TRASH-UP!! RECORDS

Hello!!/FEVER
Lossless

Hello!!/FEVER

Idol

あヴぁんだんど

宇佐蔵べに、小鳥こたおの2人体制となって初めてリリースするあヴぁんだんどのニューシングルは、2人の前向きな未来を歌った新曲2曲に加え、前シングルを現体制で再録した新バージョンを収録。リード曲「Hello!!」は、今やあヴぁんだんどサウンドには欠かせないSSWつるうちはな(花とポップス)が作詞・作曲を担当。流麗なピアノの旋律に優しいメロディーが重なり、多幸感溢れる仕上がりとなりました。また「FEVER」にはPLECTRUMのタカタタイスケが参加。これまでとは違う面白さが味わえるアンセムが誕生。優しさとパワフルさを兼ね備えたあヴぁんだんどの今をストレートに感じて欲しい。

Magical Symphonic Girl /てのひら
High Resolution

Magical Symphonic Girl /てのひら

Idol

あヴぁんだんど

本作は、3月に脱退した星なゆた、4/29に卒業が決定している東雲好を含む4人体制で制作された最後の音源となります。歌詞を作曲も手がけた、つるうちはなと4人のメンバーが共同で書き上げており、女の子の繊細な感情の機微をアップテンポなメロディにのせて表現しています。世界中の女の子に贈る応援ソングにもふさわしい、元気な作品が完成しました。また、カップリング曲には、ライブの定番曲「てのひら」を収録。多くのファンが長らく音源化を待ち望んでいた人気の一曲です。

ピクニック at nerd park
Lossless

ピクニック at nerd park

Idol

あヴぁんだんど

見捨てられたアイドル「あヴぁんだんど」の初となるミニアルバムが登場! 80年代テクノ、轟音ロック、さらにはヒップホップにインスパイアされたポップソングへと昇華した珠玉の名曲揃い! 代表曲「Feedback Friday」をはじめ、詩人・小説家 最果タヒが作詞を担当した「点滅ばいばい」を含む、全6曲。

クロニックデジャヴのピクチャーショウ
Lossless

クロニックデジャヴのピクチャーショウ

Idol

電影と少年CQ

「電影と少年CQ」は架空の映画サウンドトラックを歌う「ルアン」と「ユッキュン」による男女デュオユニット。セカンドアルバム、彼らが歌う架空の映画サウンドトラック「クロニックデジャヴのピクチャーショウ」を配信先行リリース!

Ex/cla/ma/tion/!!
Lossless

Ex/cla/ma/tion/!!

Idol

SAKA-SAMA

SAKA-SAMA、会場限定で発売する2ndアルバム『DAYDREAM』より新曲「Ex/cla/ma/tion/!!」

CD
Lossless
Exclusive

CD

Idol

・・・・・・・・・

本作『CD』は東京で活動する女性アイドルグループ・・・・・・・・・初の全国流通音源であり、これでもかと変な要素を詰め込んだ、きっとアイドル史に残る1枚。90sUK感を匂わせる『スライド』はForTracyHydeの管梓が提供。エレクトロシューゲイザーを絶妙な塩梅でエレポップに傾けた『トリニティダイブ』は、「あヴぁんだんど」や「アシモフが手品師」で知られるteoremaaが提供。そして国内外シューゲイザーバンドのいいとこどりをしたゆるふわシューゲポップ、『ねぇ』。これら3曲をベースとしながら、日本ドローン界の雄hakobuneがディレクション、ノイズやアンビエント等を用いて1トラック72分に仕上げた。 72分の音の波から、ぽこっぽこっと浮かび上がってくる個々の楽曲。音の波から楽曲が生まれ、楽曲はまた音の波に還っていく…そんな体験をしてもらえたらとイメージした。 つなぎの箇所で使われる音にも趣向を凝らしており、例えばメンバーの本物の鼓動音が用いられていたり、50分近くあるノイズパートもメンバーの生演奏をレコーディングしたものでほぼ加工なし。リピートして聴いてみると、そこにはTokyo=都市=アイドルを感じられるはず。2018/9/12には渋谷WWW Xにおけるワンマンライブ「Tokyo in Seasons」を控えている。グループの紹介とワンマンの詳細・前売りは https://dots.tokyo/seasons/ から。

ヴぁんでぃっつ!!!/オンナノコヤマイ
Lossless

ヴぁんでぃっつ!!!/オンナノコヤマイ

Idol

あヴぁんだんど

新メンバー・小鳥こたおが加入し、新体制となったあヴぁんだんど。3人になってよりパワーアップした彼女たちの新曲が完成。2曲ともに作詞・作曲・編曲は、前作「Magical Symphonic Girl」を手がけたつるうちはなが担当。今回も女の子の強さや複雑な思いをキュートに表現した、前向きで元気なポップソングに仕上がっている。

空耳かもしれない
Lossless

空耳かもしれない

Idol

SAKA-SAMA

アルバム収録曲「デジタル・リレーション」に続きBjonsの今泉雄貴が手がけたリード曲「空耳かもしれない」のほか、アイドル・KOTOのプロデュースでも馴染み深い佐々木喫茶提供の「わたしたちの地図」、京都のサイケデリック・ドリームポップ・ユニット Emerald FourのDaisuke Adachiによる「おやすみジュディ」の3曲を収録。

異次元旅行のサウンドトラック
Lossless

異次元旅行のサウンドトラック

Idol

電影と少年CQ

“エイガサントラー”を自称する、架空の映画のサウンドトラックを歌う男女2人組のアイドルユニット電影と少年CQの1stアルバムは、「映画館で映画を見る」をテーマに構成された13曲+αのコンセプトアルバムにして、電影と少年CQ初めての“オリジナルサウンドトラック集”です。

ペーパー・ダイヤモンド
Lossless

ペーパー・ダイヤモンド

Idol

カイ

「カイ」のミニアルバム「ペーパー・ダイヤモンド」を鈴木慶一プロデュースで発売することが決定しました!本作は、鈴木慶一提供のオリジナル3曲(うち2曲はControversial Spark のkonoreが作詞を担当)に加え、鈴木慶一の過去作から、「女ともだち」(野宮真貴)、ゲーム「MOTHER」の主題歌「POLLYANNA( I BELIEVE IN YOU)」の2曲をカバーした、全5曲収録。

異次元旅行のサウンドトラック
Lossless

異次元旅行のサウンドトラック

Idol

電影と少年CQ

“エイガサントラー”を自称する、架空の映画のサウンドトラックを歌う男女2人組のアイドルユニット電影と少年CQの1stアルバムは、「映画館で映画を見る」をテーマに構成された13曲+αのコンセプトアルバムにして、電影と少年CQ初めての“オリジナルサウンドトラック集”です。まるで一本の映画を観たあとのような気持ちになるまさに“聴く映画”が完成しました。 作曲には、里咲りさへの楽曲提供で知られる灘藍、SAKA-SAMAなどへの楽曲提供もしているyellowsuburb、ロックバンドclismas出身で映画音楽も提供している久徳亮、闇ポップシンガーソングライターしずくだうみらジャンルを超えた才能が集結。エンジニアは、最上もが、Nakanoまる、つるうちはななどのアレンジャーをつとめる元ひらくドアのタカユキカトーが担当。作詞は、少女閣下のインターナショナルの演出を担当していた長田左右吉のほか、長田とあヴぁんだんど小鳥こたおによる作詞ユニット百貫目も参加している。1896年の“史上最初の映画”『列車の到着』から21世紀の映画まで、古今東西の様々な映画が各曲のテーマとなっており、映画ファンならばニヤリとする仕掛けが多く込められているところにも注目してほしい。

TOP