INTERVIEW : SAWA (後編)

ーーSAWAさんが表現されているものは、日常で経験したものとは、遠いところにあるものですか?

SAWA : MCでしゃべる分には、普段のSAWAとそんなにかけ離れてはいないんですけど、どこかで線引きをしているだろうし、プロデュースしているんだろうなと思います。

ーーそういう考えでやってらっしゃる方と、なかなかお会いしたことがないからおもしろいです。

SAWA : デビュー当時はそんなに考えなかったんですけど、曲を作るようになると自分の中で、自分の株が一個上がるんですよね。それまでは作家さんがからデモとかを貰っていたんですけど、自分で作るようになると「これじゃ駄目なんだ。ここをこうしたら良いんだ」っていう細かいディレクションができるようになるので、「これはSAWAに歌ってほしいのか」「SAWAじゃないと駄目なのか」とか「SAWAに歌わせるとしたら、こういう風に歌ってほしい」という目線が自分の中に出てきて。そうすると歌い方も変わってきたりとか。

ーーそれって、SAWAを演じているということですか?

SAWA : というところは少しはあると思いますね。「完全に作っているのか?」と言われれば違うんですけど。

ーー変な質問になりますけど、アーティストとしてのSAWAは、SAWAさんにとってどういうアーティストなんですか?

SAWA : 軽いっていうのはひとつのテーマかも。アーティストそれぞれの思いがあるし私にもあるんですけど、それを押し付けない。というか宙に浮かせて「取りたい人は取っていいよ」くらいの軽さのほうが私がライヴにいったら楽しいと思うので、そういうふうにしているかもしれないです。

ーー「私」を強く出さないのは歌詞を見てもわかるんですけど、もっとスピリチュアルで宇宙的な内容、ファンタジーやSF的にすることもできるのにそこまではいってないですよね。

SAWA : 完全によくわからない部分までいくこともできるとは思うんですけど、「ちょっと人間らしい部分も出た宇宙」を目指しているのかもしれないです。

ーー現実逃避とはいっても、全然関係ないところにぶっ飛ぶというより、少し現実離れしたところへ誘導する、という感じなんですね。

SAWA : ちょっとだけエスケープするくらいの気持ちでやっていますね。

ーーデビューしたてのころは、自分で曲を作ったりはしていなかったんですよね。

SAWA : 曲も作ってなかったし詩も書いていなかったです。本当に歌っているだけで、「ケースに入ったSAWA」みたいな状態でデビューしたんじゃないかなって。

ーーそれこそ、曲も歌詞もない「箱に入ったSAWA」状態のときは、かつてヴァイオリンを課せられていたときに近いのかなと思ったのですが。

SAWA : でも、Free TEMPOのプロデュースだったり、好きな音楽に基づいてやっていたので、「何でヴァイオリン弾かなきゃいけないの?」っていうのとは根本的に違いますね。

ーー作詞作曲を手がけるようになって、自分の自由度が増した感じはありますか?

SAWA : そうですね。作り始めのころは自由度が低かったですけど、慣れてきたら書き分けもできるようになってきたし、歌ってほしいアーティストも変わってくるので、そうなると別人格で「SAWAに歌ってほしい、ほしくない」という発想が生じてきたりして不思議な感覚に陥りました。「私は歌いたいけれど、作家のSAWAは歌ってほしくないというからSAWAは歌いません」みたいな(笑)。

求められているものを作る思考なんでしょうね

ーーあははは。5周年を迎えましたけど、どうですか? 短かった?

SAWA : いや、長かったですよ(笑)。あっという間のようで、いろいろなことがあったなと。思い返すと色々なことがあって、自分の成長が自分の中で見れました。

ーー変化はありましたか?

SAWA : そうですね。ライヴも少しは慣れてきたし、人前に立つ上でどうしたらいいのかをちゃんと考えられるようになって、あと音を作り出すと耳は育つんだなって。最初の頃はミックスもそんなに言うことはなかったんですけど、ここをこうしたいとかこの音はもっとクリアな方がいいといった感じで、耳を使った脳が育ったなと、そういうところがありますね。

ーーやっていきたい部分はまだまだあるという感じですね。

SAWA : そうですね。もっといろいろ曲を作っていかなきゃと思うし、自分を育てていかないといけないなと思います。

ーーSAWAをプロデュースするということはもちろんですが、他のアーティストへの楽曲提供や、アイドルをプロデュースといった、プロデュース・ワークも増えてきましたね。

SAWA : そうですね。初めての曲提供したのが佐々木希さんで、あんなに素敵なかわいらしい方に曲提供できたことで自信になったし、それによっていろいろと作っていこうという気持ちが芽生えたので、もっといろんな曲を作ったり、アーティストに捧げたりしたいですね。

ーーちなみに、SAWAさんはどういうシチュエーションで曲を作ることが多いんですか?

SAWA : 一番活性化するのは風呂上がりですけど、お風呂に入る前になにかをやってその延長で風呂に入って風呂上がりにまとめるという流れがわりといいかなと。

ーーお風呂って割と皆さんキーワードに出すんですが、なんなんでしょうね。

SAWA : なにもできない環境だからですかね。お風呂は自分の身体くらいしか見ることはないじゃないですか(笑)。マイナス・イオンが出てるようなそんな環境で、頭の中のことと向き合えるのかな。

ーーなかには楽曲提供するのが辛くて泣きながら作ったというアーティストもいたりしますけど、そういうことはないですか。

SAWA : えー。わからないなそれは。私は、たぶんアーティスト・アーティストしたアーティストじゃないんだと思います。どこかドライというか。例えば「売れる曲を書け」って言われたら「ハイ」って言って書くと思うし(笑)。売れるかどうかはおいといて。商業的に音楽を作ることができるんじゃないかなって思います。

ーーそこまで、音楽が自分の生き写し的な感じではないんですね。

SAWA : もちろんこだわりもあるし、自分の中でここはこうしたい、というのもあるんですけど、周囲に受け入れられたいというほうがはるかに大きいから、求められているものを作る思考なんでしょうね。

ーーかなり職人的な、サウンド・プロデューサーとしての視点が強いですよね。

SAWA : そうですね。だから、「これはSAWAじゃないから書けない」とかするつもりはなくて、可能な限りなんでも書きたいなと思います。

ーー今の話を聞くと、音楽じゃなくてもいい、というわけではないんですよね。だから音楽であることは絶対条件だと思います。

SAWA : なんでもいいわけじゃないんですよ。

ーーやっぱり、SAWAさんは掴めるようで掴めないですね。

SAWA : そこが売りなんじゃないですかね(笑)。

ーーうまくまとめられてしまいました(笑)。じゃあ、SAWAさんの音楽への信頼感は一体なんなんでしょうね。

SAWA : 多分、音楽をやりたくてやっている、あるいは自分を表現したくて音楽をやっている人がアーティストに多いと思うんですけれど、私には音楽がもともとあったから。やりたいからそれを結びつける動機が必要なのではなくて、音楽がすでにあったから動機は必要なかったのかもしれませんね。

「SAWA」というツールを通して繋がってイベントなどになっていければ

ーー音楽活動5周年という節目を迎え、先日のMCでも「次は10周年だ」とも仰っていたじゃないですか。プロデュ―スしたりと活動の幅が広がっていますが、5年以降のSAWAさんはどういったヴィジョンを持っていらっしゃるんでしょう。

SAWA : 5周年と10周年はまったく変わっていなければいけないと思っていて。やっとプロデュースという所にまで辿り着いているので、そこから第二ステージみたいな感じで、そこからはプロデュースとか曲づくりを頑張った上でのSAWAを10周年では見せていけたらと思います。

ーー今回のDSD録音もそうでしたが、7月1日の音霊ではバンド・セットで出演されますよね。打ち込みじゃない部分も見せて行くご予定ですか?

SAWA : そうですね。最近はオケ・ライヴ、バンドもしくはアコースティック編成、DJ、とそのときによってSAWAの形態はさまざまです。月に3本ライヴがあったら1本アコースティックくらいの割合だったりもして、ニーズに合わせていこうかなと思っています。

ーー常にそういった視点を忘れないんですね。

SAWA : 外から見ていい状態でいたいんですよね。

ーーこれからはどういうプロデュースをしていきたいですか?

SAWA : 自分ができないことをしてもらうっていうのがひとつの要素ですね。曲を書く側としてどこまでできるのかを試させてもらうわけではないですけど、実現させてもらう、というのがありますね。

ーーアイドルという面ではどういったアイドルを作りたいと思いますか。

SAWA : アイドルの魅力って不完全さだと思うんですよ。隙があるとか抜けてるとか。そういう意味で、最近プロデュースしたワンリルキスは本当に隙があると思って。完璧を求めるのではなく、隙があって癒されて自分も頑張れるなと思われるアーティスト、アイドルを作れたらいいなと思います。

ーーちょっとした現実逃避というか、日常から少し浮いているという感覚は他の人をプロデュースする場合でも変わらないですか。

SAWA : そうですね。曲の中にも、自分が意図していないSAWAらしさがあるようで、自分ではそんなに出しているつもりじゃなくてもどこか癖が出るようなので、そこを生かしながらSAWAらしさも出していきたいなと。

ーー音楽を使ってひとつのプロジェクトやアーティストを作り出して世の中に出していくということで、どういう効果や反応をSAWAさんは期待していますか?

SAWA : 全部のアーティストを通して見れるようなイベントってすごくいいイベントだと思うのでそんなイベントをするとか。こないだの5周年のイベントはそれを目指していた訳ですが。私がアイドルやアーティストのプロデュースをさせてもらうことで好き嫌いをなくすとまでは言わなくても、、“SAWA”というツールを通して繋がってイベントなどになっていければもっと楽しいだろうなあと思います。

ーーいわゆる「ちょっとした現実逃避」だとしても最終的には現実で結びつく、みたいな部分があるんですね。

SAWA : そうですね。大きく言えば、みんなで集まってワイワイしたいくらいのことなんです。意外と簡単そうに見えて難しかったり、ワイワイできないということもあるので、ワイワイできるようなツールを作りたいです。

>>SAWAの5年を辿るインタビュー(前編)はこちら

第1弾ライヴ音源が絶賛配信中

第1弾配信開始「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」


SAWA☆Debut 5th Anniversary Live at SHIBUYA Glad

【配信形態】
DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 900円
HQD(24bit/48kHzのwav) ver. 単曲 200円 / まとめ 900円

【Track List】
1. Blue / 2. Mr.Brown / 3. StarlightPavilion / 4. ハッピーバースデイ / 5. Good day Sunshine


music & performed by SAWA

Recorded & Mixed & Mastered by 高橋健太郎
Recorded at SHIBUYA Glad

All photos by norico
Movie by 藤井伸

Artist Management 高橋亜矢子
Project Director 西澤裕郎(OTOTOY)

>>DSDの聴き方はこちら

※DSD 5.6MHz+mp3 ver.には、楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックが同梱されております。5.6MHz DSDの音源は、ご使用の再生環境によっては再生できない可能性もあります。ご購入の前にご確認ください。DSD DISCでお聴きになる場合は、DSD(2.8MHz)にダウン・コンバートしてご使用ください。

※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

>>「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」のLIVE REPORTはこちら

配信第3弾 : 新曲(オリジナル楽曲)

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのwav)

【配信予定日】
2013年8月上旬

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事