【REVIEW】“DIY”であるという精神性が導く、邦楽シンセ・ポップの次なるステージ

日本とフランスの血を併せ持つシンガー・ソング・ライター、Maika Loubte(マイカ・ルブテ)。14歳で作詞・作曲、更には宅録も始め、その長い音楽経験の中で培ってきたソング・ライティング能力とトラック・メイキングの才能は、クリエイターとしての彼女が単なる若手の括りに止まらないことを示している。この彼女の支柱とも言えるDIYの精神は、次世代を担うアーティストたちの基盤ともなるだろう。

アルバムの冒頭から多幸感溢れる楽曲群が続き、無機質な電子音の中にもエモーショナルな側面を感じさせる。アルバム2曲目「FEEL」では、自身が所属するユニット「Hello Wendy!」のメンバー、大野由美子(Buffalo Daughter)がプロデューサーとして参加。オルタナティヴなシンセ・サウンドに、浮遊感漂うMaikaのヴォーカルが重なり、アルバム全体に流れる明るいポップさとは一味違ったスパイスとして、今作をより重厚なものにしている。

2ndアルバム『Le Zip』の中で浮かび上がる彼女のポテンシャルの高さと楽曲それ自体の魅力は、邦楽ポップ・シーンに吹く新たな風を予感させる。今後の彼女の活躍に大注目だ。(text by 岩澤春香)

超キュートな新星、Maikaの2ndアルバム音源配信!

Maika Loubte / Le Zip
【Track List】
01. You and I
02. FEEL
03. Coconut juice
04. Philosophize me
05. Popcornic experie
06. Universal Metro
07. Devine
08. Universal Metro~GAME ON version~feet.Mother Tereco(bonus track)

【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3
単曲 257円(税込) / アルバム 1,543円(税込)


マイカ・ルブテ(MAIKA LOUBTÉ)「FEEL」MV

PROFILE

Maika Loubte(マイカ・ルブテ)

日仏ハーフのSSW/トラックメーカー。平成生まれ。東京在住。幼少期から十代を日本・パリ・香港で過ごし、14歳で作詞/作曲、自宅でレコーディングを始める。2016年夏にリリースする『Le Zip』は、Mitch Nakano、Yukari Shinomiyaをはじめとした友人のクリエイターたちとのコラボレーションによる46ページPHOTO BOOK付のCD+BOOKとデジタルでのリリースが決定している。また、この作品のリリースパーティーは、09月09日に渋谷O-nest行われjan and naomi、DYGL、Sapphire Slows、Yuksen Buyers Houseの出演が決定している。有機的な歌声と独創的な電子サウンドからなるボーダレスなポップセンスが耳の早い音楽ファンからの注目を集めている。また、大野由美子(Buffalo Daughter)、Neat's+AZUMA HITOMIらによるアナログシンセサイザーカルテット「Hello Wendy!」のメンバーとしても活躍中。

>>Maika Loubte Official HP

TOP