Suchmos躍進の図、ここに完成! 新アルバム『THE KIDS』をハイレゾ配信

2016年は、まさにSuchmosの急成長の年だったといえるだろう。2016年は14本の夏フェスに出演、フジロックフェスティバルのホワイトステージでも圧巻のライヴ・パフォーマンスを見せつけた。また昨年発売したEP『LOVE&VICE』収録曲の「STAY TUNE」は、CMソングに起用され、ライヴ・シーンを飛び越えてさらなる知名度を得た格好となった。そう、ライヴ、音源のどちらにおいても彼らの実力を世間に知らしめた1年となった。そんなSuchmosが前作『THE BAY』から1年6ヶ月ぶりのフル・アルバム『THE KIDS』をリリースする。

間違いなくジャンルレスな決定作

Suchmos / THE KIDS

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
アルバム 2037円(税込)

【収録曲】
1. A.G.I.T.
2. STAY TUNE
3. PINKVIBES
4. TOBACCO
5. SNOOZE
6. DUMBO
7. INTERLUDE S.G.S.4
8. MINT
9. SEAWEED
10. ARE WE ALONE
11. BODY


Suchmos/A.G.I.T.

REVIEW : さらに洗練されたグルーヴ感

昨年大きな注目を集めた中で唯一足りないピースであった「アルバムのリリース」、最後のピースとして、Suchmos躍進の図にはまることになる。もう聴く前から、その音源に期待せずにはいられない。それほどまでに彼らの勢いは明確なものだ。すでに発表されている曲の他に新曲を7曲収録したこのアルバム。アルバムのっけから、「A. G. I. T.」は、ギター、キーボード、そしてYONCEの伸びのあるヴォーカルからして、すでに名盤の到来を予期させる。もうワクワク感しかない。シングル曲の「STAY TUNE」、いわずもがな、メロウでシルキーな「PINKVIBES」の極上のグルーヴ。もはやこの時点で、アルバムの魅力にメロメロになっている自分がいることに気づく。続く「TOBACCO」では、ミドルテンポのファンク・ナンバーで、「言いなりなら簡単だって」「プライドをグラムで売れ それを買うやつに 死ぬまで従え」と歌うリリックに耳が引き寄せられる。そんなつまらないやつは置いておいて俺らは楽しくやってるよという感情、クールでいて、それでいてこうした奥底に熱いパッションを込めた歌詞もSuchmosの音楽の魅力のひとつであることに気づく。また詞といえば、「SEAWEED」のサビでリフレインされる英詞と日本語の掛け合いの、音(韻)としての気持ち良さが顕著だが、その歌詞には、やはり日本語ラップ以降の「ことば」使いを強烈に感じさせる。

サビ以外ほぼ英詞の「DUMBO」では、サビの日本語の部分で「アマチュアもプロも変わんないね」と歌う。インディーでここまで注目された彼らが言うと妙に説得力があるのだ。おそらく、彼らのインストのシリーズ「S.G.S.」(これまで『The Bay』『LOVE & VICE』『MINT CONDITION』に収録)の最新作となるインスト曲「INTERLUDE S.G.S.4」も、また彼らの演奏者としての魅力の側面も伝えてくれる。ダウンテンポの間を進むゆったりとキーボードとギターが掛け合いながらとても気持ちよく進んで行く。アルバムの熱量でいっぱいになった体と頭をクール・ダウンさせてくれる。

さらに自分たちのサウンドを洗練させたSuchmosがつくり出した『THE KIDS』。前作よりも各パートの音はクリアに、とくにベースとキーボードが印象的に聴こえた。迫力あるベース・ラインによって、彼らの最大の特徴とも言えるグルーヴ感はその説得力を増すばかりだ。洗練したファンク・サウンドに対して、気取った感じのない、“やんちゃ”な気概すら感じる熱くナチュラルな歌詞が語りかけてくる。こうしたSuchmosの魅力がぎっしりとつまったアルバムだ。すでにある勢いを背に、さらにさまざまな場において話題を呼ぶアルバムになるのではないか。彼らが夢と語る横浜スタジアムでのライヴもそう遠くない夢だろう。大きい会場で多くの観客を前にして自由に音楽を奏でている姿が容易に想像できる。(text by 鈴木雄希)

過去作もチェック!

LIVE SCHEDULE

Suchmos<TOUR THE KIDS>
2017年3月2日(木)@神奈川県 club Lizard YOKOHAMA
2017年3月5日(日)@静岡県 LiveHouse 浜松 窓枠
2017年3月8日(水)@栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2017年3月10日(金)@京都府 KYOTO MUSE
2017年3月11日(土)@岡山県 YEBISU YA PRO
2017年3月15日(水)@群馬県 高崎club FLEEZ
2017年3月17日(金)@新潟県 新潟LOTS
2017年3月18日(土)@石川県 金沢EIGHT HALL
2017年3月26日(日)@北海道 札幌PENNY LANE24
2017年4月1日(土)@宮城県 Rensa
2017年4月7日(金)@広島県 広島CLUB QUATTRO
2017年4月9日(日)@福岡県 BEAT STATION
2017年4月13日(木)@大阪府 なんば Hatch
2017年4月15日(土)@大阪府 なんば Hatch
2017年4月16日(日)@愛知県 DIAMOND HALL
2017年4月18日(火)@愛知県 DIAMOND HALL
2017年4月22日(土)@東京都 恵比寿ザ・ガーデンホール
2017年4月23日(日)@東京都 恵比寿ザ・ガーデンホール

PROFILE

2013 年 1 月結成。ROCK、JAZZ、HIP HOP などブラックミュージックにインスパ イアされた Suchmos。メンバー全員神奈川育ち。Vo.YONCE は湘南・茅ヶ崎生まれ、 レペゼン茅ヶ崎。都内ライブハウス、神奈川・湘南のイベントを中心に活動。 バンド名の由来は、スキャットのパイオニア、ルイ・アームストロングの愛称サッ チモからパイオニアとなるべく引用。 普段からバイブスを共有していた、YONCE(Vo)、HSU(Ba)、OK(Dr)、TAIKING(Gt)、 KCEE(Dj)、TAIHEI(Key) の 6 人グループ。

Suchmos公式HP

この記事の筆者
鈴木 雄希

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

【LIVE REPORT】TENDOUJI自主企画〈MAKE!TAG!NIGHT!!!〉@WWW X

【LIVE REPORT】TENDOUJI自主企画〈MAKE!TAG!NIGHT!!!〉@WWW X

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

Sentimental boysが導く、夏の終わり──2ndアルバム『Festival』ハイレゾ配信

Sentimental boysが導く、夏の終わり──2ndアルバム『Festival』ハイレゾ配信

リーガルリリー3部作ミニ・アルバムを配信開始、新体制初インタヴュー!

リーガルリリー3部作ミニ・アルバムを配信開始、新体制初インタヴュー!

田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)

田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)

STEPHENSMITHが生み出す、艶やかな“隙間”

STEPHENSMITHが生み出す、艶やかな“隙間”

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始

“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X

“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X

緊急リリース!! サニーデイ・サービスの新アルバム『the CITY』をハイレゾ配信開始!!

緊急リリース!! サニーデイ・サービスの新アルバム『the CITY』をハイレゾ配信開始!!

いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選

いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選

てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編

てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信

暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信

暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信

【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信

宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース

宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース

湯川潮音の新名義「sione」初アルバムを先行ハイレゾ配信&インタヴュー

湯川潮音の新名義「sione」初アルバムを先行ハイレゾ配信&インタヴュー

「平凡」ってなんだろう──ドレスコーズ、通算5枚目となるアルバムをリリース

「平凡」ってなんだろう──ドレスコーズ、通算5枚目となるアルバムをリリース

【ベッド・イン】バブル時代に憧れる23歳しょうゆ顔新人スタッフ鈴木クンがぶっとびーレビュー

【ベッド・イン】バブル時代に憧れる23歳しょうゆ顔新人スタッフ鈴木クンがぶっとびーレビュー

1stシングルをリリースの「かろうじて人間」。謎めいた彼らの正体を明かす!

1stシングルをリリースの「かろうじて人間」。謎めいた彼らの正体を明かす!

Suchmos、期待を大きく上回る決定版『THE KIDS』をハイレゾ配信!

Suchmos、期待を大きく上回る決定版『THE KIDS』をハイレゾ配信!

2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!

2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!

女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた

女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた

【なぜ坊主がクリス○スに?] 浄土真宗住職2人によるユニットTariki Echoに緊急リリースの真相を聞く!

【なぜ坊主がクリス○スに?] 浄土真宗住職2人によるユニットTariki Echoに緊急リリースの真相を聞く!

TOP