「日本のトレヴァー・ホーン」こと、本間柑治が、本人名義では33年ぶりとなる新作をDSDでリリース!! 本間柑治本人がミックスを、オノセイゲンがマスタリングを務め、ルロイ・アンダーソンの冬の名曲「Sleigh Ride」をカバー。その時代時代を反映した音源と楽器を使い、シンセサイザー黎明期から多重録音で制作してきた本間が2013年にアップデートした名曲は、他にはないサウンドに。また、オノセイゲンの考えにより、2種類のマスタリングが施されています。全体に明るく楽しい雰囲気の仕上がりのDSD、陰影があり季節感のある仕上がりになっているHQD(24bit/96kHz)とWAV(16bit/44.1kHz)バージョン。それぞれ聴き比べてみてください。本間柑治ソロ3作目『Honma Express3』も製作中とのことで、本間柑治の動きから目が離せそうにありません!!


ルロイ・アンダーソンのカバー「Sleigh Ride」を先行配信!!

Kanji Honma / Sleigh Ride


【配信形式】
DSD+mp3 : 420円 (※mp3は、DSDと別マスタリングの仕様。それぞれのマスタリングをお楽しみいただけます)
HQD(24bit/96kHz) : 315円
WAV(16bit/44.1kHz) : 200円

絶妙なスパイスや仕掛けが、無邪気さ全開に、フックたっぷりに、そしてカラフルに

本間柑治(ほんまかんじ)というアーティストは、電子音楽やエレクトロニカをはじめ、そのテの界隈では、当然のことながら十分に知られている、超を付けてもいいほどの重要人物である。彼の功績は、CM、ゲーム・メディア周りではかなりの評価を受けているし、YMOの坂本龍一や、電気グルーヴのメンバーだった「まりん」こと砂原良徳も、絶賛するほど! 本間は伝説のテクノ・ポップ・ユニット、TPOのプロデューサーでもあるわけだから、当然と言えば当然のことなのだけれど。

しかし、本間柑治の音楽に、いまだ触れたことがないリスナーが存在するというのも、また事実だと思う。そんな方に、ぜひ聴いてもらいたいのが、彼が33年ぶり(!)に個人名義で配信リリースする「Sleigh Ride(邦題 : そりすべり)」だ。言わずと知れたLeroy Anderson(ルロイ・アンダーソン)のカヴァーで、今の季節にぴったりの、温もりにあふれた、華やかな一曲に仕上がっている。

約3分の楽曲とはいえ、そのクオリティは凄まじいものがある。原曲のよさを尊重し、生かした上で、本間ならではの絶妙なスパイスや仕掛けが、無邪気さ全開に、フックたっぷりに、そしてカラフルにちりばめられている。聴いていて、どうにもこうにも、ワクワクさせられてしまう! このあたりは、シンセサイザー黎明期から、多重録音制作に挑み続けてきた音楽家でこそ、為せる業だろう。それでいて、嫌味なベテランらしさはなく、きわめてフレッシュな感動を与えてくれるのだから、本当にすばらしい。シンプルに、聴き手をいい気分にさせてくれる。

この数年、彼は「DS i Love You(任天堂DS-10のみで音楽制作をする実験ユニット)」としての活動がメインだったが、今回はDSからは完全に距離を置いたものとなっている。つまり、DSをまったく使わずに、サンプラーやシンセ主体の打ち込みで制作されているということ。「日本のトレヴァー・ホーン」の愛称を持つ彼の、本来のサウンドが聴けるのがポイントだ。マスタリングはオノセイゲンが担当しており、唯一無比の音像が味わえる。さらに、OTOTOYでは、DSD高音質での配信となるので、その点にも注目してほしい。(text by 田山雄士)

「Sleigh Ride」の制作 by Kanji Honma

DS i Love YouとしてDS1台で制作した2010年の『Christmas Dinner』と2011年の『Christmas Dinner Ⅱ』 、クリスマス曲の楽しさと音楽的に過酷とも言えるDSの機能的限界の苦しみを、一人打ちのテニスのようにたっぷりと味わった。「まだまだできるよ」という声が「もう無理」と思う心に囁きかける。

クリスマス・アルバムは2回制作したので2012年の冬、DS i Love Youはお休みすることになった。ふたつのクリスマス・アルバムの製作過程で、DSの機能制約上、多重録音をしないと製作不可能なのであきらめた曲もあった。中でも Leroy Anderson の Sleigh Rideはクリスマス・アルバム計画で一番取り上げたかった大好きな楽曲だったが、DSではフルコーラスの半分も製作できない上、サウンド的にも十分な効果が期待できない。さらに調べてみると、この楽曲はそもそもクリスマス・ソングではないことが判明しクリスマスとは別の機会にと考えていたのだった。

あらためて Sleigh Rideのスコアを見ていて、この楽曲がそりを引く馬を細かく描写していたんだなあとか感心したり、すごい名曲なのに自分が好きだなと思うような演奏やアレンジのものがあまり無くて残念だなあとか思っているうちに、この曲一度トライしてみたら良いのではないかと気持ちが動いた。あまり制約のない状態でリラックスした制作をするにはDSでない方が良いということで、ソフト・サンプラーやソフト・シンセ等でこだわりなくフランクに制作した。基本的に大好きな曲なので全くオリジナル・スコアのままで良いと思ったが、作っているうちに少しHONMAスパイスが効いてしまった。

今回はDTM環境での制作で、特にソフト・サンプラーの比重が大きいため、MIX DOWNまでのプロセスはコンピュータ制作環境内で全て完結させた。ただし最終的なブラッシュアップには決定的GOD HANDが是非欲しいとも思い、オノ・セイゲン氏の力を借りることとなった。思ったとおりの非常に的確なマスタリングにより私が意図した以上の品位あるサウンドに仕上げていただき感謝、感謝。またDSD高音質での配信予定もあるので乞うご期待。

今回1曲だけの単発リリースではあるものの、Kanji Honmaの世界の現れとして、1980年にリリースした「Honma Express」以来、33年振りの本間柑治名義での発表となる。スキーの人気も復活しつつある? というこのウィンター・シーズン、締めくくりは冬の名曲「Sleigh Ride」をKanji Honma の世界でお楽しみください。

本間柑治が主宰する実験プロジェクト、DS i Love Youの音源はこちら

PROFILE

本間 柑治(Kanji Honma)

13歳よりコントラバス、14歳よりシタールを独学、高校時代に仲間と自主制作盤をリリース。パリ大学音声音響学研究所で言語学 / 音声学の基礎を学ぶ。

1980年にトリオレコードより「Honma Express1」(廃盤)を発表。1981年に「Turkey shot (Honma Express 2)」を、ロサンゼルスにあるチック・ コリアのプライベートスタジオ「マッド・ハター・スタジオ」他にて制作(未発売)。同年、FILMSのレコーディングにアソシエイト・プロデューサーとして参画。1982年頃より「日本にはじめてフェアライトCMIを持ち込んだテクノ・ポップ音楽集団」「日本のアート・オブ・ノイズ」TPOプロジェクトの首謀者として、片柳譲陽(Joyo Katayanagi)名義でプロデューサー役を務める。1984年頃より片柳譲陽名義で丸井、資生堂、メルセデスベンツ、明和地所など多数の CM音楽を作曲、独自の音楽性が高く評価される。1987年、士郎正宗原作「ブラックマジック M-66」の音楽を担当 (片柳譲陽名義)。1990年、コカコーラ・ライトCMでJAM最優秀編曲賞受賞。

2003年よりスタートした「小山田圭吾の中目黒ラジオ」エンディングテーマにTPOのSundogが起用され、TPO再評価の機運が高まる。2009年2月、1983年にリリースした「TPO1(2枚組)」再発、小山田圭吾(コーネリアス)がコメントを寄せる。アマゾン・インディー・チャート2位はじめ、高い評価を得る。2009年8月、TPOメンバーが1981年に制作した「GREEN by PROJECT GREEN」 発売。2009年 KORG DS-10 PLUSのみで音楽制作する実験プロジェクト「DS i Love You」を立ち上げる。その高い音楽性と斬新なサウンド・メイキングが世界的に注目され、デビュー時は坂本龍一もツイッターでコメントを寄せ話題となった。

2013年、33年ぶりに本間柑治名義での新作「Sleigh Ride」を配信リリース。本作品では砂原良徳よりコメントが届いている。現在『Honma Express3』(本間柑治ソロ3作目)を制作中。

公式サイト : http://dsiloveyou.com/

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】Hanah Spring、新たな方向性を獲得した2ndアルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年02月14日・ソウルはどこを目指す?──Hanah Spring、4年ぶりとなるニュー・アルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信 2014年、黒田卓也、Kan Sano、吉田サトシといった同世代の才能たちとともに作り上げたアルバム『Handmade Soul』をリリースしたHanah Spring。ジャズ・ミュージシャンの両親を持ち、幼少から音楽によって育まれてきた彼女による『手作りのソウル』は、温かい中にもストイックなまでのグルーヴが感じられ、そこに彼女の歌声が光る一枚だった。そんな彼女が4年の時を経て世に放つニュー・アルバムのタイトルは『Dreamin’』。表現力豊かな歌声でリスナーを夢中にさせてきた彼女が歌う「夢」とはいったいどんなものなのだろうか。待望の最新作をOTOTOYではハイレゾ配信するとともにレビューを掲載。お楽しみください。 4年ぶりのニュー・アルバムHanah Spring / Dreamin’'【配信形態】(ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC)>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. Dreamin’
by 海老沼 孝男
【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!
・2018年02月09日・【REVIEW / ハイレゾ配信】今再びUKロックの着火剤となる、フランツ・フェルディナンドの野心と核心 UKロック・シーンの綺羅星、フランツ・フェルディナンドが4年半ぶりの新作『Always Ascending』をリリースした。本リリースまでの間には、2016年にはオリジナル・メンバーでもあるニック・マッカーシーが育児のために脱退、そして2人の新メンバー、ジュリアン・コリーとディーノ・バルドーが加入し5人組へとその体制を大きく変えた。この、バンドの新たなキャリアのスタートとも言える作品では、ダフトパンクの先輩格とも言えるモーターベースやカシウスといった名義でフレンチ・ハウス・シーンを牽引、またはフェニックスやカイドネスといったアーティストを手がけていることでも知られるフィリップ・ズダールをプロデューサーに起用している。それもあってか、彼らの大きな魅力のひとつでもあるダンサブルなサウンドへとフォーカスした作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作をレヴュー、そしてハイレゾ配信でお届けしよう! 24bit/96kHzハイレゾ配信Franz Ferdinand / Always Ascending(24bit/9
by 井草 七海
【REVIEW】Taiko Super Kicks、ミニマムに振り切る新アルバム
[CLOSEUP]・2018年02月07日・Taiko Super Kicksがミニマムに振り切る新アルバム──『Fragment』に見え隠れする確信と自信 2015年、限りなくおおらかなメロディーと軽やかな実験精神でインディ・ポップ・シーンにゆらめきをもたらした『Many Shapes』から約2年、Taiko Super Kicksが、待望の新作フル・アルバム『Fragment』をリリースした。新鮮さと懐かしさが混在する不思議なサウンドと、細やかで広がりのあるアンサンブル、どこまでもしなやかに拡張されていくTaiko Super Kicksの音楽はさらなる成長を遂げている。そんな彼らは今作をひっさげて台湾を含む6都市を回るツアーの開催が決定! OTOTOYではハイレゾ配信もスタートします! ひさびさの新作を読み解く、土佐有明によるレヴューとともにお楽しみください。 2年ふりとなるニュー・アルバムTaiko Super Kicks / Fragment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】1. たたかいの朝2
F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始
[FEATURE]・2018年01月24日・F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始 様々なゲーム作品をリリースしているLeaf/AQUAPLUSのヴォーカル曲を集めた『AQUAPLUS VOCAL COLLECTION』シリーズの第11弾アルバムが、ついにハイレゾ・DSDで配信開始となった。本作には「WHITE ALBUM2 -closing chapter-」 「WHITE ALBUM2 幸せの向こう側」「ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔」の楽曲が収録されている。OTOTOYではアルバム購入で歌詞pdfつき。歌姫たちの美声を歌詞とともに酔いしれてほしい。 AQUAPLUS VOCAL COLLECTION VOL.11'【配信価格】(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324円 / まとめ購入 3,240円【Track List】''1. 時の魔法 -- 小木曽雪菜2. 心はいつもあなたのそばに -- 津田朱里3. closing -- 上原れな4. Routes -- 小木曽雪菜
by 純三
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック
[CLOSEUP]・2018年01月24日・《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第11弾シングル「ダークヒーロー」の配信がスタート。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、背中を押してくれる第11弾goodtimes / ダークヒーロー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. ダークヒーロー REVIEW : 泥臭さ上等。雑草根性で走り抜ける。 12ヶ月連続配信も今回を含め残り2回となった。寂しさが感じられるようになっているあなたは、すっかりgoodtimesの虜になっているはず。2018年になり、goodtimesのスタートは、彼ららしいキャッチーな王道ロックで攻める泥臭さ上等の雑
by ai
【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】ポップの旗手としてミツメの飛躍が始まる! ──史上最高のポップ・ソングをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ポップの旗手としての飛躍が始まる! ──ミツメの史上最高のポップ・ソングを、ハイレゾ配信&レヴュー掲載 2016年のアルバム『A LONG DAY』リリース以降、国内12箇所、15公演、中国7都市、台湾、韓国、ロサンゼルスをまわるツアーを行ったミツメが、満を持してシングル「エスパー」をリリースした。ミツメ節と言える、人肌の温かいポップ・エッセンスを還元濃縮した、ミツメ史上最高との呼び声高いポップ・ソング「エスパー」を表題曲にし、初期ミツメを彷彿とさせながらも、ライブで培った圧倒的な演奏力と、進化し続ける川辺のソングライティングが爆発。新たな一面とミツメらしさを兼ね備えたこちらの最新作を、OTOTOYではハイレゾ配信、そして楽曲をよりお楽しみいただくためにレヴューを掲載する。 ミツメ史上最高のポップ・ソングエスパー / ミツメ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【価格】単曲 324円(税込) / まとめ 540円(税込) 【収録曲】''1. エスパー2. 青い月 REVIEW : いまだかつてなく熱っぽいミツメのポップ宣言 こんなにも熱っぽいミツメを聴く時が来たと
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事