぐりと花の空」は、3月リリースのこの時期、季節に相応しく、出会い、別れ、夢、希望をテーマに、 春の訪れに繊細に揺れ動く少年、少女の心の声に耳を澄ませた、儚くも強い希望に満ちたバラードナンバー。 種を蒔き、寒い冬が過ぎると、春が訪れ、草花が芽を出し、青く息衝き、色 とりどりの花を咲かせ、春の訪れを伝える。 そんな春の訪れに、少年、 少女の不安定な心は繊細に揺れ動く。心の声に耳を済ませ、蘇る記憶を辿り、儚さの中にも確かに存在する希望を唄う。 「悲しみや別れ」 と同時にやってくる「希望や期待」に様々な想いが織り混ざる。遠い記憶の中で君を強く想い、 もう会えない、絶対に叶わないと分かっていても、それでも夢に向かって強く生き続ける希望の歌。四季の折々をノスタルジックに詠み、 唄う、南壽あさ子の春の決定打となる楽曲が仕上がりました。 楽曲アレンジ・プロデュースはインディーズ作品から長くタッグを組んでいる湯浅 篤(いきものがかり、tacica、YUKI、etc)が担当。

Dr.Izzy

Dr.Izzy

Rock

UNISON SQUARE GARDEN

「ユニゾンを解剖する。」独自のPOPを追求した4thアルバム"CIDER ROAD"、攻撃的なサウンドポテンシャルを遺憾なく発揮した5th アルバム"Catcher In The Spy"、そしてシングル"シュガーソングとビターステップ"を経たユニゾンは、6枚目となる今作で自身の深層の真相に改めて迫る。

In My Life

In My Life

HipHop/R&B

SALU

多角的な視点から綴られるリリックの世界観と言葉のセンス、洋邦リスナーを同時に魅了する洗練されたラップスタイル、 ロックリスナーを熱狂させる感性、ライブに現れるスター性・・・ あのBACHLOGICを本気にさせ、日本を震撼させた噂のニュータイプ、SALU(サル)が待望の新作を発表。

No title-

No title-

Pop

れをる

ギガ、れをる、お菊からなる「あにょすぺにょすゃゃ」の1stアルバム!!(れをる歌唱版) 書下ろし10曲、旧作アレンジ1曲の計11トラックを収録!! ジャケット及びブックレット等アルバムアートワークには望月けいを起用!! #3「オオエドランヴ」にはnqrse、#9「アシンメトリー」にL.Pettyを迎え 幅広いジャンルの楽曲を詰め込んだ渾身の1枚!! ボカロ歌唱版「No title+」と合わせて聴いて頂きたいアルバムです。

Too Much Is Never Enough

Too Much Is Never Enough

Rock

FIVE NEW OLD

神戸発のFIVE NEW OLDのメジャー1stにして、約2年半ぶりとなるフルアルバム。タイトルの“Too Much Is Never Enough”はたくさんあるけど、まだ足りないという意味で、より楽しくより良い人生にするために、身近に溢れる情報やモノ、人との繋がりの中から、苦労してでも手に入れたいような本当に大切なものを選んでいこうというメッセージが込められている。ジャンルのみならず国境をも超えた多彩なサウンドアプローチに挑戦した意欲作となった。

DAOKO

DAOKO

Pop

DAOKO

わずか16歳にして、m-floに見出され2013年9月映画の主題歌に起用。さらに、中島哲也監督の目に止まり、2014年公開映画「渇き。」では挿入歌に抜擢。同年11月には庵野秀明監督率いるスタジオカラーそしてドワンゴが贈る短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター)見本市」第3話に抜擢され各界から注目されているdaoko。遂に始動!

LIVE AT WEMBLEY

LIVE AT WEMBLEY

Idol

BABYMETAL

約2年ぶりとなるライブアルバムが完成!日本人アーティスト史上初となるイギリス名門アリーナ 「THE SSE ARENA, WEMBLEY」でのワンマン公演のライブ音源!国外ワンマンライブとしては最大規模の12,000人を動員し、日本人アーティストとして初めてイギリス・THE SSE ARENA, WEMBLEY(ウェンブリーアリーナ)で行った「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA,WEMBLEY」のライブ音源。LIVE AT BUDOKAN ~RED NIGHT~」から約2年ぶりとなるライブアルバム。パフォーマンスがスケール・アップしてお り、“ファン待望”の中でのリリース!!同公演から厳選された13曲を収録している。

メアリと魔女の花 ORIGINAL SOUNDTRACK

メアリと魔女の花 ORIGINAL SOUNDTRACK

Pop

村松崇継, SEKAI NO OWARI

スタジオポノック第一回長編作品「メアリと魔女の花」オリジナル・サウンドトラック発売! 『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)で同年邦画興行収入第1位、『思い出のマーニー』(2014年)で第88回米アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされるなど、国内外で高い評価を得る米林宏昌。 スタジオジブリ退社後の第一作目として、満を持して発表する長編アニメーション映画が『メアリと魔女の花』。音楽は、『思い出のマーニー』からの再タッグとなる、村松崇継が担当。世界最高の奏者と評されるジョシュア・メシックによる民族楽器ハンマーダルシマーの神秘的な音色が劇中音楽を奏でます。 監督・米林宏昌が最も得意とする精緻で美しい背景美術と、圧倒的なアニメーションの数々。 ジブリ人生約20年で培った技術と志のすべてを賭した、あらゆる世代の心を揺さぶる夏のエンターテインメント超大作『メアリと魔女の花』が誕生します。

共犯

共犯

KUMONOSU

ボカロ界の貴公子、八王子Pとシンガー・詩人・モデルとして活躍するHANAEによる、都市型夜光性音楽ユニットのデビュー作!個々の活動のイメージを反して、世の中の<悪><闇><流行(噂)>を曲にして世に提示するダークな人間の個性を曲にしていくユニット。これまで2人が個人の活動で世に提示してきたキラキラしたサウンド、歌詞、歌声とはうって変わってまるで別人かのような楽曲に。このEPはまずは、ご挨拶として…甘い蜜を垂らし蜘蛛が巣に獲物を捕らえるかのような作品。

READY TO GO

READY TO GO

Pop

RUANN

Cygames コーポレートCM

WILD INSIDE

WILD INSIDE

Pop

Rihwa

1st Album『BORDERLESS』からおよそ4年半を経て、待望の2nd Album発売!リードとなる9月26日(水)発売の両A面シングル「MY LIFE IS BEAUTIFUL~1パイントの勇気~(日本テレビ系『NNN ストレイトニュー ス』ウェザーテーマ) / Sun Comes Up」で、多保孝一やKTタンストールらと新たなサウンドを打ち出し、大きな話題を作ったRihwa が、この4年半という月日の中で出会ってきた沢山の経験、そして進化が詰まったアルバムとなっている。タイトルの『WILD INSIDE』には、“自分の中から湧き出る気持ちとそれをありのままの自然体で表現したい”という気持ちが込められている。そして、全13曲からなるアルバムの収録内容は、2017年9月にリリースしたシングル「ミチシルベ」(映画『ユリゴコロ』主題歌)、2018年春に配信リリースした「Swing Swing♪」(『鴨川シーワールド』2018年 春テーマソング)はもちろん、「MY LIFE IS BEAUTIFUL~1パイン トの勇気~/ Sun Comes Up」からもリードトラックの2曲が収録。

TOP