KASHIWA Daisuke、新作『Re:』をHQD(24bit/48kHzのwav)で!

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisuke。彼が、現在入手困難となっている初期の名作『april.#19』のニュー・ミックスをはじめ、これまで手がけて来たリミックス、レア音源、未発表曲も新たにミックス/リマスターした、裏ベスト的なアルバム『Re:』をリリースします。更なる高みを目指すKASHIWA Daisukeの、過去への決別を表す作品となった今作。OTOTOYでは、24bit/48khzの高音質音源で配信します!! 更に、収録曲の中から「deepblue [12"edit]」をフリー・ダウンロード配信します! 是非、高音質でお楽しみ下さい。

>>>「deepblue [12"edit]」のフリー・ダウンロードはこちらから

KASHIWA Daisuke / Re:

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)、mp3

【配信価格】
単曲 150円 / アルバム 1,500円(mp3とHQD共に同じ)

【Track List】
1. april.#19 / 2. deepblue [12"edit] / 3. solar man / 4. Jazz pour une infante defunte / 5. something is lost / 6. KATABAMI Dance / 7. april.#07 / 8. Ajanagar / 9. april / 10. colophon.#02 / 11. april.#20


「Re mix」「Re harmonize」「Re arrange」「Re mastering」、これらの方法論を総括、また、「リスナーへの返信」という意味を込めて「Re:」というアルバム・タイトルが冠された作品。2006年~2012年までのKASHIWA Daisukeの軌跡を集めた、これまでで最もポップでバラエティに富んだ作品である。

INTERVIEW : KASHIWA Daisuke

坂本龍一のラジオ番組『RADIO SAKAMOTO』で楽曲がオンエアされるなど国内のエレクトロニカ界隈はもちろんのこと、ヨーロッパなど海外でもライヴでその名を馳せるKASHIWA Daisuke。前作『88』では、ピアノ1台88鍵と向き合いストイックな表現に挑戦した彼だったが、このたび、リミックス・アルバムをリリースすることとなった。アルバム・タイトルは『Re:』。彼のこれまでの軌跡が辿れるだけではなく、それぞれの作品が新たに更新され、彼の様々な魅力が全方位的に開けた作品に仕上がっている。これまで毎作テーマを変えてきた彼が、今回どのような気持ちでリミックス・アルバムにトライしたのかを聞いた。

インタビュー & 文 : 小川 ワタル

長いストーリー性のあるものが好きで惹かれていた

――今回リミックス・アルバムを制作しようと思ったのは、どうしてですか?

KASHIWA Daisuke(以下、KASHIWA) : 「april.#19」が入っているアルバム『april.#07』(2007年発表)が、今ではもう入手困難になってしまったので、その曲を復活させようとまず思いました。とても評判の良い曲なので。それと、これまでにリミックスした他のアーティストの楽曲のなかで自分が気に入っている曲を、1つのアルバムにまとめたいと思ったからです。

――そのアルバム・タイトルが『Re:』ということですが、そこにはどんな思いが込められているのでしょう?

KASHIWA : メールを返信するとき、タイトル冒頭に“Re:”が付きますよね。あれをもじっているのが、まず1つです。あとリミックスの頭にも“Re”が付きますよね。他にはリハーモナイズ(和音のつけ直し)だったり、リマスタリングだったりとか、色んな“Re”をひっくるめて、このタイトルにしました。また、色んなアルバムに収録されているリミックス曲を一枚にまとめて聴きやすくすることで、リスナーの方にお返ししたいという意味合いもあります。

――アルバムには未発表曲も入っていますね。そのうち、モーリス・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」のオマージュ(「Jazz pour une infante defunte」)は、どういった経緯で作られたのですか?

KASHIWA : 3作目のアルバム『5 Dec.』(2009年発表)で、クラシックをモチーフにするというテーマで取り組んだのですが、その流れを汲んでいます。ジャズ風にリハーモナイズして、自分なりにアレンジしたら面白いんじゃないか、というところから始めてみました。Jimanicaさんにも素晴らしいドラムを叩いて頂きましたし、今回のアルバムのなかでも、いちばん自分が気に入っている曲です。

――今では入手困難なアルバム『april.#07』は、当時ドイツのレーベルonpa)))))(onpa)))))の特集はこちら)のからリリースされました。海外のリスナーに対する意識はありますか?

KASHIWA : 特に意識はしていないです。ただ、海外の方にも沢山聴いて頂いているみたいですね。インストゥルメンタルなので言葉の壁が無いのが、まず1つあると思います。あと自分の作風として、細かい作り方をしている曲が多いので、そういった部分でアート的なものを感じ取ってもらっているのかなとは思っています。

――ジャケット・デザインにもアート的なこだわりを感じます。

KASHIWA : まず今回のアルバムのカラーに関して、今までの自分の作品にはなかったようなカラフルな感じにしたいというのが、すごくありました。歌もあり、ピアノ曲もあり、ポストロックもジャズもヒップホップもあり。そこでジャケットのイメージも、色んな物が入り混じった、カラフルな感じで作っていただきました。

――NISHIDA Kojiさんによるジャケット・デザインも、2ndアルバム『program music I』(2007年発表)から数えて今作で4枚目になりますね。今回は制作にあたって、どういった話し合いをされたのでしょうか?

KASHIWA : 今回のジャケット・デザインに関しては、かなり具体的なイメージが自分のなかではっきりしていました。NISHIDAさんらしいコラージュをメインに押し出してほしいという事、立方体を含めてほしいというのと、あと、空を切り取ったようなものを入れてほしいと。具体的にパーツを指定して、それらをNISHIDAさんらしく融合して作っていただきました。「april.#19」のPVに関しては、今年5月に「Virgin Babylon Night」というレーベル・イベントがあったんですけど、NISHIDAさんにVJをやっていただいて、そのときに作っていただいた映像が素晴らしかったので、今回リリースするにあたって編集し直して頂きました。

――「april.#19」のPVでは、桜の印象が強く残りました。ところでトラック・リストを見ると、数曲置きに「april」が入っていますね。

KASHIWA : はい。1stアルバム(『april.#02』、2006年発表)に「april.#02」というメインとなる楽曲が入っていて、それがけっこう長尺な曲だったんですけど。長尺なだけに色んなパーツがあり、それを自分でリミックスしたり、リアレンジしたりしているうちに沢山の曲が出来て、適当にナンバリングしていったら20番にまで増えました。pianaさんの「april」は偶然です。

――2ndアルバム『program music I』には40分近い曲がありますが、数十分の大曲を作るのが好きなんですか?

KASHIWA : そうですね。もともと高校のときにイエスなどのプログレッシヴ・ロックに影響を受けて作曲を始めたので。長いストーリー性のあるものが好きで惹かれていたので、自分が表現する時にもその影響を受けています。

コンピレーション的な楽しさがある

――以前はバンドYodakaのギタリスト/コンポーザーとして活動されていたんですよね。

KASHIWA : はい、それはプログレというかポスト・ロック的なバンドでした。

――プログレというと、たしかに前々作の『5 Dec.』はギター主体でロックっぽい感じがありましたが、前作『88』では、ピアノ主体の柔らかみのある音楽に感じられました。前作『88』を経て今作を聴いたときに、『5 Dec.』よりも柔らかい感じの音楽が多いと思ったのですが。

KASHIWA : そうですね。制作時期は2006年から現在にかけてまでの曲を集めているので、特に方向性を決めてアルバムを作ったということではないのですが。ただ、仕事でのリミックスの場合、引き受けたときに原曲を超えたいという思いがあって。そこで、あまり前衛的過ぎるとか、アンビエント過ぎるとかに偏らず、ちゃんと聴ける1曲として仕上げようという気持ちが強くなるからかもしれません。

――ミックスも全曲し直しているんですか?

KASHIWA : はい。最近、マスタリングやミックスのエンジニアもやっていまして。昔のまま再録するよりは良くなる部分は良くして収録したいなということで、多少手は加えています。

――マスタリングやミックスまで、一人で何でもやろうという意識がありますか?

KASHIWA : そうですね。全部出来ないと気が済まないところがあります。とにかく、何でも一人で出来るようになりたいなという。

――アルバムごとに方向性も変えていますよね。

KASHIWA : はい。色んなことを試したいという思いが昔からあります。例えばクイーンであったりレディオヘッドであったり、作品ごとにカラーが変わっていくアーティストがすごく好きなんです。常に新しいものに挑戦し続けているアーティスティックな部分に共感できるというのがあって。自分も、常に表現したいものを自分なりの手法で追いかけていきたいというのがあります。ロープレ(ロール・プレイング・ゲーム)ってやられたことありますか?

――はい、あります。

KASHIWA : ゲーム・キャラクターって、特定のジョブだったりアビリティーだったりがありますよね。魔法使いなら魔法だったり、戦士だったら力技だったり。音楽でも一緒だと思っていて。例えばリズム・トラックが得意な人だったり、ピアノが得意だったり、アンビエントが得意だったり、ロープレのジョブみたいなものだと思っていて。でも最終的に強いキャラって、全部習得してたら一番強いじゃないですか。僕は自分の作品を作るにあたって、それらを習得していく過程というふうに捉えています。ビートも組める、ピアノ曲も作れる、長い曲も作れる、ミックスもマスタリングも、と色んなことをやっていけば、作品のどこを切ってもクオリティーの高いものが、最終的に作れるのではないかと思っています。ラスボスを倒すため(最終的に納得いくものを作るため)に、色んな技術を習得しながら進んで行っているというのが、自分のなかですごくあるんですよね。そしてそれを極端に表現したい。例えば、ピアノ・アルバムを作りたいと思ったら、本当にピアノのみでやってみる。その過程で当然学ぶことも沢山ありますし。

――リスナーの方々はKASHIWAさんの方向性が変わっても、一貫した魅力を感じて聴き続けていると思うんですね。そこで“リスナーへの返信”が今回リミックス・アルバムとして届けられるわけですけれども、リスナーに打ち出したいテーマはありますか?

KASHIWA : やっぱり今回はカラフルさですかね。自分の今までの歴史というか、今までやってきたことを1つに集めているので、何かテーマを決めて作るアルバムには出せない、色んな楽器や手法によるカラフルさを楽しんでいただけるのではないかと思います。オリジナル作品ではない他のアーティストのリミックスもあるので、自分の作品でありながら他人の要素も入った、コンピレーション的な楽しさがあると思います。

――次作の展望などありましたらぜひお聞かせださい。

KASHIWA : 前々からやりたいなと思っているのは、歌ものでアルバム1枚作ってみたいです。バンドものをやってみたいというのもありますし、色々やりたい事はまだまだあります。

――楽しみにしています!

LIVE SCHDULE

超DISSECTED
2012年12月8日(土)@渋谷WOMB
Live : nego
Guest : ドラびでお / BRICOLAGE(ドラびでお+向山聡孝 DUO) / KASHIWA Daisuke×VJ rokapenis / Kuni Lopez / YUMIKO / SARATOGA×VJ mitchel / DALLJUB STEP CLUB / 野崎巌(nego)feat.U-zhaan

world's end girlfriend Eve (2012.12.21) - 先行特別チケット
2012年12月21日(金)@渋谷WWW
Live : world's end girlfriend & POLTERGEIST ensemble / world's end girlfriend & Another Alchemy(PC set)
Vj : Rokapenis / Masato TSUTSUI
(※KASHIWA Daisukeは、world's end girlfriend & Another Alchemyへの参加となります。)

Magdala presents「Magdala ツアー・ファイナル」
2012年12月29日(土)@ルーテル市ヶ谷
出演 : Magdala / KASHIWA Daisuke×高橋英明 / Yasushi Yoshida Chromatic Sextet / cokiyu

RECOMMEND

KASHIWA daisuke / 88

自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動しているKASHIWA Daisukeの4thアルバムが完成。今作では、これまでの彼の象徴とも言える緻密な打ち込みやオーディオ・エディットが排除され、ピアノ1台・88鍵によって表現されている。流れる旋律の中に溢れ出す、静謐な響きと力強いメロディー。新たな飛躍の一歩となる一枚を、より立体的な音で楽しめるHQD(24bit/48kHzのwav)での販売。

>>>Kashiwa daisukeの特集ページはこちら

SANSARA

nego

Album ¥1,200

nego / SANSARA

サイケデリックでトランシー、ダンサブル且つプリミティブ、ダイナミックにエモーショナルでセンシティブ。圧倒的なスケール感と灼熱のグルーヴを持ったバンド、nego。彼らの約2年ぶりとなる2ndアルバムが完成。negoの真骨頂ともいえる「Dog Sweeper」、様々なサンプリング音源とズ太いベース・ラインが絡み合う「Human Shield」を含む全9曲。

>>>negoの特集ページはこちら

Jimanica / Torso(HQD Ver.)

これまでの作品の中では最もメロディアスな作品が揃ったこのアルバムには、昨年末、初のソロ・アルバム『カラフル』をリリースし、Jimanica band setのライヴでも印象的なコーラスでファンを魅了する山田杏奈が『Pd』に引き続き全面的に参加。今年6月にリリースした約5年振りのアルバム『シティ・ダイヴ』が好評の一十三十一が、そして今や音楽界のみならず、演劇界でも高い評価を得ている□□□の三浦康嗣がラップ他で参加。

PROFILE

KASHIWA Daisuke

学生時代、プログレッシヴ・ロックに影響を受け作曲を始める。2004年にkashiwa daisukeとしてソロ活動を開始し、2006年にドイツのレーベルonpaより1stアルバム『april.#02』をリリース。翌年8月、nobleレーベルより2ndアルバム『program music I』を発表。2008年9月には、大型野外フェスティバルSense of Wonderに出演。2009年2月、3rdアルバム『5 Dec.』をnobleよりリリース。同年6月にはヨーロッパ3ヶ国8都市を廻るツアーを敢行し、世界三大クラブと呼ばれるベルリンのクラブ、BerghainではCLUSTERと共演し、旧ソ連軍の秘密基地跡で毎年開催されるドイツ最大級のフェスティバルFusion Festival 2009にも出演。2010年4月、マカオ、香港を巡るアジア・ツアーを行う。自身の創作活動の他、様々なメディアへの楽曲提供、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動している。

KASHIWA Daisuke official HP

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In