タルトタタン、初ライヴの音源をOTOTOY限定配信!!

今年デビュー・アルバムをリリースし、話題急上昇中のガールズ・ユニット、タルトタタンが、2012年9月1日に行われた自身初ライヴの高音質音源をOTOTOY限定で配信リリース。タルトタタンは今年6月にデビュー・アルバムをリリースした亀高綾乃と有井優による女子2人組ユニットで、収録時のライヴは、 西浦謙助(アゼル&バイジャン、進行方向別通行区分 etc)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、LAMA etc / ex ナンバーガール)、田中貴(サニーデイサービス)という異色の編成で行われました。今回配信される音源は、初々しいMCや2人がキーボードを弾いた楽曲など、ライヴで披露された全7曲を余すところなく収録したものとなります。ブレイク必至の彼女たちの貴重な初ライヴの模様を、是非とも高音質でご堪能ください。


タルトタタン / 1st LIVE @ SHIBUYA WWW

【配信形態】
1) HQD(24bit/48kHzのWAV)
2) mp3
★まとめ購入のお客様には、当日のMC音源付き!!

【価格】
HQD : 単曲250円 / アルバム1,600円
mp3 : 単曲200円 / アルバム1,200円



【Track List】
1. 恋するカレンダー
2. 入り鉄砲に出女
3. 鳴門
4. MC
5. シンキングインザレイン
6. epoch making love
7. MC
8. ランララン
9. しょうがないマイラブ
10. MC

【CREDIT】
TARTETATIN : Ayano Kametaka / Yuu Arii
Guitar : Hisako Tabuchi
Bass : Takashi Tanaka
Drums : Kensuke Nishiura

Producer / Management : Masakazu Iwata (EMISSION ENTERTAINMENT)
Art Director : Yukihiro Nemoto
Photo : Yukitaka Amemiya

Mixing : Toshiyuki Abe
Live Recording Engineer : Kenta Tani
Assistant Engineer : Daishi Iiba
Director : Taiga Fujimori (GAKA / DJ MISOSHIRU & MC GOHAN)

Special Thanks :
Shiho Nanba / Toshiyasu Naruse(HORIPRO) / Takeomi Sugawara(Horipro) / bandojanaimon / Rina Sumioka / Sayuri Miyakawa / Bar Kateikyoushi crue / Shibuya WWW crue / Emission entertainment crue


【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

INTERVIEW : タルトタタン

タルトタタンの初ライヴは、超満員の渋谷WWWで行われた。サポート・メンバーに、西浦謙助(アゼル&バイジャン、進行方向別通行区分 etc)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、LAMA etc / ex ナンバーガール)、田中貴(サニーデイ・サービス)という強力な三者を迎え、まさにこれ以上ないという舞台に登場した亀高綾乃と有井優。少し緊張した面持ちで「こんにちは、タルトタタンです」という言葉とともに始まったライヴは、新しい音楽の夜明けとも言える非常に初々しいものだった。ゼロ年代を通過したメロディを、オルタナティヴ・バンドとして活動してきた経験豊富なプレイヤーたちが奏でることで、まだあどけない2人のユニゾンが浮かび上がっていく。もちろん舞台慣れしていない分の不安定さはあったけれど、それを差し引いても充分に可能性を感じるライヴであった。そんな初ライヴ直後に、タルトタタンの2人と、今回のサポート・メンバーである3人に話を訊いた。新たなサウンドはここから始まる。

インタビュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 雨宮透貴

成長していく様子をそばで観れるというのはなんて幸せなことなんだろう

――初ライヴを終えて、率直な感想を教えてもらえますか?

有井優(以下、有井) : 本当に初めてのことばかりで緊張して…。でも、がむしゃらに精一杯頑張りました。できる限りのことをやらせていただきました。

――そうですよね。初めてだから緊張しますよね。

有井 : はい、すっごく緊張しました。

左から、亀高綾乃、有井優

――いつも練習でやっているのとは違った感じでした?

有井 : また違った緊張感でした。

――亀高さんはいかがでした?

亀高綾乃(以下、亀高) : 私もすごく緊張しました。でも演奏陣の方々が暖かい声をたくさんかけてくれて。そういう一つ一つにすごく支えられました。緊張はしたけど、リラックスしてできたと思います。

――根本的なお話なんですけど、タルトタタンというグループは、この5人のことではないんですよね?

田中貴(以下、田中) : 歌っている2人(※亀高と有井)のことですね。あとの3人はサポートです。
西浦謙助(以下、西浦) : だからこれは、今日のタルトタタンということになります。
田中 : それ、わかりにくいから(笑)。今日のサポート・メンバーですね。

――西浦さんは彼女たちのプロデュースもしながら、プレイヤーもしているんですよね。どういう経緯で、今日の3人がサポートをすることになったんですか?

西浦 : タルトタタンのチーフ・プロデューサー(エミシオンエンタテインメント)の人選ですね。出来すぎたコメントに聴こえちゃうかもしれませんけど、日頃からリスペクトしていて、昔から音楽を聴いてる人にサポートしてもらえて、プロデューサーとしてこんなに素晴らしいことはないという気持ちですね。
田中・田渕ひさ子(以下、田渕) : (笑)。

左から、田中貴、西浦謙助、田渕ひさ子

――田渕さんはサポートしてくれと言われたときどう思われました?

田渕 : CDを頂いて、曲はすごく好き!! って思ったんですけど、ギター超難しい!! と思って、焦りました…(笑)。ギターのプレイとかも自分とはタイプが違ったんですけど、好きな感じで。

――今日、実際演奏してみた感じはどうでしたか?

田渕 : 緊張しました~。すみません(笑)。

――あははは。田中さんはいかがでしたか?

田中 : 『なめこのCD』に入っている「恋の湿度100 パーセント」でレコーディングに参加させてもらって、そのままライヴをやってくれって言われたんです。でも、聴くとやるとでは大違いでした。すごく大変な曲で、こんなに練習するなんて思わなかったですよ(笑)。
西浦 : 全くライヴを想定せずに好き放題作っていたので、手グセと言いますか、そういう部分が多くて「しまった! 」という後悔は非常にありました…。

――初ライヴで、こんなに豪華なサポートで歌えることって、なかなかないと思うんですけれども、2人は歌ってみてどうでした?

有井 : もう本当に3人の方が支えてくださって… とても感謝しています。嬉しいです。

――ちなみに、3人それぞれのバンドの楽曲は聴いたことはありました?

有井 : (笑顔で)はいっ! 聴かせて頂いておりました!

――本当にほんわかした感じのお2人ですよね。すごく柔らかい印象のお2人ですけども、普段練習のときとかもこんな感じなんですか。

西浦 : そうですね。2人は人間ができていると言いますか。
有井・亀高 : うわ~(笑)。
西浦 : こんなに良い子たちが成長していく様子をそばで観れるというのはなんて幸せなことなんだろうと。親心的な感情ですね。

――(笑)。ライヴにおける、ステージ前列のヴォーカル2人と後列の演奏陣の経験値のコントラストは見ていて面白かったです。

田中 : いや、僕すごいグラグラでしたよ(笑)。
西浦 : 結構グラグラですよ、僕も(笑)。
田渕 : もっと支えたいんですけどね。
田中 : 緊張してるって言うけど2人は顔に出ないから、逆にコッチがね(笑)。
西浦 : 2人はたくさん練習してきてたんで、こっちがちょっと恐縮するっていう。

有井は小学校の頃仲良かったことを忘れていたんです…

――そんな謙遜し合わなくても(笑)。そもそも、2人はタルトタタンを始める前からのお知り合いなんですか?

有井 : はいっ! 幼馴染なんです!
亀高 : 小学校のときからのお友達です。

――小学校からの友達とステージで歌を歌うのはどういう気持ちなんですか?

亀高 : 有井は切り替えが上手い子なんで、私はそれについていく感じで、やりやすいし勉強になることもあります。
有井 : 友達としての状態と、仕事としての状態の切り替えは、亀ちゃんはすごくできる子なんです。だから、友達としての関係がなぁなぁにならない、良い関係を築けてるなぁと。パートナーとして、最高だと思います。
西浦・田中・田渕 : (笑)。

――じゃあ、元々2人で一緒に音楽をやられてたんですか?

亀高 : いえ、違います。小学校の頃、すごく仲良くしていた親友だったんですけど、中学が別になって会わなくなっちゃって。でも、高校に入って始めたバイト先がたまたま一緒になって!

――それは運命的な巡り合わせですね!

亀高 : でも、有井は小学校の頃仲良かったことを忘れていたんです…。
一同 : (爆笑)
有井 : ホント、すいません…。
亀高 : でも、高校時代からは友達としてずっと仲良くさせてもらっています。

――バイト先で衝撃の再開を果たして、一緒に歌を歌うようになったのは、どういう経緯があってのことなんですか?

亀高 : タルトタタンのメンバーを探している時に、有井をエミシオンエンタテインメントのプロデューサーさんのところへ連れて行ったんです。「この子しかいないんです!」って言って。それで後日、西浦さんの前でアカペラで歌って、OKを頂いて。
西浦 : 正直、幼馴染を連れてくるなんていうドラマみたいなことあんの!? って思っていたら本当に可愛らしい子が来て…。
田中 : 合格!! バンッ!! みたいな感じでね!
西浦 : ちょっと… こんな出来過ぎた話! と思いながらも… 「合格!」って言ってました(笑)。

――あはははは。即決だったんですか?

西浦 : そうですね。特に否定するような理由も見つからなかったので、とりあえず「仲悪くならないでください」ということだけお伝えしましたけれども。
一同 : (笑)。
亀高 : 連れて来たときに、幼馴染だからそういうフワフワした気持ちで連れて来たって思われたらどうしようと思ってたんですよ。でも、「生きている中で仲良くなる人って本当にわずかだから大事だよ!」って西浦さんに言われて。
田中 : 西浦君に言われたんだ(笑)。
西浦 : 俺そんなこと言ったんだ!? いやでも本当そうだと思います、はい(笑)。
亀高 : だから、本当ありがたいなぁと思いました。
西浦 : 多分、僕に友達がすごく少ないからそういうことを言ったんだと思います(笑)。

――逆にそれだけ仲の良い2人をプロデュースするのも大変なんじゃないですか?

西浦 : なんだかんだ昔からの知り合いって言い合いが出来る関係なので、面白いことできるんじゃないかと思っていましたね。

――そもそもタルトタタンを始めるにあたって、何人かの子を見て選んだってことですか?

西浦 : 実は僕はそこはタッチしてなくて、「どうですか? この子?」と聞かれたので、「じゃあやってみましょうか!」ぐらいの本当軽い感じだったんです。むしろ僕はサウンド・プロデュースという立場なんで、しめしめという感じでしたよ(笑)。最初は浅はかな気持ちもなきにしも有らずでしたけど、今はそんなことないです、はい。2人を包み込んでいこうかと… あぁ、全然下品な意味ではなく!
一同 : (笑)。

――じゃあ演奏陣の3人が2人のどこに魅力を感じているのかをお訊きしたいんですけれども、田中さんいかがですか?

田中 : そもそも僕は、若い娘さんと一緒にやることがないので… もう可愛くてしょうがないですね!!
一同 : (爆笑)。
有井 : あははは。嬉しいです~、もう! ありがとうございます。
田中 : リハも楽しくてしょうがないですよ。ライヴも。ヒゲのおっさんとかと普段やってるんですから、そりゃ楽しいですよ(笑)!
西浦 : ハハハ! それ問題発言ですよ!!!
有井・亀高 : (笑)。

――(笑)。この二人ならではのよさっていうのはどこにあるんでしょうか?

田中 : 仲がいいってのは良いことですね。小学校のときに仲良かった記憶を失ってまで、またこうなれるっていうのはね。エターナル・サンシャイン(2004年 / アメリカ映画 / 記憶を失った男女の物語)みたいないい話ですよ! また記憶を失うんでしょうけど(笑)。なにがあっても仲のいい2人なんですよ。素晴らしいです。

――田渕さんはいかがですか?

田渕 : CDを頂いてジャケットを見たんですけど、写真の100倍可愛くてワォ! って感じでした(笑)。リハとかも2人で同一の空気が流れてて、それがすごく可愛いくて。歌ってるときのフリもすっごい可愛くて。やっちゃいけない部類の人もいると思うんですよ(笑)。
一同 : (爆笑)。
田渕 : でも本当にピッタリでよくできてるなぁと思って。もっと私のプレイに余裕があればガン見したいんですけど(笑)。
有井・亀高 : 本当にありがとうございます!
田渕 : リハとかも楽しいですよ。2人がキャッキャッキャッ♪ ってやってるのを、 んふっふっふっ♪ って見てるんです。おっさんみたいですけど。
一同 : (爆笑)。
西浦 : 僕も若いむすめさんと触れ合うことがないので(笑)。最初はドギマギしちゃったんですけど、2人はいい意味でピュアなので、こんな娘が欲しいと心から思いました。本当心が洗われると言いますか、なんて俺は淀んだ池で生きてきたのかと思い知らされるんです(笑)。

東京ドームを目指しています(笑)!

――3人とも親戚の大人みたいですね(笑)。2人はステージに立ってみて、人気者になりたいとか、もっと大きいところでやりたいとかそういう欲はありますか?

有井 : あまりそういう欲はないですね。ただ、2人でたくさんライヴとかやっていきたいとは思います。そういう機会をちゃんとひとつひとつしっかりこなしていきたいと思います。
西浦 : これ台本とかないですよね? 答えが完ぺきすぎる(笑)。
田中・田渕 : 素晴らしい。

――では2人がタルトタタンをやる上で一番モチベーションになってることってなんなのでしょう?

有井 : 歌が好き! っていうのが一番です。
亀高 : タルトタタンの雰囲気が、自分たちの空気感にあっていて、歌っていて本当に幸せです。自分自身も有井と似た空気感を感じているので、空気を大事にしたいです。

――タルトタタンはどういうところを目指しているんでしょう?

エミシオンエンタテインメント : 東京ドームでしょ(笑)?
有井・亀高 : 東京ドームを目指しています(笑)! その第一歩を今日踏み出しました!

――目標が大きくていいですね! そのときはこのメンバーで出演してほしいです。

西浦 : あぁ、もう是非呼んでいただければ!
田中 : とか言って、全然違う人呼んだりとかね~!
有井・亀高 : (笑)。
西浦 : うわ~、それ絶対いやだな~! 全然違うメンバーで「この5人でやるのが夢でした!」とか言われたら最悪だよね(笑)。

――あははは。お2人はこの先どういうシンガーになりたいと思いますか?

亀高 : 私たちがイメージしているのはPerfumeさんやPUFFYさんのような感じだけど、そこにはないタルトタタンっぽさが出せればいいなと思っています。
有井 : それはよく2人で話しています。今日はお客さんがすごく暖かくて、即興で振付とかも踊ってくれて、それがすごく嬉しかったです!

――じゃあ最後に、東京ドームより近い未来の目標を教えてください。

亀高 : 今日、初ライヴを終えて全力を出し切ったんですけど、課題もたくさんみつかったのでそれを踏まえて一歩ずつ前進して行ければと思います!
有井 : 初ライヴでガチガチに緊張しちゃったんですけど、こういう経験をさせていただけるってことは本当にありがたくて幸せなことなので、私たちにできることは全て全力でやっていきたいと思います!

RECOMMEND

DJみそしるとMCごはん / Mother's Food

ちょーやばい。なんでしょう、この丁度いい塩梅。割と“まんま”使いのトラックは主張し過ぎないけどツボを外さない。字余り字足らず上等のリリックは、リズムの揺れも含めて、クセになるようなグルーヴ生み出しまくり。フロウだのライムだのっていうヒップホップめいた要素も、まとめて絞ってハイOKてな具合。

DJみそしるとMCごはんの特集はこちら

パスピエ / わたし開花したわ

2009年、東京藝大出身の成田ハネダを中心に結成され、全くの無名、姿形も不明。しかしながら、卓越した音楽理論とテクニック、独自のポップ・センスやアートワークが話題を呼んだパスピエ。デビュー・アルバムである本作は、ノン・プロモーションにも関わらず、異例のロング・セラーを続ける名盤。タルトタタンにも通じる絶妙なバランス感覚をお楽しみ下さい。

宇宙人 / お部屋でミステリーサークル

高知より突如現れた、正体不明の4人組、1stフル・アルバム。ミドリやあふりらんぽを輩出した関西の老舗インディーレーベル「GYUNNE CASETTE」から発売された本作では、独自の言語感と一筋縄ではいかないポップ・サウンドが融合した、唯一無二の宇宙人ワールドが展開されている。今年メジャー・デビューを果たし、活動の幅を広げていくであろう彼ら。未知との遭遇は、そう遠くはない。

宇宙人特集はこちら

LIVE SCHEDULE

Panasonic presents MINAMI WHEEL 2012
2012年10月12日(金)13日(土)14(日)@大阪・ミナミエリア ライヴ・ハウス

PROFILE

2012年6月にアゼル&バイジャン(西浦謙助/真部脩一)プロデュースでデビューした「Twitter/Facebook 時代のシンデレラガール」! デビュー前にゲリラ的にヴィレッジ・バンガードで発売されたシングル「しょうがないマイラブ」、7inchアナログ盤とも即完売。その後巨匠青山真治監督とのphoto dvd book(河出書房新社)が発売された。西浦謙助 / 田中貴 / 田渕ひさ子 / ナガイケジョー / 大村達身らのサポートで行われているバンド編成で行われるライヴも話題沸騰中。

>>Emission Entertainment official web

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事