2012年10月19日~29日(月)まで、シブカル祭。2012開催!!


2011年秋、渋谷の街を舞台に、ファッション&カルチャー界の新しい未来を切り開いていく女子クリエイターの才能を一同に集結し開催された文化祭「シブカル祭。」。昨年は展示で隣り合ったクリエイター同士が意気投合して合同展の話が持ち上がるなど、素敵な出会いがたくさん生まれました。そこで、2012年は、カルチャーとカルチャーの出会いをテーマに、女子クリエイター同士のコラボレーションやアパレル・ブランドとの共同制作、更には同時期に開催する渋谷区発信のファッション・イベント「シブヤファッションフェスティバル」との連動なども盛り込んだ大ミックス・カルチャー祭を開催します。2012年10月、よりカオスティックによりパワフルに、「シブカル祭。」が渋谷の街を盛り上げます!

シブカル祭。2012 ~女子のミックスカルチャー祭~

【開催期間】
2012年 10月19日(金)~ 10月29日(月)
※10月19日(金)18:00~レセプションパーティー

【主催】
「シブカル祭。2012」実行委員会

【運営 & 全体コーディネイト】
パルコ、Rocket Company*/RCKT

【特別協力】
シブヤファッションフェスティバル

【協賛】
タウンワーク、フロム・エー、グラソー ビタミンウォーター、キッズプロモーション

【協力】
TOKYO FM、タワーレコード渋谷店

【ロゴ & WEBデザイン】
いすたえこ (NNNNY)、伊藤ガビン (NNNNY)

【WEB programming】
ucnv

【開催場所】
渋谷パルコPART1・3F パルコミュージアム、公園通り広場、スペイン坂広場、渋谷パルコ館内、クラブクアトロ etc…

シブカル祭。2012 オフィシャルHP

『シブカル祭。音楽祭 2012』10/22・27それぞれ5組10名様を無料招待!

無料招待への応募方法!!!
件名に「シブカル祭。音楽祭 2012 招待券希望」、本文に氏名、年齢、住所、電話番号、招待希望日時(10/22 or 27)をご記入の上、info(at)ototoy.jpまでメールをお送りください。当選者の方には、追ってメールにてご連絡します。
※あらかじめinfo(at)ototoy.jpからのメールを受信できるよう、設定ください。
※ドリンク代は別途いただきますので、ご了承ください。

<応募締切>
10/22 : 2012年10月21日24時まで
10/27 : 2012年10月25日24時まで

10/22(Mon) ele-king LIVE at シブカル
平賀さち枝 / Sapphire Slows / TADZIO / 石橋英子 他

10/27(Sat) 女子のミックスカルチャーNIGHT!!!
TRIPPPLE NIPPPLES / でんぱ組.inc / バンドじゃないもん! / 杏窪彌(アンアミン) / Julie Watai Shueh Jen-Fang/Jenny Fax / 吉木りさ / onnacodomo(VJ) 他

「シブカル女子会。」開催!!

「シブカル祭。2012」は、「女子のミックスカルチャー祭」というサブ・タイトルを持つ。ジャンルや知名度を問わず、自分なりの表現で世の中に影響しようとする女子たちによる、グルーヴうねりまくりの祭。日本に於けるトレンドやカルチャーの象徴的な場所・渋谷と女子が反応して生まれる、新たなカルチャー。祭の期間は約10日間。パルコを中心に、様々な場所で色々なものが乱反射して、予期せぬ反応が生まれまくること請け合い。

今回OTOTOYでは、「シブカル祭。2012」に出演する女性アーティストによる、「シブカル女子会。」を敢行。 参加者はほとんど面識が無く、活動するフィールドや年齢も様々。勿論、そこでお互いの活動や「カルチャー」だの「クリエイティヴ」だの「クリエイティヴィティ」だのというこまっしゃくれた話をするのもアリなんだけど、もう、ただ、ただ普通に女子会をやってもらいたくて。だってその方が、想像つかないじゃん。何か、ワケ分かんないグルーヴ、出そうじゃん。「シブカル女子会。」って響きも良いし。それにほら、アーティストの素ってあんま見れないし。というわけで、今回は、司会やインタビュアーは一切入っておりません。店に呼び出してレコーダーを机の上に置いて「じゃ、あとは適当に」という非常にアバウトな収録となりました。これを読んでどうこうというわけではないんだけど、「何か楽しそうだなぁ」と思っていただければ幸い。別にアーティストだからって何が違うってわけじゃないぞ、と。そう、「シブカル祭。」って、別にアーティストやらクリエイターのためのものじゃなくて、そこにいる人や場所とが生み出す反応が作っていくものなんじゃないかなって。というか、それこそが一番かけがえないんじゃないかなって。と、まあ、うだうだ言っておりますが、10分そこそこで読めると思うので、気楽にお楽しみいただければ。そんで、渋谷に寄った時にでも、さらっとパルコを覗いてみたら、何か面白いことが起きるかも。じゃ、あとは適当に!

企画・構成 : 藤森大河
コーディネイト : Satoko Muroga @ RCKT/Rocket Company*
写真 : 雨宮透貴

まずは料理を頼んで乾杯から♪

夢眠ねむ(でんぱ組 .inc / 以下、ねむ) : お二人は、姉妹?
有井優(タルトタタン / 以下、有井) : 違います(笑)。
亀高綾乃(タルトタタン / 以下、亀高) : よく言われるんですけど、血の繋がりはないんです(笑)。
南波志帆(以下、南波) : 私も思った! 似てますよね。
犬山紙子(以下、犬山) : いやーでもみんな可愛いなぁ。何か私1人だけ年齢も違うし、ていうかアーティストじゃないし(笑)。

(しばし、年齢トークで盛り上がる。)

南波 : え! 蜂蜜塗ってたり? びっくり!

(料理が運ばれてくる)

DJみそしるとMCごはん(以下、ごはん) : すごーい、豪華ですね。
犬山 : じゃあ、まずは女子会っぽく乾杯しましょうか(笑)。

フレネシ : わー、どんどん来ますねぇ。
一同 : 美味しそー。

(DJみそしるとMCごはん、料理を取り分ける)

南波 : かわいー。何かお人形みたいですね。
ごはん : 初めて言われました(笑)。有難うございます。あ、指突っ込んじゃってますね(サラダを取り分けながら)。すいません(笑)。
一同 : (笑)。

(以下、色々なテーマの書かれた紙をランダムに引き、それを元に雑談)

負け美女

犬山 : これは私の著書なんですけど、アラサー以降の女の子で凄くキレイなんだけど、彼氏が欲しいのに好きな人も出来ないし、結婚も出来ない人たちで。って、これについて話すと、私の講演会みたいになっちゃうな(笑)。
一同 : (笑)。聴きたいです!
南波 : じゃあ、負け美女にならないための方法を今のうちにご教授下さい!
犬山 : まずは、調子をこかない!
一同 : 調子をこかない!
犬山 : 身の程を知る!
有井 : わー大事だ!
亀高 : 確かに!
ねむ : 10代が怯えてますけど(笑)。
犬山 : まだみんな無敵だし、20代前半も超無敵だと思うんだけど、28ぐらいの誕生日から危うくなってくるので、今は謳歌してれば大丈夫(笑)! 何か私、学校の先生みたい(笑)。

17歳

ねむ : 17歳の時って受験勉強ばっかりしてたから、あんまり青春! という感じはしなかったなぁ。

南波 : あ、私、高校二年生の時、メジャー・デビューしました。
一同 : おー!
南波 : だから、色々環境が変わって忙しかったなぁ。あと、女子校の楽しさにどっぷりでした(笑)。
ねむ : 私も6年間女子校でした。楽しいよねー。
フレネシ : 皆さん、都会暮らしですか?
犬山 : 兵庫と仙台だから、田舎だったなぁ。
亀高 : あ、私も兵庫です!
犬山 : お! お揃い!
南波 : あ、というか猫、お揃いですね(服に猫が描いてある)。
ねむ : 本当だー、嬉しい!
南波 : おっきい猫とちっちゃい猫と。
犬山 : 何か、王様としもべみたい(笑)。
一同 : (笑)。確かに!
ごはん : それは衣装ですか?
ねむ : あ、これ普段着です。ごめんなさい、派手で(笑)。
南波 : でも嬉しいですねー、何か。
ねむ : 私、南波ちゃんの大ファンで、Twitterとかにも南波ちゃん好きっていっぱい書いてたから、去年のシブカル祭。で会えた時、超嬉しかったなぁ。
南波 : わー光栄です! それが今やお揃いの服を着るようになっちゃって(笑)。
一同 : (笑)。
ねむ : ポスターとかも持ってます!
南波 : 有難うございます!

ごはん

ねむ : DJみそしるとMCごはんさんは、1人なんですか?
ごはん : そうなんです。紛らわしい名前なんですけど。
有井 : 二人組なのかと思ってました!

ごはん : 実は1人で、料理のレシピをラップしてるんです。
一同 : かわいー!
南波 : 一番女子っぽい!
ごはん : でも、寒天の作り方を手抜きしてる日本のママたちをディスったり(笑)。
ねむ : ラッパーだから(笑)!
南波 : 得意レシピ・ラップは何ですか?
ごはん : ピーマンの肉詰めとかブリ大根とか、家庭料理をラップしてます。でも、この前、初ライヴをやったばっかりで、CDとかも出てないですし、皆様のようなアーティストでは全然なくて。
一同 : かわいー!
犬山 : 凄い可愛い動物を見ているみたい(笑)。母性をくすぐる!
ねむ : 産みたい(笑)!
一同 : (笑)。
ごはん : いえいえ、そんなそんな。あ、この帽子、Bガールの「B」なんです。
一同 : かわいー!
南波 : あんまりBガールですって言うBガールもいないですよね(笑)。
犬山 : そういう感性もひっくるめてかわいいな。私の養子にどうですか?
ごはん : あ、もう是非お願いします。
一同 : (笑)。
ねむ : メイク・マネーするぜ、みたいなラップじゃないんですね。
ごはん : あ、でも、もう「ゲトるビッグ・マネー」みたいな(笑)。
一同 : うそー(笑)!

地元、実家、故郷、上京

フレネシ : 私、岐阜なんです。だから、(犬山、亀高とは)お隣です。
亀高 : へー! 嬉しい!
有井 : 私は、(亀高と)徒歩1分ぐらいのところで、幼馴染なんです。
一同 : えー凄い!
ねむ : 漫画みたい!
亀高 : 小学校の先輩と後輩なんです。私が後輩で。
有井 : 亀高が転校してきて出会ったんです。その頃はすっごい仲良くて、中学で離れちゃったんですけど、高校の時にバイトが一緒になって、「わー有井だ!」って思って声かけたら、全然覚えてなくて(笑)。
南波 : 冷徹(笑)!

犬山 : でも、思春期ってそういうもんだよね。
亀高 : だから私は再会のつもりだったんですけど、有井は初めまして、みたいな(笑)。
一同 : ひどーい(笑)。
有井 : 何か、あの、思い出せなかったんです(笑)。ごめんなさい(笑)。
犬山 : でもこんなに可愛い二人が同じ学校で一緒にいたら、噂になるよね。
ねむ : デビューしなよ! みたいな。
有井 : いえいえ(笑)。
犬山 : でも、二人とも顔が似てるから、同じ男に告白されたりしなかった?
(亀高・有井、顔を見合わせて驚く。)
南波 : えー、あるんだ!
亀高 : ありましたね(笑)。凄い!
犬山 : え、同時に(笑)?
亀高 : 同時ではないんですけど(笑)、有井に告白した人に告白されたことは、ありました。
一同 : すごーい!
ねむ : さすが鋭い!
犬山 : いえいえ。でも、そういうのって微妙で、告白されても全然嬉しくないだろうな…。志帆ちゃんは出身どこ?
南波 : 私は福岡なんですけど、人よりも蛙の方が多いんじゃないか、というような田舎なんです。だから小さい頃は田んぼを駆け回っているような感じだったんですが、小学六年生の時にレコード会社の人にスカウトされて、レコーディングとか取材とかで東京にも行くようになって、高校で上京しました。それで、17歳でデビューしました。
ねむ : 17歳でデビューって響きが良いなー。言ってみたーい。
犬山 : 私、17歳の頃なんてゲームしかしてなかったよ(笑)。
ねむ : みそしるさんは出身はどちらですか?
ごはん : 私は静岡県です。
南波 : あー静岡っぽい! 私、静岡に萌えるんですよ!
犬山 : 静岡萌えって何?
ごはん : (笑)。有難うございます。富士山の見えるところで育ちました。
犬山 : ちびまるこもそうだけど、富士山の麓で育つと、こういうキュンキュンするかわいい子になるんだねぇ。
ねむ : 私は三重県の伊賀上野という城下町で育ったんですけど、忍者の格好して働いている人が沢山いるような変わったところでした。
南波 : じゃあ忍者のコスプレをしたり?
ねむ : そう、もう当時からやってましたね。
ごはん : クノイチさんなんですね。
ねむ : そう、クノイチさんです(笑)。それで、中学高校は大阪に通っていて、大学で上京しました。お姉さまは?
犬山 : お姉さま(笑)。私は、出身は仙台になるのかな。22歳で東京に出てくるまでは仙台で雑誌の編集の仕事をしていて、そこから東京に出てきて7年ぐらいニートですね(笑)。
一同 : えー!!
犬山 : だから、みんな働いてるの偉いなぁって。最近は本を出したりちょこちょこ働きだしたんですけどね。
ねむ : でも私も、ニートじゃないけど引きこもりっぽかったんですよ。大学もあまり行かなかったし。というか、でんぱ組 .incは、1人以外全員引きこもりの経験がある子ばっかりなんですよ。8年間ネトゲだけやってたとか、不登校になっちゃったりとか。だから、ピュアなアイドルというよりは、世間を見返す、みたいなモチベーションもあるようなユニットなんです。
一同 : へー。
犬山 : それ超応援したくなる。ちゃんとお金落とすようにします(笑)。

渋谷、原宿、秋葉原

南波 : 秋葉原といえば、ねむさん?
ねむ : そうですね。私は、学生の時にパフォーマンスとか現代美術とかを専攻していたんですけど、全然つまんないなぁと思っていて。今思えば、1、2年生特有の変に尖っていたところもあったかもしれないんですけど。そんな時に、アキバのメイド喫茶を知って、男女という関係性だけであんなにコンセプチュアルな空間が作れるんだ! ということに感銘を受けて、メイドさんを始めたんです。だから、美大よりもアキバの方が、純粋にモノ作りをしている人が多いように思って、アキバに入った感じです。勿論、原宿とかも好きですけどね。
犬山 : 一番しっくりくる町は秋葉原?
ねむ : そうですね。はみ出し者を全部受け入れてくれるような気がします。ウチのメンバーも、家以外ではアキバにしか居場所がないような子が多かったりして。
南波 : でも、ステージで凄い輝いてて、私、でんぱ組 .incさんのライヴ観ると、凄く感動するんです。
ねむ : 人との接し方が下手な子が多いので、どれぐらい自分を出せば受け入れてくれるのかが分からなくて、ステージ上では頑張りすぎちゃうんですよ。
亀高 : へー、見に行きたいです!
有井 : 行きたい!

犬山 : 行きたい!
ねむ : 是非是非! 来て下さい! 皆さんは、どこか拠点のようなところはありますか?
有井 : 私たちは初ライヴが渋谷で、南波志帆さんのイベントだったんです。
南波 : そうなんです。いただいてしまいました(笑)。
亀高 : 出番の前に志帆ちゃんが抱きしめてくれて。
南波 : 何か先輩風吹かしてるみたい(笑)。
亀高 : すっごい緊張してたんですけど、それが嬉しかったです。
犬山 : フレネシさんは、東京でホームはありますか?
フレネシ : 私はこの前、渋谷のWWWでワンマンをやったんですけど、丁度、タルトタタンさんのプロデュースをしている西浦謙助さん(アゼル&バイジャン / 進行方向別通行区分など)に大喜利で出てもらったんです。
一同 : 大喜利!?
フレネシ : そうなんです、大喜利をやったんです(笑)。私は漫画が得意なので、漫画で回答を描いたり、他にも内田春菊さんとか芸人の方とかミュージシャンの方に出てもらって。
亀高・有井 : 見てみたかったー。
フレネシ : 凄く面白かったですよ、西浦さん。頭の回転が凄く早くて。またあったら、是非ともお呼びします! というのもあって、フレネシとして身近なのは渋谷ですね。
犬山 : 渋谷といえば、みんな109とか行きます?
一同 : ないなー。
ねむ : 私、行けますよ(笑)。この服も109で買いました。
ごはん : かわいいですよね、それ。
南波 : 109に行くと声かけられますか?
ねむ : あんまりないかなぁ、パルコの方が声をかけられますね。ギャル層には多分知られてないのかと(笑)。

中二病

犬山 : 私、超中二病だったなぁ。『耳をすませば』って分かる?
南波 : 好きです!
犬山 : 映画が公開された時、その主人公の雫と私が同い年で、自分は雫だって思い込んで影響されて文章書いたりとかしてたなぁ。図書カードの欄やたらチェックしたり。
ねむ : でも、それが今仕事になってるじゃないですか!
フレネシ : やっぱり中二病の経験って、その後に活きてきたりしますよね。だから、中二病っていうと悪いイメージだけど、かかった方が良い(笑)!
ねむ : どんどんかかりましょう!

犬山 : 10代組は中二病とかかかったりした?
亀高 : そりゃ、かかりましたよ(笑)。お父さんと同じタオル使いたくない、とか。
一同 : それ、中二病じゃないし(笑)!
犬山 : それ、思春期だよ(笑)。
南波 : え、じゃあ、私、中二病って分からないかも。分かります?
ごはん : 何となくは分かってると思います、はい。
ねむ : アニメ・キャラとかと自分を重ねちゃったりとか。
南波 : あーなるほど、そうしたら『涼宮ハルヒの憂鬱』とかはハマりました。
ねむ : コスプレとか似合いそう!

セーラー服

フレネシ : 私は中学・高校がセーラー服でした。でも、学校が凄く厳しくて、セーラー服で通学して、学校に着いたらジャージに着替えるという。
ねむ : それも不思議ですね。
フレネシ : 学校では動きやすい格好をしなきゃということらしいです。
南波 : でも、ジャージで学校に行ったらダメなんですか?
フレネシ : それはダメで、行き帰りはちゃんとセーラー服を着て、女学生らしくあれ、みたいな(笑)。皆さんは、制服はどんなものでしたか?

亀高 : 私は自由だったんです。
一同 : いいなー。
ねむ : 毎日コスプレ出来ますね(笑)。
亀高 : わざわざセーラー服を買って着てる子もいましたし、やっぱりセーラー服には憧れましたね。
有井 : 私は中学・高校とブレザーだったので、セーラー服には憧れました。
南波 : 私は高校がセーラー服で、中学はブレザーでした。
犬山 : イイとこどりだ。どっちも楽しめて。
ねむ : 皆さん、学校の水泳の時ってスクール水着でしたか?
フレネシ : え、違うんですか?
ねむ : 私、中学・高校にプールがなかったので、スク水への憧れが凄くあるんですよ。
亀高 : えー、私はスク水がイヤだったなぁ。
ねむ : だから、学生の時じゃなくてグラビアで着たのが初めてで(笑)。
一同 : 似合いそう!
犬山 : そういうリビドーを刺激する格好が似合う感じだよね(笑)。
ねむ : そうなのかもしれないです(笑)。ブルマとかもよく着てるし。
南波 : ブルマめっちゃ、似合います!

変質者

ねむ : 中学・高校の時に、学校の周りに変質者が凄くいっぱい出たんですよ。
犬山 : 聞きたい聞きたい(笑)。
ねむ : あまりに出てくるから、もうみんな慣れちゃって驚かないんですよ。「あ、今日、こんな感じっすか」みたいな(笑)。
一同 : (笑)。
ごはん : 私も、帰り道に、凄くディフェンスしてくる人なら遭遇したことあります。
ねむ : あ、ディフェンス系っていますよね!
一同 : ディフェンス系って(笑)。
犬山 : そんなジャンルがあるんだ(笑)。
ねむ : あれ、ツラいですよね。あと、私は耳元でささやいてきたりする人とか、よく遭いましたね。自転車に乗ってて、すれ違い様にボソっと言ってきたり。
犬山 : そいつの親が知ったら泣き崩れるだろうね、あまりの情けなさに…。みんな色んな変質者たちと戦ってきてるのね。
ねむ : でも基本的に皆さん、女の子にキャーとか言われたいから、そっけない態度だと、結構あっさり引き上げたりするんですよ。私たちの頃も、あまりに数が多いからみんな慣れちゃって「なるほどねー」とか「ハイハイ」というようなリアクションになってきて、そうすると、全然しつこくこない(笑)。
一同 : (笑)。
有井 : でも、実際遭うと怖いですよね。
犬山 : そうだよね。だから、遭ったら逃げる! もしくは周りの人に助けを求める! そうしましょう!
一同 : はい!

髪を切る

南波 : 私、今年の6月ぐらいに人生初のショート・ヘアーにしたんですよ。それまでずっと、紫式部を意識したロング・ヘアーで(笑)。
犬山 : 中二病だ(笑)。
ねむ : 文学系中二ですね(笑)。
南波 : ずっと伸ばしてたから、なかなか機会がないと切れなかったんですが、丁度、「髪を切る」というテーマの曲を作っていただいたのでバッサリと。でも、最近になって喪失感が凄いんですよ。歩いていて風が吹いてきた時に「あぁ、私には風になびく髪がないんだ」と思ったら泣けてきて。
一同 : (笑)。
南波 : だから今、また伸ばしたい願望が生まれてきてますね。

ねむ : ステージの上で踊る時に、他の髪の長いメンバーは、髪の毛の動きまでを考えてやっているので、そういうパフォーマンスとして髪の毛を使えるのが羨ましくなる時はありますね。
南波 : ずっと短いんですか?
ねむ : 私も南波ちゃんと一緒で、ずっと長かったんだけど、アイドルになる時にバッサリ切ったんですよ。覚悟を決めたかったというか髪に頼りたくなかったというか。でも、喪失感があるのは分かるなぁ。
フレネシ : 失恋がきっかけで切った方とかいないですか?
亀高 : はい(笑)。
一同 : 聞きたい!
亀高 : 好きなアーティストの方がいて、その人がテレビとか雑誌とかで髪の長い人が好きと言っていたので伸ばしてたんですけど、その人が結婚したというニュースを見た瞬間にもう、バッサリと(笑)。
一同 : (笑)。
犬山 : それ、失恋?
フレネシ : 何か女子会っぽい会話でしたね(笑)。
亀高 : 有井は最近、ライヴの時は三つ編みだよね。
有井 : うん。最近は、三つ編み。
一同 : えー絶対かわいい!

初恋

ねむ : 私は、なぜか「谷」が付く名前が好きだったなぁ。
亀高 : あ、分かります! 私、「横」が付いてる人が好きでした!
犬山 : その感覚、全然分からないなぁ(笑)。じゃあ、横谷くんがいたら取り合いだ。

フレネシ : 私は志村けんさんでした(笑)。
有井 : え、あの志村けんさんですか?
フレネシ : そうです。志村さんって格好良くて、男として凄く色気があると思うんです。あと、ゲゲゲの鬼太郎の鬼太郎にもグッときました。
ねむ : あ、それは分かります! 鬼太郎はイケメンですよね。
フレネシ : ですよね。あの髪の感じとか。
ねむ : 二次元初恋って誰でした?
犬山 : 飛影!
ねむ : 急に大きな声で(笑)。
犬山 : というか飛影って知らないのか。『幽遊白書』という漫画の。
南波・有井・亀高 : 分からないです。
ねむ : 『HUNTER×HUNTER』世代なんですね。私、『忍たま乱太郎』の土井先生が超好きでした。
犬山 : あ、土井先生なんだぁ。
ねむ : 土井先生と霧丸が二大巨頭ですね。
南波 : あ、私、犬夜叉が凄く格好良い! って思ってました。髪の毛の色がいきなり変わるところが凄くって!
フレネシ : ギャバンとかも格好良いですよね。宇宙刑事の。
ねむ : あ、分かります! あと私、『ハイスクール! 奇面組』も凄い好きで。
犬山 : あ、一堂零?
ねむ : そう! あと、『デカレンジャー』って分かります? それの緑も超格好良くて、何か考える時に、すぐ逆立ちする人なんですけど、、、

「シブカル女子会。」は続く、、、

フレネシ画 『シブカル女子会。』

「シブカル女子会。」参加者の配信音源

タルトタタン / 1st LIVE @ SHIBUYA WWW (HQD ver.)

話題急上昇中のガールズ・ユニット、タルトタタンが、2012年9月1日に行われた自身初ライヴの高音質音源をOTOTOY限定で配信リリース。収録時のライヴは、 西浦謙助(アゼル&バイジャン、進行方向別通行区分 etc)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、LAMA etc / ex ナンバーガール)、田中貴(サニーデイサービス)という異色の編成で行われました。彼女たちの貴重な初ライヴの模様を、是非とも高音質でご堪能ください。

>>>タルトタタンの特集はこちら

DJみそしるとMCごはん / Mother's Food

きせきのラッパーあらわる。OTOTOY限定音源配信!

>>>DJみそしるとMCごはんの特集はこちら

南波志帆 / "Choice" by 南波志帆(wav ver.)

ビルボードによる洋楽カヴァー・シリーズ「Choice」に南波志帆が初登場。「ダンシング・シスター」や「君の瞳に恋している」などCMでもおなじみの有名曲や、バングルズやゴーゴーズなどのガール・ポップ、そしてスパイス・ガールズの「ワナビー」やトム・トム・クラブの「おしゃべり魔女」ではキュートなラップにも挑戦しています。

>>>南波志帆の特集はこちら

トーテムロック / ホリデイ featuring 夢眠ねむ

2012年9月にリリースされたかせきさいだぁのアルバム『ミスターシティポップ』の収録曲“ホリデイ ”を、トーテムロックがリアレンジ! また、でんぱ組.incの楽曲“くちづけキボンヌ”でかせきさいだぁが作詞、木暮晋也が作曲を手がけたことから、でんぱ組.incの夢眠ねむをフィーチャーし、最高にキュートな楽曲に変身してます。なお、共同アレンジ&ミックスはTSUTCHIE(SHAKKAZOMBIE)が担当。

「シブカル女子会。」参加者プロフィール

夢眠ねむ

10/19(Fri) 18:00 DJねむきゅん @ 公園通り広場
10/27(Sat) でんぱ組.inc @ CLUB QUATTRO

アキバと原宿をつなぐ、 新しい時代のスーパー・アイドル! ファッション誌やラフォーレなどでモデル活動をしながらも、クラブでは「DJ ねむきゅん」としてエレクトロとアニソンを結ぶ女性 DJとして活躍。さらにホームの秋葉原では、ライヴ & バー「ディアステージ」でお給仕しつつ、アイドル・ユニット「でんぱ組 .inc」としてアニソンを歌うアイドルとしての活動も活発に行う。様々なジャンルに関係なく、カルチャーを結ぶポップ・アイコンとして活躍の幅を広げている。

>>夢眠ねむ公式ホームページ
>>夢眠ねむのユメミる世界日記
>>でんぱ組 .inc official HP

犬山紙子

10/26(Fri) 19:00 トークショー(×峰なゆか) @ 2.5D

美人なのに恋愛が上手くいかない友人達のエピソードをまとめた『負け美女』でデビ ュー。現在は「負け美女評論家」としてTV、雑誌、ラジオ、ネット媒体に出演中。峰なゆかとの対談本『邪道モテ!』も好評発売中。イラスト・エッセイ・ブログ「犬山紙子のイラストエッセイ」更新中。

>>犬山紙子のイラストエッセイ

DJみそしるとMCごはん

10/27(Sat) 13:00 ライヴ @ 公園通り広場

1989年生まれ。好きな言葉は「おいしいものは人類の奇跡だ」。

>>DJみそしるとMCごはん official HP

タルトタタン

10/20(Sat) 16:30 ライヴ @ 公園通り広場

2012年6月にアゼル&バイジャン(西浦謙助/真部脩一)プロデュースでデビューした「Twitter/Facebook 時代のシンデレラガール」! デビュー前にゲリラ的にヴィレッジ・バンガードで発売されたシングル「しょうがないマイラブ」、7inchアナログ盤とも即完売。その後巨匠青山真治監督とのphoto dvd book(河出書房新社)が発売された。西浦謙助 / 田中貴 / 田渕ひさ子 / ナガイケジョー / 大村達身らのサポートで行われているバンド編成で行われるライヴも話題沸騰中。

>>Emission Entertainment official web

南波志帆

10/20(Sat) 20:00 ライヴ @ 公園通り広場

1993年福岡県生まれ。プロデューサー矢野博康との出会いを機に、シンガーとしての道を歩むことを決意。インディーズ・シーンで注目され、2010年、ミニ・アルバム『ごめんね、私。』でメジャー・デビュー。ゆるふわヴォイスを活かし、声優としても活躍。NHKワンセグ放送「ワンセグ☆ふぁんみ」では、ヒャダイン氏とのツインMCとしてレギュラー出演中。2012年11月7日にニュー・シングル「MUSIC」をリリース。

>>南波志帆 official HP

フレネシ

10/27(Sat) 18:00 ライヴ @ 公園通り広場

18歳で、ささやき声しか出なくなる。22 歳よりソロ名義を「フレネシ」とし、「ささやいていても硬派」な楽曲を多数作曲。坂本龍一氏主宰のミュージックサイト「Musictree」では、LiveBrain賞、ONKYO賞など、受賞多数。作詞作曲、多彩なアレンジ、CDジャケット、PVのアニメーション原画に至るまで、作品の全てを自ら手がけ、シンガー・ソング・ライティング・アニメーターという新しいアーティストのあり方を世に知らしめる。

>>フレネシ official HP

この記事の筆者
TOP