STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.4 解散をかけた、三浦菜々子大マラソン大会

13:00 昼食を終え、ついに三浦菜々子が走りはじめる 残り約20km

メンバーとファン一同がびっくりドンキーでの昼食タイムを終えると、ファンは誰も臨時タワレコ店に近づかず、ここでついにCD予約者が途絶える。ようやく17キロ地点で、本来の企画通り三浦菜々子が走ることとなった。心境を伺うと「わくわくしてます。走りたい気分です。」と意欲を見せた。ここからは途中1度タワレコがオープンしファンが2キロ分を購入、またメンバーによるお助け企画が発動し河村が1キロ走った以外は、三浦がたった一人で走って会場を目指す。

1時間くらいまったりして外に出ると大雨。お腹いっぱいで満足したのか、予約するファンがいなくなる

スタート以来の三浦菜々子が登場、まだ17km地点、先は長い

黙々と走る三浦

ひとり走る三浦の姿に心を打たれたメンバーの西園寺未彩がヘルプのために登場

並走しようとキックボードで後を追いかける

ここは下り坂

あれ…

スピードが…

転んでしまいました

サポートとして並走するはずだった西園寺未彩、負傷

走者の三浦に支えられ

車の中に戻りました

そんな三浦のために、Stereo Tokyoファンは様々な形で彼女の背中を後押しする。CDを予約購入し代走したのはもちろん、並走しながら自主的に動画を配信、代走したあとメンバーに見送られながら他のアイドル現場に足を運ぶ者、途中の道で待ち伏せ三浦に声援を送る、ライヴ会場で花輪を用意…。また驚いたことに代走するでもなく、三浦がずっと走っていたわけでもないのに走り続け、結果フルマラソンを達成した猛者も1人いた。冒頭のすーさんもタスキを繋いだあと「走って会場に向かう」と宣言し、会場までのほとんどを自力で駆け抜けた。

再び、三浦のマラソンがスタート

なにかをみつけて喜ぶ三浦

ファンが応援に大きなスプーンを用意。何に使うのか?

久しぶりにファンの予約が入り2kmを走る

またもや三浦のもとにたすきがわたる

陸橋でStereo Tokyoを応援するファンたち

また本サイトOTOTOYに対して、Stereo Tokyoファンが立ち上げた「OTOTUY(オトツイ)」なるパクリ・サイトのことにも触れないわけにはいかない。OTOTOYにてStereo Tokyoのマラソン企画などの特集ページがアップされるやいなや「オトツイ」は始動。同特集ページを完コピしたページや動画を公開、サーバーもレンタルし「ototuy.jp」ドメインを取得するという気合の入れっぷり。そしてStereo Tokyoのトップ・オタこと、“ステトーTO”はこの企画が行われる前になぜか77キロのマラソンを敢行。そのときの模様はStereo Tokyoの非公式MVとして編集され公開されている。自主的なマラソンを事前に行っていたため、オタクたちは道に詳しく、今回の三浦のマラソン企画でも助けられる場面があった。


ステトーTOが77kmを走ったドキュメントが収められたStereo TokyoのUnofficial Video

>>ついに都内へ突入!! 残り約10km、果たしてゴールし解散を逃れるか? レポートその3 最終編へ

TOP