Play It Again Sam / PIAS / Hostess

Violence
High Resolution

Violence

Editors

2015年に発売され全英トップ5にランクインした前作『イン・ドリーム』に続く、エディターズにとって6作目となる『ヴァイオレンス』。今作の共同プロデュースを手掛けたのはレオ・エイブラハムズ(フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ワイルド・ビースツ、カール・バラー、カール・ハイド)、そしてミキサーにはセンゾ・タウンゼントとアラン・モウルダーが名を連ねる。アルバムからのリード曲「Magazine」についてフロントマンのトム・スミスは話す。「この曲は権力を持った奴ら...汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てた曲。そして役になりきって皮肉を込めてそういった権力に執着した観衆の前で演奏するということ。」

Violence
Lossless

Violence

Editors

2015年に発売され全英トップ5にランクインした前作『イン・ドリーム』に続く、エディターズにとって6作目となる『ヴァイオレンス』。今作の共同プロデュースを手掛けたのはレオ・エイブラハムズ(フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ワイルド・ビースツ、カール・バラー、カール・ハイド)、そしてミキサーにはセンゾ・タウンゼントとアラン・モウルダーが名を連ねる。アルバムからのリード曲「Magazine」についてフロントマンのトム・スミスは話す。「この曲は権力を持った奴ら...汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てた曲。そして役になりきって皮肉を込めてそういった権力に執着した観衆の前で演奏するということ。」

Damned Devotion
Lossless

Damned Devotion

Joan As Police Woman

包容力溢れる美しい歌声と、ヴァイオリン、ピアノ、ギターまで弾きこなすマルチな才能で高い評価とカリスマ的人気を誇るNYのシンガーソングライター、ジョーン・アズ・ポリス・ウーマンが2014年に発表した前作『ザ・クラシック』から4年ぶりとなる新作『ダムド・ディヴォーション』をリリースする。前作がソウルフルで人生を祝福するかのような作品だったのに対し、今作『ダムド・ディヴォーション』はよりダークで哀愁漂う作品だ。ジョーンとドラマーのパーカー・キンドレッド、そして友人でもあるピアニストのトーマス・バートレットの3名を中心に本作は制作された。ジョーンは、楽曲制作において今までと異なっている点として"ドラムのプログラミングをより実験すること"と"シンコペーション(切分音)"をあげている。ジョーンは今までにジェフ・バックリー、ルー・リード、ニック・ケイヴ、ベック、ルーファス・ウェインライト等の大物ミュージシャンを魅了し、近年では、スフィアン・スティーヴンス、RZA、ノラ・ジョーンズ、ジョン・ケイル、ダニエル・ジョンソン、アノー二など様々なジャンルの実力派ミュージシャンとコラボレーションをしてきた。昨年には、米SSWのベンジャミン・ラザール・デイビスと共に"ジョーン・アズ・ポリス・ウーマン&ベンジャミン・ラザール・デイビス"で名義でデビュー作を発表し、活発に楽曲制作を行っている。ジョーンは他のアーティストと共に楽曲制作を行うことについて「私はだいたいの事に"イエス"と言うわ。私はただずっと楽曲制作をしていたいだけなの。音楽は私の人生を救ってくれたと心から言えるし、これからも私を救い続けてくれる。私は音楽の狂信家よ」とコメントしている。

Visuals(24bit/96kHz)
High Resolution

Visuals(24bit/96kHz)

Mew

前作『+-』から2年ぶりというミューにしては短い間隔でリリースされる今作はコペンハーゲンにあるスタジオでバンドのセルフ・プロデュースで制作され、バンド史上最も簡潔ながらも一つ一つの曲に違った物語が隠されているそう。ミューらしい多幸感溢れるスローな楽曲から実験的な80'sポップ風の楽曲まで様々なスタイルの11曲が収録されたアルバムは昨今の国際情勢も反映されている。

Visuals
Lossless

Visuals

Mew

前作『+-』から2年ぶりというミューにしては短い間隔でリリースされる今作はコペンハーゲンにあるスタジオでバンドのセルフ・プロデュースで制作され、バンド史上最も簡潔ながらも一つ一つの曲に違った物語が隠されているそう。ミューらしい多幸感溢れるスローな楽曲から実験的な80'sポップ風の楽曲まで様々なスタイルの11曲が収録されたアルバムは昨今の国際情勢も反映されている。

IN DREAM (Deluxe Version)
Lossless

IN DREAM (Deluxe Version)

Editors

デビュー・アルバムとセカンド・アルバムが共に全英チャート1位を獲得したUKが誇る5人組ロックバンド、エディターズの5作目となるニュー・アルバム。バンド自身によるプロデュースで、ミックスはアークティック・モンキーズやフー・ファイターズ、プラシーボ等の仕事でも知られるアラン・モウルダーが担当。前述の2曲はもちろん、スロウダイヴのレイチェル・ゴスウェルがゲスト・ヴォーカルで参加したデュエット曲「Ocean Of Night」や「The Law」「At All Cost」など、全10曲を収録。

TOP