『TAIYO33 presents 東京PAOS! 』2012年11月7日(水) 渋谷WWW

11月7日、祭り興しプロジェクト「TAIYO33OSAKA」が主催するイベント「PAOS! 」が東京、渋谷WWWに上陸した。「PAOS! 」は、powerの「P」、ahoの「A」、oosakaの「O」、sunshineの「S」、そしてexclamationの「! 」が合わさった造語である。芸術、文化、食べ物やマッサージまで、様々な文化の持つエネルギー、また電力というエネルギーについて、祭りというイベントを通して感じて、考えようというイベントだ。

photo by 小林優平

TAIYO33 presents 東京PAOS!
2012年11月7日(水) 渋谷WWW

【LIVE】
PIKA☆(ex.あふりらんぽ)×七尾旅人+サイトウケイスケ(LIVE PAINT/山形) / 奇妙礼太郎 / TAIYO33BIGBAND〜合図磐梯山/福島かんしょ踊り〜 / N'夙川ボーイズ

【TALK】
「TAIYO33OSAKAってナニナニナ〜ニ? 」PIKA☆×アチャコ・プリーズ×飯田仁一郎(OTOTOY)
「No Nukes Yes RockなR水素! 」江原春義(R水素ネットワーク代表)

【FOOD】
PARADISE ALLEY・33FOOD

【BODY】
宇宙マッサージ・33マッサージ・直傳靈氣

【HAIR CUT】
大野繭(boy)

【ART】
HAMADARAKA(eruarizono,emuarizono)

【DJ&DANCE】
DJ Bing a.k.a Toshio Kajiwara+煙巻ヨーコ(BABY-Q・HEXION! )

【VJ】
ROAKPENIS

【33発電】
「33自転車発電」 / 「発電ポールダンス」メガネ / 「ダイナモ発電」まこねはん

あんたが太陽! 大阪発、エネルギーに溢れた祭り興しイベントが遂に東京で開催!

ライヴ・アクトはWWWラウンジの奇妙礼太郎から始まった。ギターをかかえた奇妙礼太郎は、マイク1本、観客とさほど目線の変わらない低めのステージに立ち、身体を大きくうねらせ、時折、堅く目を瞑りながら歌う。ビリビリと肌に感じるような声量を放ち、「君が誰かの彼女になりくさっても」や「機嫌なおしておくれよ」といった人気のナンバーを披露した。曲の間の短いMCではラウンジの外から聞こえてくるスタッフの言葉を拾って、観客の笑いを誘ったり、終盤にはコール・アンド・レスポンスを起こしたり、盛り上がっているのに穏やかで幸せな気持ちになれるステージだった。

photo by 石井麻木

続いてのライヴは、メイン・ホールでのN'夙川BOYSである。とんでもなくパワフルなアクトだった。彼らがステージに上がっている間、MCもライヴ・パフォーマンスも、隅から隅までエネルギーに溢れていた。「ひとりぼっちのマイクロフォン」では、マーヤLOVEが見事に1曲全編ファルセットで歌い切り、歌詞になぞらえた「clap your hands」のコール・アンド・レスポンスで観客を巻き込み始めた。キュートに踊りながら歌うリンダdada、フロアから3mはあろうスピーカーによじ上りギターをプレイするシンノスケBOYsと、それぞれが自由に見せ場を演出していた。ラストの「物語はちと? 不安定」では、煽りに煽って、ステージ下に観客を集めた。3人は集めた観客の上に降り立ち、歌い、そしてギターを弾き続けた。高揚感に満ちた観客とその上でアクトし続けるN'夙川BOYSの一体感と盛り上がりはこの日一番だった。

photo by 石井麻木

ライヴは一段落し、プロジェクトの代表であるPIKA☆とアチャコプリーズ、そしてOTOTOY編集長の飯田仁一郎によるトークが行われた。プロジェクトの成り立ちから現在、そして、2013年3月3日に開催予定であるプロジェクトのフィナーレ「太陽大感謝祭」について、映像を交えながら語る。2011年9月の発足から1年半、より良い未来のために、大阪を中心に様々なイベントや活動を行ってきた彼女達の「原発の問題は他人事ではない、大阪からこそ発信していくべき」と力強く語る姿が印象的だった。また、トーク後には観客も一緒に、フロア全体を練り歩きながらの「かんしょ踊り」が繰り広げられた。かんしょ踊りは会津地方に伝わる盆踊りの一種である。名前の由来は「癇癪」が「カンショ」になまったもので、踊りには民衆の怒りが込められている。拳を突き上げて踊る人々、BIG BANDの演奏、そして節のついた歌により、どこかシャーマ二スティックな空間が作り上げられた。

煙巻ヨーコ(東野祥子)によるステージ・パフォーマンスが終わったところでフロアの最前列からステージに現れた七尾旅人。ソロで「圏内の歌」をしっとりと、力強く弾き語ったところでPIKA☆が登場し、「おかあさん」から2人のセッションが始まった。聞かせる曲から激しい掛け合いにまで至り、時にはステージを駆け回って、演奏は続いた。スクリーンに映し出されるサイトウケイスケのライブ・ペインティングにロカペニスの映像効果が加わり、全体がエモーショナルに移り変わっていく。エレキ・ギターを抱え、マイクの前に立つ七尾旅人と全身でドラムを叩くPIKA☆、そして画面いっぱいに絵の具の混じり合う映像、聴覚にも視覚にも衝撃を与える。緩急のついたステージ・パフォーマンスに圧倒されつつも惹き付けられたまま、イベントは終演を迎えた。

photo by 石井麻木

一晩の出来事とは思えないほど、濃く、盛り沢山のコンテンツに溢れていた。見ているだけでもたくさんエネルギーを使い、感じ、そしてメッセージを受け取ることができた。プロジェクトの最後を飾る2013年3月3日までは残り4ヶ月を切っている。ここから更なる盛り上がりを見せるだろう「TAIYO33OSAKA」とフィナーレの「太陽大感謝祭」を見逃すことはできない。(Text by 関口香菜)

photo by 高橋裕大

『TAIYO33 presents 東京PAOS! 』出演者たちの音源はこちらから!

TAIYO33OSAKAとは?

東日本大震災をきっかけに始まった、継続的な祭り興しプロジェクト。「エネルギーってなんだろう? 」をテーマに、2012年9月6日の発足から1年弱で20本以上のプレ・イベントやトーク・サミットを開催。笑いと芸術の街・大阪を中心に全国8箇所以上を巡回し、ライヴ、映画の上映、座談会など、様々な形態で活動の輪を広げている。「今まで知らなかった事を知り、自分達の事は自分で決め、本音で話し、そしてどんどん新しいものを創り出す! 」そんな未来への一歩を世界に提示すべく、2013年3月3日にイベント「太陽大感謝祭」を開催することを目標に掲げ邁進中!

>>TAIYO33OSAKA WEB SITE

>>>主催者のPIKA☆×船山裕紀(ぼくらの文楽)×飯田仁一郎(BOROFESTA)の対談はこちら

o

 
 

ライヴレポート

【ライヴ・レポート】“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X
・2018年04月06日・【ライヴ・レポート】“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X 快進撃を続ける勢いをそのまま詰め込み、セカンド・ストーリーのはじまりを告げる新アルバム『GO 2 THE NEW WORLD』をリリースしたロック・バンド“2(ツー)”。アルバムのリリース日で、フロントマンの古舘佑太郎の誕生日でもある4月5日に、彼らがリスペクトを向けるALとの対バンが実現した。古舘がかねてより切望していた共演が叶ったスペシャルなライヴの様子をお伝え! いまダウンロード販売はOTOTOYだけ! 2 / GO 2 THE NEW WORLD '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. GO 2 THE NEW WORLD02. SONG FOR YOU03. BOY AND GIRL04. LUCKY BOY05. NEVERLAND06. UFO CATCHER07. LOVE FEELS LIKE A WAR08. MY FRIEND IN NEW
by 鈴木 雄希
GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート
・2018年03月20日・GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード開催!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート 若者にクリエイティブな活動と発表の場を提供したい、との思いからメンズ・コスメ・ブラント「GATSBY」が2006年から立ち上げた「GATSBY 学生CM大賞」。昨年、名称を「GATSBY CREATIVE AWARD」と改め、学生を対象としたアワードとしてはアジア最大級となる、このアワード。今回開催される「12th GATSBY CREATIVE AWARD」では、CM部門のほか、DANCE部門、ART部門、FASHION部門、MUSIC部門、SMART PHONE部門、HAIR STYLE部門の6部門を新設。さらに3月10日に開催された「12th GATSBY CREATIVE AWARD FINAL」では、アジア各国からも各ファイナリストが集結し、クリエイティブを通じて国際交流も。多くの若き才能が集まったアワードの様子をレポートでお届けします! 〈12th GATSBY CREATIVE AWARDS FINAL〉2018年3月10日(土)渋谷ヒカリエ 9 階 ヒカリエホール
by 岡本 貴之
【LIVE REPORT】みんなが望んだ楽園はここにあった!!──ゆるめるモ!、ZEPP TOKYOでのツアー・ファイナルをハイレゾ配信!!
[LIVEREPORT]・2018年03月08日・みんなが望んだ楽園はここにあった!!──ゆるめるモ! 、ZEPP TOKYOでのツアー・ファイナルをハイレゾ配信!! ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が2018年1月6日にZEPP TOKYOにて開催したワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信スタート!! 3rdアルバム『YOUTOPIA』のリリース・ツアーの最終公演となったこの日のライヴは、アルバムの楽曲を中心に、彼女たちの代表曲を織り交ぜたセットリスト全19曲を披露。結成5年を迎え、さらに前と進む彼女たちと会場全体の熱気がそのままパッケージされたライヴ音源となっております!! OTOTOYでは今回の配信と同時に当日のライヴレポートを掲載、写真と共に当日を振り返ります。また、ゆるめるモ! はこの日のライヴにて発表されたニュー・シングルと新録ベスト・アルバムを5月に発売予定なのでそちらもお楽しみに!! ZEPP TOKYOでのツアー・ファイナルが蘇える!!ゆるめるモ! / YOUTOPIA TOUR FINAL at Zepp Tokyo'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入
【LIVE REPORT】レッツポコポコ、2年間の全ての感謝を込めたラスト・ライヴ『レッツ謝謝』を独占ハイレゾ配信
[LIVEREPORT]・2018年02月21日・短くも濃い、2年間の全ての感謝を込めて──レッツポコポコ、ラスト・ライヴ『レッツ謝謝』を独占ハイレゾ配信 2016年2月にデビューした「なつかしくて新しい」をコンセプトにしたゆるめるモ! プロデュース・チームによる第2弾グループ、レッツポコポコ。メンバー5人それぞれが新たな歩みを進めるため、2018年1月21日をもって2年間という短いながらも濃い活動期間を終えた彼女たち。そんな彼女たちのラスト・ライヴ『レッツ謝謝』が、OTOTOY独占で本編からアンコールまでノーカットにて配信開始 & 当日のライヴの模様をたっぷりの写真とともにお届け!! 購入者には記事には使用されていないものを含む約350枚近い写真の数々も付属します!! レッツポコポコという物語の完結を、ぜひその耳でも追体験してください!! ラスト・ライヴを完全ノーカットでハイレゾ配信!!レッツポコポコ / レッツ謝謝 at 渋谷duo MUSIC EXCHANGE'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入のみ 3,000円(税込)【収録曲】1. ポコトロ22. クルクルポコポコ3. 友よポコポコ
全身を轟音が支配し、そして解き放たれた夜──2017年を締めくくった、Borisの代官山UNIT公演をレポート!!
[CLOSEUP]・2018年02月08日・全身を轟音が支配し、そして解き放たれた夜──2017年を締めくくった、Borisの代官山UNIT公演をレポート!! 2017年の秋で結成25周年を迎えた孤高のヘヴィ・ロック・バンド、Boris。昨年7月にアルバム『DEAR』をリリースし、8月には欧州を4週間、10月から11月にかけては7週間にも渡る北米ツアーを経て行われた昨年末の日本ツアーより東京公演のレポートを掲載。ツアーを経てより色濃くなったアルバムの世界観とその圧倒的なステージの模様をライヴ写真とともにお届けします。同公演でもプレイされた楽曲を収録アルバム『DEAR』のハイレゾ版はOTOTOYのみで好評配信中。未聴の方はもちろん、アルバムをすでに聴いている方も是非ハイレゾでも体験してはどうでしょうか!? アルバム・リリース時のインタヴュー記事もこちらにて掲載中ですの未読の方はこちらも!! また、3月頭にはBorisから嬉しいニュースも解禁予定!! それに併せて昨年秋の北米ツアーに帯同したENDONとの対談も掲載予定ですのでそちらも乞うご期待!! 『DEAR』ハイレゾ版はOTOTOYのみで好評配信中!Boris / DEAR'【Track List
【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ
[CLOSEUP]・2017年10月13日・【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。 LIVE REPORT : Sundayカミデ Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。 先日OTOTOYでイン
ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年08月01日・演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的活動を見せる彼らが、2017年8月23日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』をリリースする。その発売とリリース・ツアーに先駆け、渋谷WWWにて先行レコ発ライヴ〈Nabowa Drawing〉を決行。OTOTOYでは今作の独占ハイレゾ配信を予定。現在予約受付中です、おたのしみに! OTOTOYにて独占ハイレゾ配信! 予約受付中! Nabowa / DRAWINGS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム販売のみ 2,300円(税込)【収録曲】1. Slipper de2. Ping Pong3. Ooh la la4. My Heartbeat (Belongs To You) [feat. Naz Yamada]5. Casablanca6. Af-roman7. Bell8. Seven Seasons9. Swan10. U411. Precious Mome