『TAIYO33 presents 東京PAOS! 』2012年11月7日(水) 渋谷WWW

11月7日、祭り興しプロジェクト「TAIYO33OSAKA」が主催するイベント「PAOS! 」が東京、渋谷WWWに上陸した。「PAOS! 」は、powerの「P」、ahoの「A」、oosakaの「O」、sunshineの「S」、そしてexclamationの「! 」が合わさった造語である。芸術、文化、食べ物やマッサージまで、様々な文化の持つエネルギー、また電力というエネルギーについて、祭りというイベントを通して感じて、考えようというイベントだ。

photo by 小林優平

TAIYO33 presents 東京PAOS!
2012年11月7日(水) 渋谷WWW

【LIVE】
PIKA☆(ex.あふりらんぽ)×七尾旅人+サイトウケイスケ(LIVE PAINT/山形) / 奇妙礼太郎 / TAIYO33BIGBAND〜合図磐梯山/福島かんしょ踊り〜 / N'夙川ボーイズ

【TALK】
「TAIYO33OSAKAってナニナニナ〜ニ? 」PIKA☆×アチャコ・プリーズ×飯田仁一郎(OTOTOY)
「No Nukes Yes RockなR水素! 」江原春義(R水素ネットワーク代表)

【FOOD】
PARADISE ALLEY・33FOOD

【BODY】
宇宙マッサージ・33マッサージ・直傳靈氣

【HAIR CUT】
大野繭(boy)

【ART】
HAMADARAKA(eruarizono,emuarizono)

【DJ&DANCE】
DJ Bing a.k.a Toshio Kajiwara+煙巻ヨーコ(BABY-Q・HEXION! )

【VJ】
ROAKPENIS

【33発電】
「33自転車発電」 / 「発電ポールダンス」メガネ / 「ダイナモ発電」まこねはん

あんたが太陽! 大阪発、エネルギーに溢れた祭り興しイベントが遂に東京で開催!

ライヴ・アクトはWWWラウンジの奇妙礼太郎から始まった。ギターをかかえた奇妙礼太郎は、マイク1本、観客とさほど目線の変わらない低めのステージに立ち、身体を大きくうねらせ、時折、堅く目を瞑りながら歌う。ビリビリと肌に感じるような声量を放ち、「君が誰かの彼女になりくさっても」や「機嫌なおしておくれよ」といった人気のナンバーを披露した。曲の間の短いMCではラウンジの外から聞こえてくるスタッフの言葉を拾って、観客の笑いを誘ったり、終盤にはコール・アンド・レスポンスを起こしたり、盛り上がっているのに穏やかで幸せな気持ちになれるステージだった。

photo by 石井麻木

続いてのライヴは、メイン・ホールでのN'夙川BOYSである。とんでもなくパワフルなアクトだった。彼らがステージに上がっている間、MCもライヴ・パフォーマンスも、隅から隅までエネルギーに溢れていた。「ひとりぼっちのマイクロフォン」では、マーヤLOVEが見事に1曲全編ファルセットで歌い切り、歌詞になぞらえた「clap your hands」のコール・アンド・レスポンスで観客を巻き込み始めた。キュートに踊りながら歌うリンダdada、フロアから3mはあろうスピーカーによじ上りギターをプレイするシンノスケBOYsと、それぞれが自由に見せ場を演出していた。ラストの「物語はちと? 不安定」では、煽りに煽って、ステージ下に観客を集めた。3人は集めた観客の上に降り立ち、歌い、そしてギターを弾き続けた。高揚感に満ちた観客とその上でアクトし続けるN'夙川BOYSの一体感と盛り上がりはこの日一番だった。

photo by 石井麻木

ライヴは一段落し、プロジェクトの代表であるPIKA☆とアチャコプリーズ、そしてOTOTOY編集長の飯田仁一郎によるトークが行われた。プロジェクトの成り立ちから現在、そして、2013年3月3日に開催予定であるプロジェクトのフィナーレ「太陽大感謝祭」について、映像を交えながら語る。2011年9月の発足から1年半、より良い未来のために、大阪を中心に様々なイベントや活動を行ってきた彼女達の「原発の問題は他人事ではない、大阪からこそ発信していくべき」と力強く語る姿が印象的だった。また、トーク後には観客も一緒に、フロア全体を練り歩きながらの「かんしょ踊り」が繰り広げられた。かんしょ踊りは会津地方に伝わる盆踊りの一種である。名前の由来は「癇癪」が「カンショ」になまったもので、踊りには民衆の怒りが込められている。拳を突き上げて踊る人々、BIG BANDの演奏、そして節のついた歌により、どこかシャーマ二スティックな空間が作り上げられた。

煙巻ヨーコ(東野祥子)によるステージ・パフォーマンスが終わったところでフロアの最前列からステージに現れた七尾旅人。ソロで「圏内の歌」をしっとりと、力強く弾き語ったところでPIKA☆が登場し、「おかあさん」から2人のセッションが始まった。聞かせる曲から激しい掛け合いにまで至り、時にはステージを駆け回って、演奏は続いた。スクリーンに映し出されるサイトウケイスケのライブ・ペインティングにロカペニスの映像効果が加わり、全体がエモーショナルに移り変わっていく。エレキ・ギターを抱え、マイクの前に立つ七尾旅人と全身でドラムを叩くPIKA☆、そして画面いっぱいに絵の具の混じり合う映像、聴覚にも視覚にも衝撃を与える。緩急のついたステージ・パフォーマンスに圧倒されつつも惹き付けられたまま、イベントは終演を迎えた。

photo by 石井麻木

一晩の出来事とは思えないほど、濃く、盛り沢山のコンテンツに溢れていた。見ているだけでもたくさんエネルギーを使い、感じ、そしてメッセージを受け取ることができた。プロジェクトの最後を飾る2013年3月3日までは残り4ヶ月を切っている。ここから更なる盛り上がりを見せるだろう「TAIYO33OSAKA」とフィナーレの「太陽大感謝祭」を見逃すことはできない。(Text by 関口香菜)

photo by 高橋裕大

『TAIYO33 presents 東京PAOS! 』出演者たちの音源はこちらから!

TAIYO33OSAKAとは?

東日本大震災をきっかけに始まった、継続的な祭り興しプロジェクト。「エネルギーってなんだろう? 」をテーマに、2012年9月6日の発足から1年弱で20本以上のプレ・イベントやトーク・サミットを開催。笑いと芸術の街・大阪を中心に全国8箇所以上を巡回し、ライヴ、映画の上映、座談会など、様々な形態で活動の輪を広げている。「今まで知らなかった事を知り、自分達の事は自分で決め、本音で話し、そしてどんどん新しいものを創り出す! 」そんな未来への一歩を世界に提示すべく、2013年3月3日にイベント「太陽大感謝祭」を開催することを目標に掲げ邁進中!

>>TAIYO33OSAKA WEB SITE

>>>主催者のPIKA☆×船山裕紀(ぼくらの文楽)×飯田仁一郎(BOROFESTA)の対談はこちら

o

 
 

ライヴレポート

【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ
[CLOSEUP]・2017年10月13日・【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。 LIVE REPORT : Sundayカミデ Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。 先日OTOTOYでイン
ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年08月01日・演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的活動を見せる彼らが、2017年8月23日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』をリリースする。その発売とリリース・ツアーに先駆け、渋谷WWWにて先行レコ発ライヴ〈Nabowa Drawing〉を決行。OTOTOYでは今作の独占ハイレゾ配信を予定。現在予約受付中です、おたのしみに! OTOTOYにて独占ハイレゾ配信! 予約受付中! Nabowa / DRAWINGS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム販売のみ 2,300円(税込)【収録曲】1. Slipper de2. Ping Pong3. Ooh la la4. My Heartbeat (Belongs To You) [feat. Naz Yamada]5. Casablanca6. Af-roman7. Bell8. Seven Seasons9. Swan10. U411. Precious Mome
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部文香
300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信
[CLOSEUP]・2017年07月06日・300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信 2017年6月30日、Helsinki Lambda Clubが自主レーベル、Hamsterdam Recordsの設立記念として、ワンマン・ライヴを行った。開場から開演までの間も、来場特典や上映会、型抜き大会などなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。ヘルシンキなりのユニークなおもてなしで、渋谷WWWは開演前から大賑わい。様々なバンドと対バンして、成長した彼らがワンマン・ライヴで見せてくれるのはどんな景色なのだろうか。ライヴ・レポート掲載と同時に、Hamsterdam Records第1弾作品『split』から2曲を配信開始! 盟友、tetoとの相乗効果でさらなる磨きをかけた圧倒的センスを存分に体感して欲しい。 ブラーvsオアシスを予感させるスプリットの最高傑作Helsinki Lambda Club & teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. Ki
by 宮尾茉実
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[CLOSEUP]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
3週間に渡る、CHAIのドタバタ全米8都市ツアーを現地レポート!
[CLOSEUP]・2017年04月03日・ニュー・エキサイト・オンナバンドCHAIが3週間のドタバタ全米ツアーより帰ってきた! 現地レポート到着! 奔放な楽曲とパフォーマンスと卓越した演奏で話題騒然の『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。ある日突然Spotify UKチャートランクインするなど、まるで冗談のような快進撃でなにかとお騒がせな彼女たち。 昨年10月に行われたSony MusicとJapan Niteが主催する〈グランプリ、いきなり米国フェス出演オーディション〉にて見事グランプリを獲得したCHAIは、その特典として3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行した。 かつては世界で随一の音楽見本市にして、今年はミュージック以外にもインタラクティブ、フィルム、ミュージック、コメディの4部門が催される年に一度の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017」。「世界3位になってグラミー賞をとる」という半ば矛盾している夢を掲げる彼女たちにとって、今回が初の海外公演であり、そこにかける思い