FILE RECORDS INC.

12
30th

30th

佐藤善雄

『ファイルレコード創立30周年記念』 極上のビンテージサウンドを送るジャンプ・バンド"Bloodest Saxophone"とコラボした和製Doo-Wop ! レーベルオーナーであるラッツ&スター佐藤善雄が自らのレキシを歌う!! 【作品紹介】 平成の時代と共に幕開けした"ファイルレコード"は、今年創立30周年を迎えた。 HIP HOPやクラブ系アーティストを中心に、リリースしたカタログ数は約500タイトルにおよぶ 。 この場を借りて、アーティストたちに御礼を言い、そして会社に携わってくれた、全てのスタッフに感謝したい。 さて、30周年の節目の年に私が選んだ曲は「30th」。 ラッツ&スターのメンバーである私自身の「夢」や、歴史を歌った作品であり、私の人生そのものかもしれない。 作曲者は2017年レコード大賞「作曲賞」を受賞した杉山勝彦。更に今年結成20周年を迎えた、極上のビンテージサウンドを送るジャンプ・バンド "Bloodest Saxophone"が、この曲を和製Doo-Wopとして昇華してくれた。 <ファイルレコード 代表取締役社長 佐藤善雄> 【Message From Sound Producer】 『究極のアナログレコーディング!!』 ラッツ&スターの佐藤善雄さんから『ファイルレコードの30周年シングルを出すんだけど、当時のサウンドで本物のDooWopを録りたい』との依頼を受けました。当時の音を再現するには、レコーディングの機材や環境はもちろんですが、要となるのはその演奏です。当時のその雰囲気を理解し、実際に演奏できるグループは現在皆無と言っても良いでしょう。白羽の矢が立ったのが、今年結成20年を迎えた『ブラッデストサキソフォン』。結成当初より、1940~50年代の本物の録音にこだわり続けた非常に貴重なバンドです。もちろんブースに入る、ヘッドフォンをするということは一切なく、当時のままの方法で録音しました。機材もすべて本物のAMPEX350やWESTERN ELECTRIC社のRA1142、RCA77DX等です。真空管式のテープレコーダーに録音し、すべて本当の一発録音、しかもモノラルです。善雄さんのボーカルRCA77DXリボンマイクと、ALTEC1566真空管プリアンプで録音しました。当時の音そのものです。あの『艶があって夢いっぱいのレコードのサウンド』がまさに今、よみがえります。 (Sugar Spector)

12
TOP