岡村詩野音楽ライター講座(2019年1月期)

音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深めライティングを通じて「表現」の方法を学ぶ場、それが「岡村詩野音楽ライター講座」です。ここにはプロのライターを目指す人から、ライティングの経験はないけれど音楽が好きで、表現の幅を広げたい! という人まで幅広いバックグラウンドを持った参加者が集い、学び合っています。

今回、岡村詩野音楽ライター講座2019年1月期では『音創りの現場を訪ね、ライティング力を深めよう』をテーマに講座を開講します。

今回の講座では、音楽がどのように作られていくのかを学んでいき、アーティストの楽曲制作の裏側までも想像できるような音楽の聴き方を学んでいきます。今回の講座を通じて、アーティストやエンジニアが音楽に吹き込んだこだわりへの理解を深めることができれば、あなたがこれまで聴いてきた楽曲でも新たな発見をすることができるはず。そういう発見を原稿に落とし込むことを目指していきます。

そして第2回(2月2日開催)では、蓮沼執太、高木正勝、スカート、岡田拓郎(森は生きている)などを手がける2000年代以降の重要エンジニア、葛西敏彦がゲストとして登壇。彼が管理するレコーディング・スタジオ〈studio ATLIO〉を訪ね、普段なかなか立ち入ることができないスタジオ内部を葛西自身の案内で見学する、超貴重な課外講座を行います! 公開インタヴュー、受講生による葛西への質問コーナーも予定しているため、葛西が手がけたアノ作品、コノ作品の謎をご本人に訊くチャンスです!

もちろん、レコーディングのことをイチから知ってもらえるようわかりやすくレクチャーします。ミックスやマスタリングといった音源制作の裏側も学びながら原稿の執筆を目指す立体的な今期。音楽ライターに最も必要とされる要素のひとつは、間違いなくレコーディングの知識です。全5回の講座を通してアーティストやエンジニアが音楽に吹き込んだこだわりをこの講座で身につけてみてください。

岡村詩野音楽ライター講座(2019年1月期) 詳細はこちら

TOP